映画board

やっぱり最高!90年代のサスペンス映画おすすめ7選

90年代洋画サスペンスの原点にして到達点。

羊たちの沈黙

羊たちの沈黙

羊たちの沈黙

SCORE

集計中...

原題:The Silence of the Lambs
1991年6月14日より公開
1991年/アメリカ/119分

more

女性ばかりを狙った猟奇殺人が発生。FBI訓練生のクラリスは、犯人逮捕につながる助言を得るため、精神病院に収監されている異常犯罪者レクターに面会を求める。犯罪者の心理に分け入っていくレクターとクラリスはやがて奇妙な信頼関係で結ばれていく。しかし犯人逮捕目前、レクターのある思惑が明らかとなる……。

90年代の幕開けとともに登場した『羊たちの沈黙』は、犯罪映画の歴史に新たな1ページを刻むこととなりました。

当時、まだフィクションでは珍しかった「プロファイリング」を異常犯罪の捜査手法として登場させた点は新鮮で、後に日本の映画やドラマにも影響を与えました。

スラッシャー映画のようなショック描写に頼らない、心理的恐怖を感じさせる作風は多くの人から支持され、不安感を煽る音楽と錯覚を引き起こす編集も見事で、アカデミー賞作品賞にも輝きました。

今もなお多くの作品に影響を与え続ける、サイコサスペンスの金字塔です。

「衝撃のラスト!」の代名詞

セブン

セブン

セブン

SCORE

集計中...

原題:Se7en
1996年1月27日より公開
1995年/アメリカ/126分

more

大都会で起きた猟奇殺人を追う、若き刑事と定年間近の刑事。二人は事件が「七つの大罪」をモチーフにしていると気づき、犯人の手がかりを得る。やがて二人の前に現れる犯人「ジョン・ドゥ」。果たして犯人の真の目的とは……?

ラスト10分の衝撃ばかりが取りざたされますが、そこに至るまでの不気味な描写の積み重ねとダークな雰囲気あっての作品だとも思いますね。
陰鬱さや閉塞感といった作品の雰囲気と90年代の「世も末」的な厭世観が生み出す独特の暗さが、本作のラストをより後味の悪いものにしていると言えるでしょう。

本作で世界的大スターとなったブラッド・ピットと、名優モーガン・フリーマンの子弟のような親子のような関係性も面白い。
監督は『ファイト・クラブ』『ドラゴンタトゥーの女』などクライムサスペンスに定評のあるデヴィッド・フィンチャー。

絶対二回観たくなる!絵にかいたようなどんでん返し

ユージュアル・サスペクツ

ユージュアル・サスペクツ

ユージュアル・サスペクツ

SCORE

集計中...

原題:The Usual Suspects
1996年4月13日より公開
1995年/アメリカ/105分

more

多くの犠牲者を出した組織的強奪事件が発生し、捜査官が唯一無傷で生き残った小悪党に尋問する。彼の話から黒幕に伝説のギャング「カイザー・ソゼ」が関わっていることがわかり、その正体を突き止めようとするが……。

まんまと騙されました(笑)。
まだご覧になっていない方は変に勘繰ったりせずに、ネタバレを踏む前に観てください!

子育てがもっと楽しくなる場所、小学館の幼児教室「ドラキッズ」が秋の入会キャンペーンを実施中 (PR)
次のページ : 手に汗握る逃走劇!90年代らしいサスペンス・アクション

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  1枚

Writer info

ナオミント

ただの映画好き三十路主婦。2児の母。好きなジャンルはホラーコメディ、ダークファン...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

ナツキ

2020/09/16 17:59

最高の組み合わせ

5

「糸」

かにこ

2020/09/13 19:56

心臓バクバク

3

「カウントダウン」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/9/14 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ ランキング 最強のふたり ホラー 洋画 コメディ ジョーカー(2019) インターステラー セクシー 編集部選(おすすめ映画特集)

Pick Upピックアップ