映画board

今のうちに観ておきたい!1960年代の超名作映画5選!

猿の惑星

Taken prisoner, Charlton Heston is among other protagonists in 'The Planet of the Apes', renowned science fiction movie about a civilization built up by monkeys, dominating the Earth and the whole humanity. (USA, 1968). (Photo by Mondadori via Getty Images)

近年もこの作品の前日譚的な映画が公開されていますが、そのオリジナルがこちらの作品で、日本では1968年に公開されました。ベン・ハーなどで知られるチャールトン・ヘストン主演のこちらの映画は、衝撃的な作品であることは、今、現代に観ても衰えることはありません。

もし、ご覧になったことがないのであれば、絶対に観ておいた方が良いとおすすめできる作品です。

この作品は、「当時でこのクオリティ?」とびっくりするぐらいの特殊メイクのレベルの高さには、本当に驚きます。 衝撃的なストーリーで最後のシーンに衝撃を覚えない人はいないのではないかと思えるくらいです。

私も久々に観たのですが、風刺が存分に盛り込まれていると感じる作品でした。人間が動物にしていることを猿に支配されている人間が逆にされている描写には、いろんなことを考えさせられます。

動物を捉えて、檻の中に入れて外から観察したりということをしている人間が、逆の立場になるという描写だけでも衝撃的なのですが、普段、人間がそういうことをしているんだというのを突きつけられた作品でもあると思います。

超名作SF映画でもありますので、未鑑賞の人は、是非、ご覧になってください。これを機に全シリーズコンプリートしても良いくらい、素晴らしい作品ですよ。

007 ドクター・ノオ

007シリーズの第1作目のこちらの作品は、1963年に日本で公開されました。今年、25作目が公開される予定の大人気シリーズの第1作目も60年代に公開されているのです。

主演は、もちろん、007と言えばこの人「ショーン・コネリー」歴代最高のボンドと言われ、今だにその人気は衰えていません。

本作品が大ヒットをしたので、007シリーズが続いていき今現在でも続いているというのには、本当に頭が下がります。50年以上続いているシリーズは、私の知る限りこの007シリーズしかありませんし、私も大好きなシリーズです。

この60年代に本作ドクター・ノオからスタートして計6作品が公開されているというすごいペース。1作品だけ違う俳優が007を演じましたが、他は全部ショーン・コネリーが007を演じています。

007シリーズは、本作品を観ていないと語れないとは言いたくありませんが、本作品があったからこその007シリーズ。ショーン・コネリーや製作会社などの全ての関係者に感謝です。

未鑑賞の方は、是非、ご覧になってください。

サンタさんに手紙が届く『サンタポスト』をトイザらス全店に設置!(PR)
次のページ : 2001年宇宙の旅

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  3枚

Writer info

Maverick

小さい頃から洋画に親しんできて、ホラー映画以外の洋画と海外ドラマが主で、知人の映...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/11/30 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 アン・ハサウェイ ホラー おすすめ映画まとめ ミステリー・サスペンス カメラを止めるな! バイオハザード スパイ・ゲーム(2001) ヴァージン・スーサイズ コットンクラブ

Pick Upピックアップ