映画board

『半沢直樹』ではもはやネタ化?名優・香川照之のおすすめ映画5選!

鬼が来た!

鬼が来た!

鬼が来た!

2000年/中国/140分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
第2次大戦末期、中国・華北の掛甲台村。ある深夜、マー・ターサン(チアン・ウェン)は麻袋を2つ押しつけられる。1つには日本兵の花屋小三郎(香川照之)が、もう1つには通訳の中国人、トン・ハンチェン(ユエン・ティン)が入れられていた。マーは彼らを晦日まで預かるように何者かに脅されたのだが、約束の時を過ぎてもその人物は姿を見せない。この村に日本兵を置くのは危険だったが、もはや2人を預かってから半年たち、当初は攻撃的だった花屋も村人たちに感謝を示すようになっていた。そこで、花屋は自分たちを助けてくれたお礼に穀物を進呈するよう日本軍にかけあうと提案。花屋の上官、酒塚隊長(澤田謙也)は、花屋を激しく叱責するものの、村人たちには要求以上の穀物を進呈。その夜、村人全員と日本兵たちが集まって宴会が開かれた。大いに沸く人々。しかし突然、酒塚が村人に花屋の殺害を命じる。緊張が走る中、酔った村人の1人が酒塚に気安い口調で話し掛け、その姿に激怒した花屋は衝動的にその村人を殺害してしまう。それをきっかけに宴会は、一気に殺し合いの大混乱。やがて終戦。通訳トン・ハンチェンは処刑。そしてマーは、恨みから日本兵をオノで多数殺害したことを問題視され、花屋の手で斬首刑に処されるのだった。

出典元:https://eiga-board.com/movies/32745

チアン・ウェンが監督・主演を務めたモノクロ戦争映画。

中国大陸での日本軍にまつわる話でタイトルが『鬼が来た!』なのでどれほど反日的な内容なのかとちょっと身構えてしまうが、どちらかというと戦争という狂気の中で国も民族も関係なくみんなの心によからぬものが現れたという物語になっている。

香川照之はメインキャラの一人の日本兵・花屋を演じており、ひげ面でやせ細り目だけがらんらんとしている状態の顔のすさまじさは忘れがたい。

前半のコメディタッチな場面の数々でも顔で笑いをとっているが、後半は彼の顔の強さが話を引っ張り、最後には大惨劇になだれ込んでいく。彼のオーバーアクトが最もハマった作品かもしれない。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BZDAyYTM4YzgtYTQ3Ny00MzMwLWJlYTEtNGQ2ZWIwYmQ5MGI2XkEyXkFqcGdeQXVyNDMwNDYzMDc@._V1_.jpg

【ページをめくる手が止まらない】おすすめ小説33選(2021年版)
次のページ : ゆれる

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  6枚

Writer info

whitestonetaichi

映画大好き会社員。副業でいくつか媒体に記事書いてます。 2018年ベストはアンダーザ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

甲斐琴乃

2021/12/05 06:39

懐かしい

3

「超少女REIKO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2022/1/17 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ アクション ドラマ ミステリー・サスペンス イラスト ホラー かわいい ラブロマンス

Pick Upピックアップ