映画board

あの感動が蘇る!『海の上のピアニスト』イタリア完全版に加わった魅力とは?

1998年に公開されて以降、名作として語り継がれている『海の上のピアニスト』。

監督のジュゼッペ・トルナトーレと作曲のエンニオ・モリコーネの名コンビでも知られる本作は、両者の鮮やかな“仕事っぷり”が堪能できる作品です。

イタリアの名匠として知られる監督にとって、本作は初の英語作品。
作中の舞台となる豪華客船は、実際の貨物船を改造した、壮大な撮影現場となりました。

残念ながら2020年7月に亡くなったエンニオ・モリコーネは、本作の脚本よりも先に劇中の音楽を完成させたことでも知られています。

およそ20年ぶりに蘇った本作は、当時リアルタイムで見た人にとって、あの頃の感動が蘇ること必至。
そうでない人にとっても、幸せの価値観を問う本作は、多くの人に深く刺さります。

『海の上のピアニスト』あらすじ

大西洋をめぐる豪華客船の中で生後間もない赤ん坊が見つかり、生まれた年の1900年にちなんで「ナインティーン・ハンドレッド」と名付けられる。船内で育った彼は、やがて船内のダンスホールでピアノを演奏するようになり、即興で曲を次々と作り出していく。そんなある日、ナインティーン・ハンドレッドは船内で出会った美しい少女に心を奪われるが……。

出典元:https://eiga.com/movie/93223/

日本初公開となる「イタリア完全版」とは?

(C)1998 MEDUSA

日本で1999年に公開された『海の家のピアニスト』は、イタリアで公開された作品を120分に編集したものです。
日本に限らず、オリジナルとなる完全版が上映したのは本国イタリアだけ。
完全版の上映時間は170分にもおよび、タイトルやクレジットがイタリア語になっているなど様々な点が異なります。

【時間を作ってでも読みたくなる!】おすすめ漫画45選(2021年版)
次のページ : ティム・ロス演じるナインティーン・ハンドレッド(1900)の魅力

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  7枚

Writer info

ヤマダ マイ

映画をメインにライター活動をしています。記事を読んで映画に興味を持ってもらえたら...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/7/19 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ ドラマ アクション かわいい ミステリー・サスペンス ゴジラ キング・オブ・モンスターズ スパイダーマン:ホームカミング マーベル

Pick Upピックアップ