映画board

【運命の糸が織りなす布がかばう傷とは】中島みゆきの名曲「糸」を菅田将暉と小松菜奈W主演で映画化

 

『糸』

 

© 2020映画『糸』製作委員会

2020年8月21日(金)、全国東宝系にて公開
© 2020映画『糸』製作委員会
出演:菅田将暉 小松菜奈
   山本美月 高杉真宙 馬場ふみか / 倍賞美津子 /
   永島敏行 竹原ピストル・二階堂ふみ(友情出演)
   松重 豊・田中美佐子 山口紗弥加 / 成田 凌
   斎藤 工 榮倉奈々
原案・企画プロデュース:平野 隆
脚本:林民夫
監督:瀬々敬久
音楽:亀田誠治
Inspired by 中島みゆき「糸」
 
 

 
 
概要:
長きに渡り人々の心を魅了してやまない、中島みゆきの名曲「糸」。
知人の結婚を祝して作ったというこの曲は、1998年にリリース。
糸を人に見立てて、男女の出逢いの奇跡と絆の大切さを歌い、ドラマや数多くのCMに起用されてきた。
これまでに、120組を超えるカバー・バージョンが発表されている。
この「糸」をモチーフに、平成元年に生まれた男女二人が、平成から令和を迎える31年間の中で、出逢い、別れ、そして平成の終わりに再びめぐり逢うまでの18年間を描く、壮大な愛の物語を映画にした。

平成元年生まれの高橋漣(菅田将暉)と園田葵(小松菜奈)。
北海道で育った二人は13歳の時に出会い、初めての恋をする。
そんな中、葵は養父からの虐待に耐えかねて、町から逃げ出す。
真相を知った漣は、必死の思いで葵を探し出し、駆け落ちを決行。
だが、幼い二人の逃避行は行く当てもなく、すぐに警察に保護されてしまい、葵は母親に連れられて北海道を去ることに。
遠く引き離された漣と葵。
8年後、地元のチーズ工房で働いていた漣は、友人の結婚式に訪れた東京で、葵との再会を果たす。
北海道で生きていくことを決意した漣と、世界中を飛び回って自分を試したい葵。
すでに二人は、それぞれ別の人生を歩み始めていた。
そして10年後、平成最後の年となる2019年に、運命によって、二人はもう一度めぐり逢うのだが…。
 
 

 
 

【ランキングboard】あなたが選ぶナンバーワンは?
次のページ : オリジナル…

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  16枚

Writer info

清水久美子 Kumiko Shimizu

メーカーOL、洋楽誌アシスタント、パソコン誌編集を経て、1996年にフリーライターに。...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/7/19 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ スパイダーマン:ホームカミング アクション ファンタジー ドラマ ゴジラ キング・オブ・モンスターズ マーベル ミステリー・サスペンス

Pick Upピックアップ