映画board

今のうちに観ておきたい!1970年代の超名作映画5選!

ポセイドン・アドベンチャー

日本では1973年に公開されているこちらの作品は、パニック映画の先駆けと言われている作品です。リメイクされたりもしているのですが、原点がこちらの作品ですので、是非ともおすすめしたい超名作映画の一つです。

タイタニックなどの映画の先駆けとも言われている作品は、タイタニックを観た方やファンからすれば物足りなさなどがあるのかもしれませんが、1972年にアメリカで公開されている作品ということを忘れないでください。

CGなどの現在の技術なく、特撮でこのクオリティーです。全くそんなことを気にする余裕すらないストーリー展開などは、上映時間が2時間弱というのを感じさせないほどです。

航海していた豪華客船が、大晦日にパーティを開いていたところに年明けとほぼ同時に海底地震の影響で発生した巨大津波に巻き込まれ、転覆してしまいます。1400名の乗員乗客の運命は・・・・。という内容なのですが、これは観ておいた方が良い超名作と言われている作品ですので、未鑑賞であれば、是非、ご覧ください。

今は新型コロナウイルス の影響で、夏とはいえども海に行くのも難しい状況かと思います。海の怖さを知るにはぴったりの作品かとも思いますし、観賞後は、知識がある人と正しい判断ができる人が生き延びる事ができるんだなと強く思った作品です。

間違いなく面白いので、是非、ご覧になってください。

フレンチ・コネクション

日本では1972年に公開されたこちらの作品は、鑑賞した事がない人でもタイトル名は知っているくらいの有名作品です。実際のところ、私も鑑賞した事がなかったのですが、タイトルは知っていました。

ジーン・ハックマンの数ある代表作の一つとして必ず挙げられるこちらの作品は、「メチャクチャ面白い!」と胸を張って言える作品です。ドキュメンタリータッチの映像は、嫌でも緊張感を漂わせているので、観ている方がハラハラ、ドキドキしてしまいますし、一緒に刑事の仕事をしているような感覚になります。

恐らく、この作品以降の刑事アクション映画などは何かしらで影響を受けていて、何かしらのシーンをオマージュとしているんだろうと思われるほど、鑑賞中は、「何かの映画で観た事があるシーンだ」と感じてしまいます。

ノンフィクション小説が原作の作品で、アカデミー賞の主演男優賞・作品賞・監督賞・脚色賞。編集賞の5部門を受賞したというのは、観ていて納得です。ジーン・ハックマンの演技は、まるで本当の刑事のようですし、当時の警察がどのようなものだったのかというのもノンフィクション小説を元にしているので、画面から読み取る事ができます。

本作品が未鑑賞であれば、是非、ご覧になってください。まだまだ、たくさん書きたい事があるのですがグッと堪えて割愛します。

是非、ご覧ください。

かわいいからあげる!発売50周年の「いちごみるく」がプレゼントキャンペーン開催(PR)
次のページ : ジョーズ

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  1枚

Writer info

Maverick

小さい頃から洋画に親しんできて、ホラー映画以外の洋画と海外ドラマが主で、知人の映...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

かにこ

2020/10/20 22:47

安堵した

3

「空に住む」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/10/19 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ 編集部選(おすすめ映画特集) 洋画 ミステリー・サスペンス インターステラー アクション オールド・ボーイ(2003) ランキング ジョーカー(2019) LION ライオン 25年目のただいま

Pick Upピックアップ