映画board

2020年以降に期待できそうな「おススメLGBTQ+映画4選」/パンセクシャルのキャラが主人公の映画ほか

ケイト・ウィンスレット主演の『Ammonite』

『愛を読むひと』(2008年)でアカデミー賞主演女優賞に輝いたケイト・ウィンスレットが主演する『Ammonite』は、1840年代のイギリスを舞台にした時代物の映画です。

主人公は病気の母親を支えるために、裕福な観光客に化石を売って細々と暮らしているマリー・アニング。そして、観光客の一人であるロデリック・マーチソンと出会ったマリーは、彼に妻シャーロットの付添いを頼まれます。

最初は激しくぶつかり合い、気が合わないかのように思えた二人の関係がやがて情熱的な恋愛へ発展し、マリーとシャーロットの人生を永遠に変えることになる…というストーリー。

ベテラン&若手演技派の共演に期待!

LYME REGIS, ENGLAND - MARCH 13: Kate Winslet and Saoirse Ronan on the set of new period drama 'Ammonite' on March 13, 2019 in Lyme Regis, England. (Photo by GC Images/GC Images)

ケイトがマリー役を演じ、シャーロット役にキャスティングされているのは、これまでに『レディ・バード』をはじめ4回もオスカーにノミネートされたシアーシャ・ローナン。

時にハリウッドでは、同性愛者ではない俳優がLBGTQ+キャラクターを演じるとバッシングの対象になることがありますが、それでは逆にLBGTQ+の俳優がストレートの役を演じられなくなる状況に追い込まれ、作品に出演する機会が大幅に減ってしまうのではないかと思います。

LGBTQ+のキャラクターには、LGBTQ+の役者を中心にキャスティングすることは非常に大切ですが、やはりハリウッドは実力の世界。

ケイト&シアーシャというベテラン&若手の演技派が、LGBTQ+役でどんな素晴らしい演技を見せてくれるのか楽しみです! 『Ammonite』は、2021年3月31日にアメリカで公開予定。

子どもにおすすめの海外映画212選!楽しみながら親子で見識を広げるために観たい人必見!【2020年版】
次のページ : パンセクシャルのキャラクターが主人公のラブコメ映画!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  2枚

Writer info

Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳ライター。 小学生の時から洋画&洋...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

かにこ

2020/10/20 22:47

安堵した

3

「空に住む」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/10/19 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ 編集部選(おすすめ映画特集) 洋画 ミステリー・サスペンス インターステラー アクション オールド・ボーイ(2003) ランキング ジョーカー(2019) LION ライオン 25年目のただいま

Pick Upピックアップ