映画board

Birthday!

樋口真嗣

【ハリウッド発!】超ド級スケールの大ヒットシリーズ3選

■「パシフィック・リム」シリーズ 

(C)2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

『パシフィック・リム』(2013)

太平洋グアム沖の深海から突如巨大な怪物「アックスヘッド」が出現し、サンフランシスコ湾を襲撃。人類この怪物を「KAIJU」と呼び、人型巨大兵器「イェーガー」を開発して撃退に乗り出す。しかし「KAIJU」との闘いは激戦となり10年が経過。兄を亡くしたイェーガーのパイロット、ローリー(チャーリー・ハナム)は再び立ち上がるのだった。

謎の巨大生物とパイロット2人1組で操縦する人型巨大ロボットとの壮絶な激闘を描くSF怪獣映画。監督は『パンズ・ラビリンス』(2006)のギレルモ・デル・トロが担当し、VFX技術を駆使して圧倒的スケールを誇る映像表現を作り出した。「パシフィック・リム」は環太平洋地域のことを指しており、劇中ではその地域の国々が協力して人型巨大兵器「イェーガー」を開発している。本作はデル・トロ監督が敬愛する「ゴジラ」シリーズなどの多くの怪獣映画へのオマージュが込められており、本多猪四郎監督へ捧げられている。日本からは菊地凛子が出演し、菊地演じる「イェーガー」研究者の幼少期を演じた芦田愛菜は本作でハリウッドデビューを果たした。

『パシフィック・リム アップライジング』(2018)

類を滅亡の危機に追い込んだ「KAIJU」との激闘が終結し、平和を取り戻した地球。しかし「KAIJU」はさらに進化を遂げ、再び人類の前に現れる。戦死した司令官の息子であるジェイク(ジョン・ボイエガ)たち若きパイロットたちが「イェーガー」に乗り込み、「KAIJU」に立ち向かうのだが……。

巨大生物「KAIJU」と人型巨大ロボット「イェーガー」との激闘を最新のVFX技術で描くSF怪獣映画「パシフィック・リム」シリーズ第2弾となる本作。前作から10年後の平和を取り戻した地球が舞台となる。監督は『シェイプ・オブ・ウォーター』(2017)の製作を優先したギレルム・デル・トロ監督の降板を受け、テレビシリーズ「デアデビル」などで知られるスティーヴン・S・デナイトが担当。前作に引き続き菊地凛乎が続投した他、日本人の訓練生として新田真剣佑が出演している。

ハロウィンに子どもと見たい!怖くないアニメ映画のおすすめ10選
次のページ : 巨大迷路のその先へ

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

高桑 ムツ子

2020/08/05 02:23

パシフィックリムは良く見ていました。

0いいね

違反申告


この記事の画像  4枚

Writer info

バンビーノ

プロデュース業、時々映画ライター。BANGER!!!、リアルサウンド映画部、FILMAGA、他メ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

ナツキ

2020/09/16 17:59

最高の組み合わせ

5

「糸」

かにこ

2020/09/13 19:56

心臓バクバク

3

「カウントダウン」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/9/14 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ ランキング 洋画 インセプション アベンジャーズ/エンドゲーム インターステラー ダークナイト 最強のふたり 編集部選(おすすめ映画特集) ジャンゴ 繋がれざる者

Pick Upピックアップ