映画board

大人顔負け!子役の演技が光る良作映画3選

その1:『gifted/ギフテッド』

gifted/ギフテッド

gifted/ギフテッド

SCORE

集計中...

原題:GIFTED
2017年11月23日より公開
2017年/アメリカ/101分

more

~あらすじ~

7歳になるメアリー・アドラーは、生まれつき数学の才能がずば抜けており、学校側からギフテッド(才能を持つ児童)の英才教育を受けるよう通達される。しかしメアリ―を育てている叔父のフランクは、彼女を普通の子どもとして育てていく頑なな思いがあった。

(C)2017 Twentieth Century Fox

しかし、祖母のイヴリンは自身の娘でありメアリ―の母親でもあるダイアンが数学研究の志半ばにして自ら命を絶ってしまった過去もあり、彼女をギフテッドとして育てるようフランクに言い寄る。

フランクとイヴリンの間でやがて、メアリーの親権を争う裁判が始まり、事態は泥沼に。争い合う大人たちの間で、メアリーの人生は果たしてどうなっていくのか――。

幼い数学の天才を演じるのは、子役のマッケナ・グレイス

~キャリア~

2013年、テレビドラマ『Joe, Joe & Jane』のパイロット版で子役として女優デビュー。その後ディズニーXDのシリーズ『Crash & Bernstein』に出演し、、テレビドラマ『ザ・ヤング・アンド・ザ・レストレス』では2013年から2015年にかけてリカーリングのフェイス・ニューマンを演じた。

2017年、『gifted/ギフテッド』ではクリス・エヴァンスとともに主役を演じ、『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』では幼少期のトーニャ・ハーディングを演じた。

出典元:Wikipediaより引用

LOS ANGELES, CA - JUNE 15: Actress McKenna Grace arrives at the 2013 Los Angeles Film Festival Premiere of Hasbro Studios' "My Little Pony Equestria Girls" at Regal Cinemas L.A. Live on June 15, 2013 in Los Angeles, California. (Photo by Angela Weiss/Getty Images)

生まれつき才能を持っている子ども、という難しい役をなんなく演じてみせたマッケナは、劇中で大人びた表情が目を引く。同年代の子どもに比べて精神が成熟しているさまを見事に演じきっているといえよう。

(C)2017 Twentieth Century Fox

また、劇中では難解な数学問題をすらすらと黒板に書きながら解いていくシーンも。肝の据わった堂々とした演技は、まさに大人顔負けだ。(ちなみに上述の通り、叔父のフランクはアベンジャーズシリーズでもおなじみのクリス・エヴァンスが演じている)。

難しい顔をしたと思えば次の瞬間には子どもらしい笑顔を見せたりなど、表情の多彩さも魅力的だ。

(C)2017 Twentieth Century Fox

また、マッケナは本作で放送映画批評家協会賞の若手俳優賞にノミネートされている。

子どもと一緒に観たい!NETFLIX ネットフリックスでおすすめの面白い映画 ランキング TOP20
次のページ : その2へ続く

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  11枚

Writer info

安藤エヌ

日芸卒のフリーライター。 映画、音楽、マンガなど様々な分野で記事を執筆。 主な寄...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/8/3 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション おすすめ映画まとめ 洋画 最強のふたり ランキング セクシー 編集部選(おすすめ映画特集) パラサイト 半地下の家族 ジョーカー(2019) ボヘミアン・ラプソディ

Pick Upピックアップ