映画board

Birthday!

川畑要

ジョーンズ博士vsマクレーン刑事、生涯現役アクションおじさん俳優たちの奮闘シリーズ

■冒険映画の金字塔!

(C)2008 Lucasfilm Ltd.. All Rights Reserved. Used under authorization.

『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981)

著名な考古学者にして冒険家でもあるインディアナ・ジョーンズ(ハリソン・フォード)は、普段は大学で教鞭を執っているが、発掘依頼などを受けるとすぐに教室を飛び出してしまう。ナチス・ドイツによるユダヤの秘宝発掘の情報を得たインディは恩師の手記を手がかりにネパールへ向かうのだった。

当時すでに『ジョーズ』(1975)や『未知との遭遇』(1977)などの名作を生み出していた巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督が、人気実力派俳優ハリソン・フォードを主演に迎えて撮り上げたおなじみのアドベンチャー・シリーズ第1弾。原案はスピルバーグ監督とこちらも映画史に残る大ヒットシリーズである「スター・ウォーズ」シリーズのジョージ・ルーカス監督が担当。ルーカス監督はシリーズを通して製作総指揮に名を連ねている。また『未知との遭遇』に続きジョン・ウィリアムズが音楽を担当し、誰もが一度は聞いたことのある印象的なテーマ曲を生み出した。

『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』(1984)

ギャングたちの策略によって歌手のウィリー(ケイト・キャプショー)と案内役の少年ショート(キー・ホイ・クァン)とともにインドの山奥に降り立った考古学者のインディ(ハリソン・フォード)。彼らは伝説の秘宝を巡って、奥地にある謎の秘境集団の神殿に潜入するが……。

ジョン・ウィリアムズによるメインテーマが冒険の始まりを告げる大人気「インディ・ジョーンズ」シリーズ第2弾となる本作。物語は前作の1年前に設定されており、暴走するトロッコの場面など、よりスリリング描写が増えている。第57回アカデミー賞では視覚効果賞を受賞した。

『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』(1989)

考古学者のインディ(ハリソン・フォード)のもとに大富豪ドノバン(ジュリアン・グローヴァー)からイエス・キリストの聖杯の行方を追ってほしいという依頼を受ける。インディは、探索中だった父ヘンリー(ショーン・コネリー)を追って、ベニスへ向かうのだった。

巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督が名優ハリソン・フォードを主演に描く大ヒット冒険アドベンチャー「インディ・ジョーンズ」シリーズ第3弾となる本作では、イエス・キリストの聖杯探索の大冒険に出た同じく考古学者の父ヘンリーが登場し、インディの青年時代など、その過去が明かされる。第62回アカデミー賞では音響効果賞を受賞した。

【2020年以降】実写化が予定されているディズニー映画20作品
次のページ : 息子の登場

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  6枚

Writer info

バンビーノ(加賀谷健)

プロデュース業、時々映画ライター。BANGER!!!、リアルサウンド映画部、FILMAGA、他メ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

かいちゅん

2021/01/25 13:20

天外者

5

「天外者(てんがらもん)」

ドリーム

2021/01/19 16:03

天外者

5

「天外者(てんがらもん)」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/1/25 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 きれい ミステリー・サスペンス かっこいい おすすめ映画まとめ ホラー ラブロマンス ファッション マーベル あの人は今

Pick Upピックアップ