映画board

Birthday!

佐藤ありさ

【映画の波打ち際16】二階堂ふみ&長谷川博己W主演映画『この国の空』 荒井晴彦的野心に考える

■荒井晴彦の野心

(C)2015「この国の空」製作委員会

思い返せば、試写会終了後、外で青山監督と煙草をふかす荒井監督に「反戦映画」について伺っていた。曰く、「反戦映画はやりたくない。いつも思うのは、そのたぐいの映画って誰に責任があるのって思っちゃう。で、いつも感動の悲劇みたいになってしまう。だから、そういう事はやりたくなかった」と。「戦争責任」に触れながら、終戦後から現在までの「天皇問題」について語りには今だからこそより意義深さを感じてしまう。

『この国の空』は、「8月15日」を描く事なく終わる。「反戦」の象徴とも言える 「玉音放送」はやりたくなかったと言う荒井監督は、映画のラストに終戦前夜、夜雨に顔を濡らす里子のクロース・アップを選ぶ。それもただのクロース・アップではない。 フランソワ・トリュフォー監督の『大人は判ってくれない』(1959)と見まがうほどのストップ・モーションへのゆるやかなズーム・アップなのだ。被写体に最後まで粘り強く向き合い続ける事。多くの演出家が戦争映画を作る時にその事を忘れてしまい、ついつい政治的イデオロギーに走ってしまう中で、「映画だなという素晴らしい雨。雨を降らしたなという美しい雨」と青山監督が指摘するように「映画的なまなましさ」を露呈させる「映画作家」としての荒井晴彦の野心と強い意志を映画館で感じ取ることが出来る。そのことがどれほど大切なことか、その感動を声高に語らなければならない。

平成・令和ウルトラマン 歴代主演イケメン俳優 人気ランキングTOP10
次のページ : 再び、危機の時代を迎えて……

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  3枚

Writer info

バンビーノ

プロデュース業、時々映画ライター。BANGER!!!、リアルサウンド映画部、FILMAGA、他メ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

ナツキ

2020/09/16 17:59

最高の組み合わせ

5

「糸」

かにこ

2020/09/13 19:56

心臓バクバク

3

「カウントダウン」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/9/14 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ ランキング 最強のふたり ホラー 洋画 コメディ ジョーカー(2019) インターステラー セクシー 編集部選(おすすめ映画特集)

Pick Upピックアップ