映画board

Birthday!

シュイ・チン

京都アニメーションによる株玉の人間ドラマ!映画『聲の形』を地上波放送前に予習しよう

『聲の形』はマンガが原作。どんなストーリー?

映画『聲の形』は、大今良時さんによる同名マンガを原作としています。最初の作品が『別冊少年マガジン』で、リメイクされた作品が『週刊少年マガジン』にて掲載されました。ジャンルとしては少年マンガ、ということになりますね。

主人公は高校生の石田将也。小学6年生の時、聴覚の障がいをもった西宮硝子という女の子に対し将也は彼女の耳の不自由をからかい、執拗にいじめるようになります。
しかし自分がいじめの中心人物となったことで、周囲から反感を買い、逆にクラスメートからいじめのターゲットにされ、次第に孤立していくように。

(C) 大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

硝子をいじめていたことを恥じた将也は、誰とも打ち解けられないまま深い孤独を持て余し高校生へと成長します。
そんな将也と硝子が、ふたたびの再会を果たし、そこから動き始めるふたりの関係性と、周囲の人物たちとの人間ドラマを描いた本作。
2015年版『このマンガがすごい!』オトコ編で第1位、『マンガ大賞2015』で第3位を獲得するなど、名だたる賞に輝いた名作です。

映画の魅力その1:豪華声優陣の迫真の演技に鳥肌!

映画『聲の形』では、主人公の将也(高校時代)を声優の入野自由さんが、西宮硝子を早見沙織さんがそれぞれ演じています。入野自由さんは少年時代、スタジオジブリ作品である『千と千尋の神隠し』でハクを演じていたことでも有名な声優さんです。

他にも硝子の妹である結弦を悠木碧さんが、将也の親友である永束友宏を小野賢章さんが演じているなど、豪華声優陣がキャラクターに命を吹き込んでいます。

(C) 大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

悠木碧さん演じる西宮結弦

(C) 大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

小野賢章さん演じる永束友宏

なんといっても、声優陣の迫真の演技がこの映画の魅力のひとつ。複雑な思いを抱えながら、それでも硝子へ思いの丈を伝えようとする将也の声からは、そのひとつひとつに細かな葛藤が見え隠れしています。

また、耳の聞こえない女の子、という難役に挑んだ早見さんの演技も見事としかいえないほどの完璧さ。
「実際に耳の聞こえない方と2~3時間お話しする機会もいただいた」という早見さんの演技からはリアリティを感じ、ハンデを抱えながらも強く優しく生きようとする硝子の性格も相まって、演技の細部に神が宿るとはこういうことだ、と胸を打たれます。

(C) 大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

声優さんの演技による表現の力を目の当たりにすることができるのが、この『聲の形』という作品であると私は思います。

次ページにもまだまだ魅力を紹介していきます。放映前にチェックしておくと、楽しみが倍増しますよ!

週間人気記事ランキング (映画board)
次のページ : 日本屈指のクリエイター集団、京都アニメーションがつくりだす繊細な表現

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  9枚

Writer info

安藤エヌ

日芸卒のフリーライター。 映画、音楽、マンガなど様々な分野で記事を執筆。

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

甲斐琴乃

2021/12/05 06:39

懐かしい

3

「超少女REIKO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2022/1/17 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ アクション ドラマ ミステリー・サスペンス イラスト ホラー かわいい ラブロマンス

Pick Upピックアップ