映画board

『ステップ』公開直前!山田孝之出演おすすめ映画5選!

手紙

手紙(2006)

手紙(2006)

2006年/日本/121分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
川崎の工場で働く武島直貴(山田孝之)は周りの人々と距離を置いて生活していた。兄の剛志(玉山鉄ニ)が直貴を大学にやるための学費欲しさに盗みに入った家で誤って人を殺してしまい、千葉の刑務所に服役中だからだ。兄と弟は手紙によって連絡を取り合っていた。一方直貴は子供時代からの親友・祐輔とお笑いコンビ“テラタケ”を組み、プロを目指している。そんな直貴に惹かれた食堂の配膳係・由美子(沢尻エリカ)は何かと彼の世話を焼こうとした。やがて“テラタケ”はブレイクし、直貴は大企業の専務令嬢・朝美と恋に落ちた。しかし、インターネットの書き込みから直貴が殺人者の弟だという噂が広まってしまう。兄のことで散々差別を受けてきた直貴は“テラタケ”を一方的にコンビ解消し、朝美と結婚しようとした。しかし朝美の親にも事実が発覚し、別れざるを得なくなる。更には勤め始めた電気店でもそれが理由で左遷されてしまう。直貴は兄を恨み、手紙の返事も出さなくなった。そんな直貴を現実に向き合わせ、勇気づけたのが、由美子だった。実は由美子は剛志への手紙を直貴のフリをして書き続けていたのだ。直貴は由美子が自分にとって大切な存在であることを強く意識する。数年が経ち、結婚した直貴と由美子の間には一人娘が生まれていた。平穏な生活。しかしここにも差別の波が押し寄せてくる。

出典元:https://eiga-board.com/movies/37622

東野圭吾の同名小説を映画化した感動作。いまだに東野圭吾原作映画の最高傑作と名高い。


丁寧で誠実な演出の積み重ねで、身内が犯罪を犯してしまった人間の苦悩やさらされる差別とその中でも確かにある愛を描いている。

山田孝之は主人公の直貴を演じており、兄の犯罪によってお笑い芸人の夢を諦めゼるを得なくなる青年を繊細に演じている。

辛い現実の中でも沢尻エリカ演じるヒロインの由美子と幸せな家庭を築こうとするも、まだまだ試練が降り注ぐ。

https://eiga.k-img.com/images/movie/33720/gallery/1_large.jpg?1396891762

どれだけ辛い目にあっても訴えにくい加害者家族の苦悩をリアルに描きつつも、それでも消えない家族の絆を最後に見せてくれる。


最後に描かれる心温まるとある舞台のシーンは涙腺を刺激される。

【ページをめくる手が止まらない】おすすめ小説33選(2021年版)
次のページ : 『十三人の刺客』

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  6枚

Writer info

whitestonetaichi

映画大好き会社員。副業でいくつか媒体に記事書いてます。 2018年ベストはアンダーザ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

甲斐琴乃

2021/12/05 06:39

懐かしい

3

「超少女REIKO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2022/1/17 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ アクション ドラマ ミステリー・サスペンス イラスト ラブロマンス かわいい ホラー

Pick Upピックアップ