映画board

急上昇 人気

【ネタバレ】『日本沈没2020』これでは日本”珍”没だ!失笑残酷脱力災害アニメを切る

リアリティの圧倒的な欠如が生む、コメディ性

 どこを切り取っても、いや切り取らずとも最低最悪の珍アニメである。コメディアニメとして見れば良くできているが、これを災害、SF、群像ドラマ……なんでもいい。とにかく人に何かしら感動を与える作品として世に送り出しているとしたら、この作品の製作陣は頭のネジが数百本レベルで飛んでいるか、ラリッているとしか言いようがない。

 主人公の歩が競技場で陸上のトレーニング中に大地震に見舞われる場面から物語はスタートする。日本沈没2020はここから既にダメである。
 地震が原因で彼女やコーチを初めとする一行は屋外に避難することになるのだが、ここでコーチが出す指示は「では、各自更衣室で着替えてから、競技場の外に集合」である。大規模地震が発生した場合、とりあえず退避が基本で、屋内の更衣室に行かせるなど話にならん指示だ。3.11以前から避難の基本は、そうなっているはずである。「あー、余震で人が死ぬだろうなー」と思っていると案の定、大きな余震が発生し、歩のチームメイトは全員圧死。当たり前である。当たり前過ぎて「そりゃ死ぬよね」と。
 次に歩は、バンバン倒壊する建物を潜り抜け自宅まで"走って"帰り、崩壊した自宅を目の当たりに愕然としつつもなんとか家族と再会、自己中をデフォルメしたような言動を取る性悪モブキャラクターを尻目に独自避難を開始する。
 父親の驚くほど豊富なサバイバル知識と、薬でもキメてるんじゃないかと思うほどの母親のポジティブシンキングをもって一家で危機を乗り越えていくのか?と思った矢先、地震のショックで食欲がない歩のためにと、彼女の好物である山芋を掘っていた父親が不発弾の信管を"スコップ"でカチリとクリック。「嘘だろ?」という言葉と共に盛大に爆死する。降り注ぐ親父の躰。あまりに唐突。もはや大爆笑である。不発弾埋没地区という設定といえども地雷原ではないのだから、たまたま不発弾を掘り当てるとは、どれだけ運が悪いんだと。せめてここは無言で逝って欲しいところだ。
 残酷描写で観客にインパクトを与える手法をショックバリューと言うのだが、あまりに唐突かつ不自然にやりすぎると"ただの面白おかしい場面"になる。「おお、手足がぶっ飛んでら!あっはっは!」みたいな。だからシリアスな場面にするためには、前後のセリフやタイミングがとても重要。しかし、この場面から分かるのは、製作者が全くショックバリューを理解していないということだ。残酷に殺せば災害の悲惨さが伝わると勘違いをしているのだ。そのおかげで、これ以降のあらゆるキャラクターの拷問ポルノ的残虐性すら感じる死亡シーンには失笑するしかない。これで3.11の悲惨さを思い出した人がいたならば、その記憶はまがい物だ。確かに災害は人の命を容易く奪うが、それはこんな短絡的なものではない。もっと痛く苦しく哀しみに満ちたものだったはずだ。
 作品はこんな調子で歩に関わった人間を次々と不自然かつ面白おかしく無残に殺していく。歩はニコニコと死を振りまきながら活路を見出していくのだ。絶対絶命の危機が訪れようと周囲の人が悲惨な死を迎えようと、彼女は絶対に死なないし絶望もしない。ピンチに陥ると必ず誰かが身を挺して助けてくれるし、たとえ落ち込んでいても次の惨死イベントが起こるとケロっと前の出来事を忘れてしまう。多くの災害映画において、度重なる危機と死は人の精神を崩壊へと追いやる。追い込まれていく人々の生き様。それが災害映画の最大の見所のはずだ。しかし歩の精神は何があっても"基本的に"健やかだ。それはそれで崩壊直前の作画同様、力強くて良いことだが、そんな高校生などいるワケがないだろと。さて、そうなると、この映画の描きたいことは何なのだろう?と考え込んでしまう。

子どもと一緒に観たい!おすすめの面白い映画 ランキング TOP20
次のページ : びっくりするほどの手抜き脚本に脱力する他ない

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

キウィタス

2020/07/29 21:47

原作の日本沈没が大好きで、今回の日本沈没2020も情報が出てきたときには期待していただけに、それが見事に裏切られた失望感を感じていたところで本記事を拝読しました。
ツッコミどころをツッコんでくれ、胸がすく思いです。
私ごときが本業の方を超える分析など出来ようはずがありませんので、賛同の意味で感想を書かせてください。

原作は終盤での渡老人との問答がそれを端的に表すとおり、「祖国、というより日本列島という『母』を失った日本人はどう生きるか?」すなわち「日本人とは何者か、日本とは何か」がテーマです。それを揺さぶるために導入された「国土が一気呵成に沈む」という一見荒唐無稽な設定をリアルたらしめたのは、当時の最新の科学の知見を取り入れたことによる説得力でした。
15年ほど前のリメイク映画版は『災害パニック映画』として楽しめる作品でした。原作の日本沈没を知らなかった層(当時の私自身もその一人)からはパニックエンターテインメント作品として好評価を得ていたようでした。
当時酷評もあったのは原作の「日本人のアイデンティティを問う」というテーマを外した『災害パニック映画』へと割り切ったことと、日本列島を引きずるマントルを巨大な核爆弾(的なもの)でぶった切るという無茶をぶちあげる(引っ張ったマントル無理やりちぎったらとんでもない地震が起きるのでは!?)など虚構をリアルにする説得力がなかったことでしょう。
それに対する一つの答えが、同時期の一色登希彦によるコミカライズだと思います。原作の「日本人の精神性」を問うテーマ、時にリメイク映画を揶揄するかのように練り込まれ21世紀版にアップデートされた科学的知見、そしてしっかりと描きこまれた災害下の情景がありました。例えば第6巻では、ほとんど主人公が登場せず、第二次関東大震災に見舞われた、高層ビルが林立し高速交通の行き交う現代の東京での惨禍が一般市民の目線で描かれました。最後は天皇(作中では「旧江戸城に住むあの方」)までしっかりと描き、原作のエッセンスを見事に取り入れアレンジした『21世紀の日本沈没』を作り上げています。東日本大震災以前の作品だというのは驚くばかりです。

翻って、『2020』はどうでしょう。監督のインタビューなどから、一般市民の視点、平凡な一家族をクローズアップして『日本沈没』を描くというテーマであったらしい。そして結論から言えば、それは見事に失敗してしまった。
「日本人のあり方を問う」という『日本沈没』としてのエッセンスがまったくない。原作ファンから批難の声が上がるのは当然でしょう。アイデンティティを問うのでなければ、日本を沈める必要はない。「日本の沈没」を「第二次東日本大震災」とか「南海トラフ地震」とかに変えても災害映画としてのこの作品は成立するでしょう。しかし、そこは監督の意図したところであり、それ自体は本質的な問題ではありません(この時点でファンとしては微妙ですが)。
致命的なのは、作品として面白くないこと。これに尽きます。
2020年代の世相に合わせたエッセンスを取り入れたかったのはわかる。しかし、ご都合主義のストーリー展開に堕してしまった。記事のとおり、全てが「雑」なのです。
きっと作った人に悪意はないのでしょう。
なんというか、「俺ならこのゲームもっと上手にクリアできるぜ! コントローラー貸してみ!」といってゲームをやらせてみたらすぐにGAME OVERになってしまった。そんな感覚です。
『日本沈没』を期待した人、良質なエンターテインメントを期待した人、どちらもががっかりする結果となったのが残念でなりません。
懸念するのは、これで初めて『日本沈没』という作品群に触れる人が「なーんだ、この程度か」と思ってしまうことです。
いつか、『2020』はもちろん今までのシリーズをも超える『日本沈没』が制作されることを一ファンとして願ってやみません。

12いいね

違反申告


シニニス

2020/07/21 14:34

すみません。失礼します。
私の解釈を書かせてください。

この作品はパラダイムシフトを描いた作品なのではないでしょうか?原作は島国日本が沈没するという、根本的な拠り所を失ったら日本人のアイデンティティはどうなるかという思考実験的テーマの小説だと考えます。原作のこのテーマに、本作は歩たちの旅という時間の経過を付加することで、価値観のスクラップ&ビルドを経験するパラダイムシフトのストーリーに変換しているのではないかと思います。

そもそも日本もアメリカもどの国でも国とは、法律や宗教といったものと同様に人々が共通して持っている幻想であって、実体があるものではないです。この国という共通の幻想は歴史的にも何度もスクラップ&ビルドを経て、断絶を繰り返し、今の私たちが持つ共通の幻想にたどり着いています。人が共通して持つ幻想のスクラップ&ビルドとしてのパラダイムシフトが、本作には随所に象徴的な要素として散りばめられていると見ることができないでしょうか?例えば、本作で最も唐突であまりにも不条理な父親の死です。これは太平洋戦争の敗戦による日本人のパラダイムシフトを象徴していると思います。信じていた「お国」の敗戦、焦土と化した都市、天皇の人間宣言、当時の日本人はそれまでの価値観を完膚なきまで破壊されてしまいました。それは父なるものの喪失であり、本作では父親の死として表現しているのではないでしょうか?なので、父親が太平洋戦争で残された不発弾で死ぬことにはストーリー上の意味があるのです。
また、日本沈没以後には新たな歩の世代の日本観、価値観が再構築されているので、大円団としても一つのパラダイムシフトを迎えたという形に一応は落ち着いています。
このような解釈で本作を見ると、その他の一見ご都合主義にもとれる数々のシーンも、そのシーンの持つストーリー上の意味が見出せるように思います。
ただ、そこにこそ本作の最大の問題点があるように私には思えます。というのは、テーマとストーリー要素とストーリー構成が渾然一体となって一つの作品となるべきが、テーマが大きくなりすぎて、ストーリー要素が散らばってしまい、結果ストーリー構成がぶつ切りになってしまっているように感じます。そのせいで全体的に荒唐無稽な作品になってしまったのだろうと思います。
結局、これの作品は幻想を描いた純文学的アニメであり、災害という現代の私たちが身につまされる事態に仮託されていますが、ストーリーの移り変わりを見てそこにリアリティは求めてはいけないのだろうと思います。村上春樹の幻想小説を読むようなノリで観るのが適切なのかもしれないですね。

4いいね

違反申告

シニニス

2020/07/21 21:41

酷評は視聴につながるか?酷評という作品にとっての最大のマイナスが、視聴という作品にとっての最大のプラスに転化されるのか?大変興味深い実験ですね!氏家さんの実験であるこの酷評は現段階で15万レビューを数えて成功ですね。

0いいね

違反申告

氏家 譲寿(ナマニク)

2020/07/21 21:11

コメントありがとうございます!
非常にロジカルで見事な解釈だと思います!本作の弱点は、ストーリーテリングの雑さなんですよね。
それは貴方もお気づきの通りです。
20話程度でじっくり描くべきだったと思います。もう少し時間をかけてこの解釈のような、隙間を埋める表現があれば
かなり腹落ちできるものになったと考えます。
海外評でも「雑。もっと話数を書けて描くべきだった」と言われてるので、根は悪くは無い作品だと私も思います。

ここで種明かしもアレなのですが、本レビュー、”酷評は視聴につながらないのか?”という実験も踏まえておりまして
極端な解釈になっています。

2いいね

違反申告


田中 勲

2020/07/17 21:39

おじさん世代からすれば、これは「アリ」。というのも、原作はこの作品が描いているような、生身の庶民が日本沈没をどう生き延びたかということを、一切描いていないから(これ知ってれば、原作冒涜なんて言葉は絶対出てこないはず)。そこに挑戦しただけでも、価値がある。

細かい点はその通りの所も多いのだけれども、結論として、ニッポンサイコー!という人と、日本をdisってるという人の両方がいるのが面白い、ということはまあ、どっちとでも取れる表現になっているということで(オレもそう思うが)、作品としては幅を確保できている分(つまりは押し付けがましくない分)成功だと思う。

12いいね

違反申告

氏家 譲寿(ナマニク)

2020/07/18 12:23

というわけで書き直しの返答です。まず初めに……。
”批評批判”についてはあまり反応しない主義なんですけど
誤読が過ぎるので、同じおじさん世代として言っておきますね。

まず、私は一言も”原作を冒涜している”とは言っていません。”ガン無視”、”雑”だとはいましたが。
非常に失礼ですよ。言っていないことをさも
言ったように言うのは。このことから貴方のやっていることは前述の通り
”批評批判”でしかないと私は読み取ります。

よって、同様に批評批判で返答しますね。

賛否がある作品に”価値”を見いだすのは愚行です。
あらゆる作品は人それぞれの価値観の元に判断されるものだからです。
幅についても同じです。

>生身の庶民が日本沈没をどう生き延びたかということを、一切描いていないから
と書いていらっしゃいますが、確かに歩は”生身の庶民”かもしれませんが
彼女は典型的な庶民の代表として描かれている可能性は感じませんか?
引きこもり、多国籍、ユーチューバーそれぞれの個性の集合体が
今回の集合体です。でないえば、あの悪運の強さは証明できません。
アレを単なる”庶民”としか認識できないのであれば、貴方の理解力は低いと言わざるを得ません。

>作品としては幅を確保できている分(つまりは押し付けがましくない分)成功
押しつけがましいという点については、あちこちから感じる
イデオロギーに私は真っ向から否定します。
きっと”脚本の雑さ”が”解釈の幅”になっているのでしょうけれども。
(それから貴方は括弧書きが多すぎるので、もう少し文章の練習をしてください。
貴方がどのようなご職業か存じませんが、おじさん世代でこの文章の書きっぷりは”ない”です)

私は貴方が本作を気に入っているという点については否定する気持ちはありません。
どうぞ、私同様、その気持ちを啓蒙してください。

25いいね

違反申告

氏家 譲寿(ナマニク)

2020/07/18 12:06

あ、一転、書きミス。”歩”は庶民ではなく、作品を総括してみれば、庶民代表つまり、一般庶民ではないですよね?

2いいね

違反申告

氏家 譲寿(ナマニク)

2020/07/18 11:45

コメントありがとうございます。

まず初めに……。
”批評批判”についてはあまり反応しない主義なんですけど
誤読が過ぎるので、同じおじさん世代として言っておきますね。

まず、私は一言も”原作を冒涜している”とは言っていません。”ガン無視”、”雑”だとはいましたが。
非常に失礼ですよ。言っていないことをさも
言ったように言うのは。このことから貴方のやっていることは前述の通り
”批評批判”でしかないと私は読み取ります。

よって、同様に批評批判で返答しますね。

賛否がある作品に”価値”を見いだすのは愚行です。
あらゆる作品は人それぞれの価値観の元に判断されるものだからです。
幅についても同じです。

>生身の庶民が日本沈没をどう生き延びたかということを、一切描いていないから
と書いていらっしゃいますが、歩は”生身の庶民”ですね。彼女、何か特別でした?
2020のノベライズの設定でも”庶民”ですよ。

>作品としては幅を確保できている分(つまりは押し付けがましくない分)成功
押しつけがましいという点については、あちこちから感じる
イデオロギーに私は真っ向から否定します。
きっと”脚本の雑さ”が”解釈の幅”になっているのでしょうけれども。
(それから貴方は括弧書きが多すぎるので、もう少し文章の練習をしてください。
貴方がどのようなご職業か存じませんが、おじさん世代でこの文章の書きっぷりは”ない”です)

私は貴方が本作を気に入っているという点については否定する気持ちはありません。
どうぞ、私同様、その気持ちを啓蒙してください。

2いいね

違反申告


グリの街の町内会長

2020/07/14 15:17

視聴して、私が感じたこと、思った事を全て表現していただき、感謝。さすがプロだと感心致しました。物語全てに渡って【原作無視】、あからさまな【死亡フラグ】、日本沈没より遥かに可能性が低いと思われる【偶然の連続】(偶然が必然と感じられるような合理的な説明も全く無し)…絵は好き好きなので否定しませんが、酷い監督、脚本、演出だと思いました。…たったひとつだけ私が評価するとすれば【フィリピン出身】の母親の性格描写でしょうか。自由奔放、陽気、前向き、働き者、強い家族意識…そんなフィリピン女性の持つ善い面を好意的に描いてくれた事【だけ】でしょうか。

29いいね

違反申告

氏家 譲寿(ナマニク)

2020/07/14 16:04

コメントありがとうございます。
死亡フラグの分かりやすさ、特に陸上のパイセンのフラグのビンビンさは異常で、あれが一番キツかったです。
偶然の連続は、ユーチューバーと食材ドンブラコですね。缶詰が浮いていたりとか、とにかく全て上げると1万字を超えてしまうので、途中で止めました。
お母さんは、たしかにフィリピン人独特の明るさを持っていましたね。私、フィリピン人の知り合いが何人もいるのですが、皆さん底抜けに明るく前向きです。レビュー中、クスリでもキメてるんじゃないかと書いたのはミスったなあと今思っています。

24いいね

違反申告


Kayoko

2020/07/14 11:15

素晴らしい総括! 最初っから意味不明だらけで我慢して観ていましたが、父親の死に方を見てやめました。つまり2話しか観ていないけど、このレビューに書いてあることわかり過ぎるぐらいわかります。これを反日プロパガンダ作品と言っている人もいるようですが、要は破滅的駄作なんですね。次に知りたいのは、どうしてこんな駄作が「可能だったか」ということですね。

14いいね

違反申告

氏家 譲寿(ナマニク)

2020/07/14 11:57

コメントありがとうございます!
たぶん「東京オリンピックに合わせて盛り上げよう!あ、そうそう震災復興の意味もあったし、でも地震は『東京マグニチュード8.0』があるし・・・そうだ!『日本沈没』があるじゃん!」みたいなノリで作ったんじゃないかなと思います。

10いいね

違反申告


momochi

2020/07/14 10:34

色々言いたいことはあるけど、トレーラー見たときから嫌な予感がしていたけど、人気の監督でデビルマンで評価を得て今回の企画となったようですが、オリジナルにしてしまうとこうなってしまうのかという稚拙さというか、新人の脚本が書いたんじゃないかという筋書きに辟易しました。

わかるんだけどね。
つまり、SFじゃないってことでやっているんでしょうけど、小野寺や田所の名前を出して小野寺を出しているわけで、その唐突感とか何故が語られない時点で、投げ出したくなりました。

一応、耐えて最後まで見たけど、日本沈没って名付けて欲しくない作品になってしまいましたとさ。

12いいね

違反申告

氏家 譲寿(ナマニク)

2020/07/14 11:38

コメントありがとうございます。こういった原作あり映画/アニメ化作品にありがちなのですが、名前が飾りなんですよね。「はい、ちょっと目配せしましたよ!どうですか?テヘ!」みたいな。
浮上して来ちゃう時点で、日本は沈没していないので、日本沈没を名乗る権利はないと私は思います。
日本沈没IIもあるわけですし……。

6いいね

違反申告


ひきがえる

2020/07/13 20:24

更衣室のロッカーで踏み潰されたチームメイトを置き去りにして、さっさと家族の元に走り出すヒロインのJCで、嫌な予感がしてましたが…。
女子陸上チームを壊滅された女性コーチ。終盤でさらっと脱出船にスポーツ特待枠で旦那と一緒に乗り込もうとしてました。それで、チーム唯一の生き残りの主人公と再会して「元気だけが取り柄なのー!」と嬉しそうに笑っていて愕然としました。

サイコパスが書いたシナリオなのかと??

23いいね

違反申告

氏家 譲寿(ナマニク)

2020/07/13 20:35

コメントありがとうございます!あの選別シーンそのものも問題なのですが、あのコーチの立ち振る舞いはちょっとおかしいです。そもそも、彼女があんな指示を出さなければ、チームメイトは死ななかったわけで、その責任も感じず「貴方は選別枠なのよー」とかないです・・・。

18いいね

違反申告


竜の子

2020/07/13 16:16

よくぞ言ってくれました!間違いなくコレは日本珍没です!全話耐えて完走しましたが、最初から最後までこれ程ツッコミ続けたアニメは他にありません。逆にそれを楽しみに見てたくらいです。キャラクターのバックボーンが全く見えてこないので誰にも感情移入できないし、そもそも何考えてんのか分からない!日本人の父とフィリピン人の母、ハーフの子供たち、という設定は原作と異なる斬新な設定で期待してたのですが、そうした設定は全然いかされず、結局は「ニッポンサイコー」かよ...と。日本沈没という虚構に人間のリアリティが合わさらなければ失敗するのは当然。ていうか、日本沈没っていう状況で一家族(集団)にフォーカスするのに無理がある、普通は早々に死ぬでしょ。その辺もご都合主義で進む物語。近年稀にみる駄作だと思います。

25いいね

違反申告

氏家 譲寿(ナマニク)

2020/07/13 18:24

コメントありがとうございます!『宇宙戦争』ってあったじゃないですか、だから一家族にフォーカスするのは、あながち間違ってはいなかったんですよ。ただとにかくリアリティがない。基本SFっていうのは、検証性があってこそ面白みがあるので、そこをないがしろにしている冒頭でもう終わっちゃってるんですね。
人が残酷に死んでいく、だけど私たち生きてる!空青い!みたいな。おそらくは東京オリンピックに併せて明るい気分にすべく作ったでしょうけど、コロナ以前から東京オリンピック自体、しらけたムードでしたし、企画自体ミスってますよねぇ。

12いいね

違反申告


コメントの続きを表示  18件

この記事の画像  3枚

Writer info

氏家 譲寿(ナマニク)

文筆家。ZINE「Filthy」発行人、映画秘宝『未公開残酷Horror Anthology』連載担当。ホ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/8/3 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション おすすめ映画まとめ 洋画 最強のふたり ランキング セクシー 編集部選(おすすめ映画特集) パラサイト 半地下の家族 ジョーカー(2019) ボヘミアン・ラプソディ

Pick Upピックアップ