映画board
人気

BTTFスタッフ&キャスト再集結!『アメージング・ハイウェイ60』(2002)|zashの発掘!名画倉庫

時を1985年に戻そう・・・。
この年、世界中で‘‘フューチャー現象’’なる社会現象を巻き起こす大ヒットを記録した映画がある。
スティーヴン・スピルバーグ製作、ロバート・ゼメキス監督による『バック・トゥ・ザ・フューチャー』だ。
同作は、全米で人気に火が付き、日本にも飛び火。1985年のお正月映画として公開され、多くのファンを獲得した。
当時の予告編で映し出されたキャッチコピーは「スピルバーグがまたやった!」だった。
しかしながら、スピルバーグ自身、同作では製作という立ち位置であり、監督を務めたのはロバート・ゼメキス。脚本はゼメキスと盟友のボブ・ゲイルが執筆した。
スピルバーグの名前が先行しがちだが、この2人が生み出した傑作こそが『バック・トゥ・ザ・フューチャー』なのだ。
その後、ゼメキスはフィルムメーカーとして大きな成功を収めていくことになるが、脚本を手掛けたゲイルの名前はゼメキスと比べると、そこまで有名ではないかもしれない。
しかしながら、彼がこれまでの人生でたった一本だけ監督を務めた長編映画がある。それが、今回紹介する『アメージング・ハイウェイ60』である。

赤いオープンカーに乗り込み、人生の‘‘答え’’を探しに行こう!

『アメージング・ハイウェイ60』(2002)

https://alchetron.com/Interstate-60-(film)

『アメージング・ハイウェイ60』は、2002年のアメリカ・カナダ合作映画。
22歳の誕生日を迎えたニール(ジェームズ・マースデン)が、ひょんなことから、何でも一つだけ願い事を叶えてくれるという謎の人物O・W・グラント(ゲイリー・オールドマン)と出会い、人生における‘‘答え’’が欲しいという、なんともユニークなお願いをする。
この瞬間を境に、周囲で不思議な出来事が頻発するようになったニールは、謎の老人レイ(クリストファー・ロイド)より託された謎の小包をある人物に届けるため、父からプレゼントされた赤いオープンカーに乗り込み、地図に載っていない州間高速道路60号線をひた走っていく。

恋人にしたい俳優 人気ランキング
次のページ : 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』と同様のメッセージが込められている

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  8枚

Writer info

zash@Sunset Boulevard

子供の頃から洋画と海外ドラマに精通し、その知識を活かして、2016年より海外ドラマbo...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/7/19 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ ドラマ アクション かわいい ミステリー・サスペンス ゴジラ キング・オブ・モンスターズ スパイダーマン:ホームカミング マーベル

Pick Upピックアップ