映画board

見えないストーカーから逃げきれるか…新生『透明人間』が面白い!

世界各地で驚異的なヒットを記録

© 2020 Universal Pictures

「こう来たか……」、きっと誰もが、そうつぶやいてしまうのではないだろうか。古典ホラーを斬新なアイデアで現代版にアップデートした『透明人間』には、観る者をうならせる“新しさ”が満ちている。

まずは、本作のあらすじとキャスト・スタッフ陣を公式サイトから引用したい。

富豪で天才科学者エイドリアンの束縛された関係から逃げることの出来ないセシリアは、ある真夜中、計画的に彼の豪邸から脱出を図る。失意のエイドリアンは手首を切って自殺をし、莫大な財産の一部を彼女に残した。セシリアは彼の死を疑っていた。偶然とは思えない不可解な出来事が重なり、それはやがて、彼女の命の危険を伴う脅威となって迫る。セシリアは「見えない何か」に襲われていること証明しようとするが、徐々に正気を失っていく。

ゴールデン・グローブ賞主演女優賞・エミー賞主演女優賞に輝くエリザベス・モス(『アス』(19)、「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」)を主演に据えた『透明人間』。製作は、今やハリウッド・ホラーを牽引するブラムハウス・プロダクションズの敏腕プロデューサー ジェイソン・ブラムと、『ソウ』(04)で脚本を務めて以降、そのシリーズ製作に関わるオリジナルメンバーであり、近年は『アップグレード』(18)や『インシディアス 序章』(15)の監督として知られるリー・ワネルが監督・脚本・製作総指揮を務める。

出典元:https://toumei-ningen.jp/

このスタッフを見てわかる通り、面白さには定評のあるメンバーだ。そこに、『アス』でめっちゃ怖い演技(被害者なのに怖いっていう)を披露したモスが加わり、座組は完璧。透明人間を主人公にするのではなく、透明人間の被害に遭う女性を主人公にしている点は実に斬新で、「おっ」と思わせてくれる。

ちなみに、製作費は概算700万ドルに対し、世界興行収入は現在1億2,500万ドル超。とんでもなく成功している。これも一つの「本作が面白いに違いない」証拠として、観る者の期待を高めてくれることだろう。

【ランキングboard】あなたが選ぶナンバーワンは?
次のページ : うわ面白!なアイデアにうなる

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  6枚

Writer info

SYO(映画ライター/編集者)

映画・ドラマ・アニメ等、エンタメ全般の執筆業。猫に弱い。【掲載:CINEMORE、Fan's ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Koutarou Kurimoto

2021/10/04 19:19

試写会行きました!

5

「神在月のこども」

ひろぴ

2021/09/15 14:56

日本人は先祖の国籍

4

「GO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/10/11 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 アクション 邦画 おすすめ映画まとめ ミステリー・サスペンス ドラマ ホラー スパイダーマン:ホームカミング ゴジラ キング・オブ・モンスターズ コメディ

Pick Upピックアップ