映画board

山﨑賢人さんが同世代の役者達に感じていた嫉妬とは?|コトブキツカサのウィスプ

ウィスプとは?

ウィスプとはウィスパー(ささやき、ひそひそ話)の略語。映画の豆知識やこぼれ話を人に伝えることをウィスプと名付けました。ちなみにウィスプは「かすかな名残」「断片」『はしきれ」などの意味もあります。明日、学校や職場で人に話したくなる映画のウィスプを毎回お伝えしたいと思っています。

映画 『劇場』

永田(山﨑賢人)は中学の友人と劇団「おろか」を立ち上げ、脚本と演出を担当していましたが、観客からは全く評価されず劇団員とも衝突して解散状態となっていました。そんな永田は渋谷の路上で沙希(松岡茉優)と出逢います。女優を目指して田舎から上京していた沙希と永田は、次第に親密な関係となり同棲を始めます。仕事もせず明確な目標を失いつつある永田を沙希はバイトしながら支え励ましますが、その思いに永田は応えることなく自堕落な日々を過ごしています。そんな2人の関係は次第に噛み合わなくなっていくのです。

「いつまでもつだろうか?」劇団の成功を夢見ていた永田ですが、その成功とは程遠い状況に苦しくなり、このままでいいのかと自問自答します。プライドだけ高く敵ばかり作る永田役の山﨑賢人さんの演技、そしてそんな永田を献身的に支える沙希役の松岡茉優さんの演技は、2人ともこれまでの役者としてのキャリアでのベストアクトだと思いました。

20代の頃、僕の周りには芸能界を夢見た役者や芸人が沢山いましたが、そんな友人達のほぼ全員が志半ばで挫折して、この世界から離れていきました。「劇場」を観ていると、自分の若い頃の不安や不満や苛立ちを思い出して胸が痛くなると同時に、当時酒を酌み交わしながら夢を語っていた彼や彼女達の事を思い出しました。

沙希は永田に対して「東京ダメかもしれない…」と、つぶやきます。昼間は服飾の学校に通い、夜は居酒屋でバイトしている沙希は、身体も精神も限界に近づいていたのです。

変わらない永田と変わらなければいけなかった沙希の思いが、既視感と共に僕の身体に鋭く突き刺さりました。
若い頃、僕の周りには確実に永田や沙希が存在していたのです。

映画のウィスプ

山﨑賢人さんが同世代の役者達に感じていた嫉妬とは?

解説

本作の原作者であるピースの又吉直樹さんは若手の頃、同期の芸人コンビが続々とテレビ出演しているのに自分達は評価されず仕事がなかった時、本作の主人公・永田同様にかなりの焦りと嫉妬を感じていたそうです。一方、主役の山﨑賢人さんもインタビューで、本作の主人公・永田との共通点を語っています。永田は自分の才能が世間から認められず、仕事もほとんど依頼されることなく周りの演劇人達に嫉妬しているのですが、側から見れば山﨑賢人さんはこれ以上ないほどの順調なキャリアを積んできたはず。しかし本人は自分も永田と同じ様な気持ちを抱えていたと言います。同年代の役者達が映画やドラマの主役を射止めている中、自分だけその場で足踏みしている様に感じていて、特に菅田将暉さんの役者としての実績には強く嫉妬していたそうです。

その他のウィスプはこちらから!

「コトブキツカサのウィスプ」一覧 | 映画board

コトブキツカサ

73年静岡県生。映画パーソナリティとしてTV,ラジオ、雑誌などで活躍中。年間映画鑑賞数は約500本。その豊富な知識を活かし日本工学院専門学校 放送・映画科非常勤講師を務める。

Amazonプライムビデオで観られる子ども向けのおすすめ映画20選

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

高桑 ムツ子

2020/07/13 00:13

小説は読んでないのですが、山崎君と松岡さんの演技が見たいですね!

0いいね

違反申告


この記事の画像  2枚

Writer info

映画board編集部

今日見る映画が見つかる。 映画boardは映画に関連するニュースや作品情報、レビュー...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/8/3 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ ランキング 洋画 ジョーカー(2019) インターステラー 最強のふたり 編集部選(おすすめ映画特集) 50回目のファースト・キス(2004) フォレスト・ガンプ 一期一会 セクシー

Pick Upピックアップ