映画board

【深読み映画レビュー】『カセットテープ・ダイアリーズ』~自分の言葉を模索する若者の瑞々しい青春

(C)BIF Bruce Limited 2019

<ストーリー>

 舞台は1987年のイギリス。ロンドン郊外の小さな町ルートンに暮らすパキスタン系移民の少年ジャベド(ヴィヴェイク・カルラ)は、孤独で憂鬱な毎日を過ごしています。折からの不況によってイギリスでは失業者が急増し、移民に対する露骨な差別や嫌がらせも頻発。ジャベドも道を歩いているだけで汚い言葉を投げかけられます。しかも家へ帰れば、祖国パキスタンの古い価値観に凝り固まった父親マリク(クルヴァンダー・ギール)が専制君主のように振る舞い、息子の将来の進路や結婚まで自分の思い通りにしようとする。そんな息苦しい日々を送るジャベドにとって、唯一の救いが音楽でした。

 SONYのウォークマンでペット・ショップ・ボーイズなど、今どきのニューウェーブ音楽を楽しみ、ロック・ミュージシャンを目指す幼馴染マット(ディーン=チャールズ・チャップマン)のために詩を書いているジャベドですが、なかなか自分の言葉を見つけられずにいます。そんなある日、高校でムスリム系のクラスメート、ループス(アーロン・ファグラ)から勧められたブルース・スプリングスティーンのカセットテープを聴いたジャベドは衝撃を受ける。抑圧されたブルーカラーの若者の怒りや哀しみを歌ったスプリングスティーンの音楽は、まるでジャベドの心の声をそのまま代弁しているかのようだったからです。

 それ以来、すっかりスプリングスティーンの音楽に夢中となり、少しずつ自分の気持ちを表現する言葉を見つけていくジャベド。さらに、政治的な意識が高く社会活動に積極的な女子高生イライザ(ネル・ウィリアムズ)とも親しくなり、お互いに刺激を受けながら惹かれあっていきます。学校の教師クレイ先生(ヘイリー・アトウィル)もジャベドの詩の才能を認め、新聞社のインターンシップ制度を推薦してくれる。なにかもが上手くいき始めたと感じるジャベドですが、しかしそんな彼の前に次々と厳しい現実が立ちはだかります…。

【いないいないばあっ!】歴代おねえさん総まとめ!初代から現在(7代目)まで
次のページ : 混沌とする現代社会の写し鏡としての’80年代

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  5枚

Writer info

なかざわ ひでゆき

'21年でキャリア30年目を迎える映画&海外ドラマ・ライター。旧ソ連モスクワ育ち。日...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/10/26 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

あの人は今 ランキング おすすめ映画まとめ 洋画 セクシー インターステラー アベンジャーズ/エンドゲーム アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー アン・ハサウェイ パラサイト 半地下の家族

Pick Upピックアップ