映画board

Birthday!

草彅剛

いかにして若いスタッフを育成していくか『癒しのこころみ〜自分を好きになる方法〜』篠原哲雄監督が語る

女優っていうのは右側から撮るのと左側から撮るのでは違う

―照明は小川真司さんです。他の作品では撮影をされている方ですが、今回はなぜ照明なのでしょうか。

小川さんは普段は撮影監督もされている方です。長田さんとは長い付き合いで、どんな画を撮るか、わかってらっしゃる。最初に撮影部のメンバーとして紹介してくれたのですが、撮影照明の全般に渡って長田さんと阿吽の呼吸で絵作りに必要なことをやってくださったと思います。

長田さんチームは独特です。撮影師としての長田さん、小川さんが照明と色彩計測を兼ねてサポートし、準備を整える。ピントマンが撮影部パートとして独立して参加していて、若いこれからのメンバーが撮影照明全般を長田さん小川さんの指示で動いていく。

―実質的には撮影監督システムで撮っていたのですね。

撮影って、人数が多ければいいというものではありません。本当に必要な人がいればいい。小川さんが長田さんのスタイルをよくご存知だから、できたことだと思います。
長田さんは名刺の肩書に「攝影師」と書いています。撮影の「撮」の字が「攝」になっていますが、こだわりがあるのでしょうね。

―長田さんのこだわりで何か印象に残っていることはありますか。

昔、ある映画祭の審査員として長田さんと同席したことがあったのですが、そのときに撮影者の立場として、「女優っていうのは右側から撮るのと左側から撮るのでは違う」といかにして女優をきれいに撮るのかを語っていました。今回も藤原紀香をどうきれいに撮るか、長田流にさり気なく、どっちから撮るときれいか、ポジションを見ながらやっていましたね。

©ドリームパートナーズ

―回想シーンのお母さんも美しかったですね。

あれもちょっとしたフィルターを使って、さくさくって撮っていました。

回想ではなく、娘のイメージの中にいるお母さんということで入れたのですが、僕の中では3シチュエーション、それぞれ別のイメージがありました。それを長田さんは1つのイメージの中でぽんぽんぽんと撮って、画の細かな作りはこういうことではないかと仕上げてくれました。

―本作の画角はビスタですが、なぜビスタを選んだのでしょうか。

施術をしているカットは横に長いと範囲が狭くなってしまうので、なるべくスタンダードに近づけたいという意識がありました。それで、最初に「スタンダードで撮るのもありですよね」と長田さんにお話したのです。しかし、昨今スタンダードでの上映は特殊です。シネスコですと富士山の山麓や野球のシーンでは横に広がりすぎということもありビスタでちょうどいいサイズになったと思います。

―野球のシーンは試合に意識が集中される画面作りが印象に残りました。

プロ野球の試合シーン、例えば観客席向けは1カットしか撮っていません。後は全部、仕上げの音響効果で臨場感を持たせているように、限られた中で撮影しました。球場も普段は高校野球の予選をやっている場所で、今風な広告的な背景がないぶん、プロ野球のスタジアムには見えづらい。そこで画角を狭め、余計なものを一切映さず、試合に集中できるような画面作りを心がけました。そこは何度もロケハンしコンテも作り長田さんとも計算づくで挑みました。

©ドリームパートナーズ

©ドリームパートナーズ

©ドリームパートナーズ

―野球や森林浴など屋外のシーンが多かったように思います。外での撮影で困ったことはありませんでしたか。

森林浴シーンの撮影に充てられるのはほぼ1日。その中で主人公たちが発見して語りの場にする大木に光が射すカットがどうしても撮りたかった。制作の人が前日入りして調べたところ、午前中しか陽が当たらないことがわかったのです。そこで、午前中に太陽が出なかったら諦めようと勝負に出たところ、うまい具合に光が射してくれました。ホッとしましたね。

この日は午後に森林散策をする丘の場面、夕方に富士山を背景にした芝居場という風に短い時間での勝負だったので、常に光の方向を見ながらの撮影でした。

―自然光だけで撮れましたか。

森林はほぼ自然光だけで撮っていますよ。ライティングを大規模にしないといけないナイター撮影はこの作品にはほとんどありませんでした。野球場のナイターシーンは主に球場の照明でした。冒頭の主人公の勤めるオフィスの場面はきめ細かな照明だったと思います。

©ドリームパートナーズ

©ドリームパートナーズ

―小川さんならではの照明シーンがあったら教えてください。

長田さんのスタイルに準じて、小川さんも自然光とその場所にあるリアルな光をベースにしていると思います。そこに微妙な補正を加えていく。そういう主旨で照明が組まれているので、大それたことをしていません。でも、そこがいい。

しかも長田さんと小川さんは仕事が早い。お二人とも若いメンバーに指示しながら、ご自分でもさくさくっと準備してしまう。

施術のお店の受付の場面はすべてデイシーンですが、デイで撮りきれなかったこともあり、そのときは照明の力をお借りしました。施術するスペースはタングステンライトをベースにして淡い光の中でコントラストも強調して描いてくれました。

―次の作品も長田さんチームで撮ってみたいと思いますか。

今回は初めてでしたので、僕もどこか長田さんの呼吸を伺いながらやっている時もありました。長田さんのFIXをメインにした画作りは無駄がなく、現場もとんとんと撮影が進んでいくスタイルはやりやすかったです。芝居もそこで起きたリアル感を大事にしてあまり決めて撮らない。それが僕にとってはすごく面白かった。またご一緒できる機会があれば、ぜひお願いしたいと思います。

―読者に向けてひとことお願いいたします。

この作品は、主人公たちがそれぞれの苦境に立ち向かう様を通して、自分とどう向き合うかをいちばんのテーマに置いています。その中で描かれる自然との共生の心地よさもテーマのひとつ。

「癒し」という言葉の真の意味は、人が人生の苦境を乗り越えた後に行き着く境地だと思います。副題に「自分を好きになる方法」とありますが、苦しみを乗り越えた時に別な自分を発見できる喜びの感覚とも言えます。言葉にしてしまうととても硬い印象かもしれませんが、この作品には恋愛映画の要素もあります。大ぴらに恋をしてはいけない関係でも人は相手を応援しているうちに恋をしてしまうこともある。そんな感情を素直に認めていいんじゃないのと言うこと。

それと人の身体をほぐす仕事や野球選手などプロの方々の仕事ぶりも描いています。彼らのこだわりや美意識みたいなものが伝わるといいなと思っていました。

僕らも撮影という行為を通してプロフェッショナルな人々の美意識を垣間見ることができました。今まで僕は癒しという言葉を使うことにどこか抵抗もありましたが、今回は堂々と「癒し」を「試みた」のでその様を見ていただけたら嬉しいです。

(取材・文:ほりきみき)

<プロフィール>

篠原哲雄(しのはら てつお)

©ドリームパートナーズ

1962年2月9日生まれ。東京都出身。
明治大学法学部卒。その後、助監督として森田芳光、金子修介、根岸吉太郎監督作品などに就く傍ら、自主制作も開始。1989年に8ミリ『RUNNING HIGH』がPFF89特別賞を受賞。1993年に16ミリ『草の上の仕事』が神戸国際インディペンデント映画祭でグランプリ受賞。国内外の映画祭を経て劇場公開となる。山崎まさよしが主演した初長編『月とキャベツ』(96)がヒット。その後、『洗濯機は俺にまかせろ』(99)、『はつ恋』(00)、『命』『木曜組曲』(ともに02)、『昭和歌謡大全集』(03)、『深呼吸の必要』『天国の本屋~恋火』(ともに04)、『地下鉄(メトロ)に乗って』(06)など多彩な作品を手がける。近年の監督作品に野村萬斎主演『花戦さ』(17)、いくえみ綾原作『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』(18)、文音・草笛光子ダブル主演『ばぁちゃんロード』(19)22年ぶりの再タッグとなる山崎まさよし主演『影踏み』(19)など。

『癒しのこころみ〜自分を好きになる方法〜』

©ドリームパートナーズ

監督:篠原哲雄
脚本:鹿目けい子、ますもとたくや、錦織伊代
出演:松井愛莉、八木将康、水野勝、秋沢健太朗、橋本マナミ、藤原紀香
音楽:GEN (Dur moll・Vanir)
主題歌:「癒し」RAY (ビクターエンタテインメント)
挿入曲:「幸せ」SANOVA (ビクターエンタテインメント)
配給:イオンエンターテイメント
©ドリームパートナーズ
2020年7月3日(金)よりシネ・リーブル池袋ほか全国にて公開

ディズニーだけじゃない!子ども向け《海外アニメ映画》おすすめ名作7選【Amazonプライムビデオ】

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

杉山すぴ豊

2020/06/30 10:15

すぴ豊です。
篠原哲雄監督!
前にお会いしたことあるんですが
すごくいい方ですよね!
あと映画を目指す若手たちに温かい方だったなあ。

とてもいい記事ですね。
また機会があれば篠原哲雄さんに会いたくなりました。

0いいね

違反申告


この記事の画像  14枚

Writer info

ほりきみき

映画の楽しみ方はひとそれぞれ。ハートフルな作品で疲れた心を癒したい人がいれば、勧...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/7/6 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ 洋画 ランキング セクシー ホラー アメコミ アニメ アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー マーベル かわいい

Pick Upピックアップ