映画board

【深読み映画レビュー】『オールド・ガード』~シャーリーズ・セロンが超絶スタントに挑む!

Netflixにて20年7月10日より独占配信

作品概要

 あのシャーリーズ・セロンがいよいよNetflixオリジナル映画に初主演!しかも『アトミック・ブロンド』(’17)以来となる本格的なスタントにも挑戦!ということで話題を集めている大型アクション『オールド・ガード』。有名なアメコミ作家グレッグ・ラッカによる同名グラフィック・ノベルを、『ミッション:インポッシブル』シリーズやリブート版『スター・トレック』シリーズなどを大ヒットさせてきたスカイダンス・プロダクションが映画化した作品。同社がNetflixオリジナル映画を手掛けるのは『6アンダーグラウンド』に続いて2作目です。

 主人公は不死身の肉体を持つ無敵の傭兵部隊。数千年に渡る人類の歴史の舞台裏で、人知れず悪と戦ってきた彼らですが、ふとしたことからその正体が外部にバレてしまい、不老不死の秘密を探る巨大悪徳企業の実験台として狙われることとなります。その傭兵部隊のリーダー、アンディを演じるのがシャーリーズ・セロン。そのほか、全米の賞レースを席巻した名作『ビール・ストリートの恋人たち』(’18)で脚光を浴びた女優キキ・レイン、『それでも夜は明ける』(’15)でオスカー候補になったキウェテル・イジョフォー、『君と歩く世界』(’12)や『胸騒ぎのシチリア』(’15)で知られるベルギー人俳優マティアス・スーナールツ、ヴェネツィア国際映画祭の男優賞に2度輝くイタリアの名優ルカ・マリネッリ、ハリウッドでも活躍するベトナム人女優ベロニカ・グゥなど、国際的なキャストが揃います。

 監督は『ワン・オン・ワン ファイナル・ゲーム』(’00)や『リリィ、はちみつ色の秘密』(’08)などを手掛け、インディペンデント映画の世界で高い評価を受けてきた女性監督ジーナ・プリンス=バイスウッド。メジャー大作を演出するのは今回が初めてという彼女ですが、派手なアクションやスリル満点なストーリーの根底にある普遍的な人間ドラマを大事にしたいというプロデューサー陣の意向と、特定のジャンルに縛られないエンターテインメントを追求するジーナの作家性が合致しての起用だったそうです。物語の中心になるのが2人の女性で、しかもそのうちの1人が黒人という設定も監督が惹かれた理由なのだとか。撮影監督や編集者、特殊効果監修などのメイン・スタッフにも女性が多く起用され、従来のハリウッド産アクション大作とは一味違う映画に仕上がっています。

子どもと一緒に観たい!NETFLIX ネットフリックスでおすすめの面白い映画ランキングTOP25
次のページ : あらすじ

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  5枚

Writer info

なかざわ ひでゆき

'21年でキャリア30年目を迎える映画&海外ドラマ・ライター。旧ソ連モスクワ育ち。日...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/11/30 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 アン・ハサウェイ ホラー おすすめ映画まとめ ミステリー・サスペンス カメラを止めるな! バイオハザード スパイ・ゲーム(2001) ヴァージン・スーサイズ コットンクラブ

Pick Upピックアップ