映画board

もうすぐ第3作が公開!『ビルとテッドの大冒険』で知っておきたいオモシロ製作秘話6選

映画のアイディアは大学のワークショップで誕生した!

『ビルとテッドの大冒険』(1989年)は、歴史の授業で落第しかけた高校生のビルとテッドがタイムマシンに乗って過去を駆け巡り、ソクラテスやナポレオンといった偉人を現代に連れて来て試験の合格を目論む…という、ハチャメチャ爆笑コメディ映画。

本シリーズはクリス・マシスンとエド・ソロモンが脚本を手掛けているのですが、映画のアイディアは、1983年に二人がUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)で、数人の仲間と即興で寸劇を製作するワークショップに参加している時に誕生したのだとか。

ビルとテッドの大冒険

ビルとテッドの大冒険

1989年/アメリカ/0分

作品情報 / レビューはこちら

ある日、マシスンは歴史について何も知らない男が歴史を語る寸劇を披露することになり、ソロモンがテッド役でマシスンがビルを演じたのだそう。

そして、その寸劇ではビルとテッドだけでなく、ボブという3人目のキャラクターがいたのですが、同役を演じた人物は二人ほどプロジェクトに入れ込んでおらず、最終的にビルとテッドの二人になったのでした。

【光源vol.2】Podcastプロデューサー白井太郎、イラストレーター水元さきのにクリエイターの本質を聞く
次のページ : 主役2人のキャスティング秘話が笑える…!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  1枚

Writer info

Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳ライター。 小学生の時から洋画&洋...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/7/19 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ スパイダーマン:ホームカミング アクション ファンタジー ドラマ ゴジラ キング・オブ・モンスターズ マーベル ミステリー・サスペンス

Pick Upピックアップ