映画board

6/5公開『デッド・ドント・ダイ』のゾンビたちに夢中になれ!ジム・ジャームッシュ×アダム・ドライバー

あらすじ

© 2019 Image Eleven Productions Inc. All Rights Reserved.

舞台はアメリカの田舎町センターヴィル。警察署長のクリフ・ロバートソンと巡査のロニー・ピーターソンは町で起こる小さなトラブルの解決に勤しんでいた。しかし突然、町に異変が起こる。夜になっても太陽が輝き続け、クリフらは時計やスマートフォンの不調に気づいた。さらに動物たちにも異常行動が現れ、街全体に“何か”が起きていることが予感される……。その翌日、普段は平和なセンターヴィルの町で衝撃の事件が起きた。ダイナーの経営者であるファーンと女性店員が内臓を貪られた凄惨な姿で発見される。「野生動物のせいでは」と話すクリフに対して、ロニーは「ゾンビの仕業ではないか」と疑う。そしてその夜、ロニーの予想は当たり、ゾンビたちが町を埋め尽くすのであった……。

コーヒーゾンビ、Wi-Fiゾンビ、スマホゾンビ……現代社会を風刺した一風変わったゾンビの姿が光る。

『デッド・ドント・ダイ』は『コーヒー&シガレッツ』(2003年)、『パターソン』(2016年)などを手がけアメリカインディペント映画の巨匠であるジム・ジャームッシュが監督を務め、第72回カンヌ国際映画祭のオープニングを飾った作品である。そんな本作は、風刺と数々の名作ゾンビ映画・ホラー映画からのオマージュが魅力。さらに過去のジャームッシュ映画で活躍した“ジャームッシュファミリー”とも呼べる俳優・アーティストと織りなすアンサンブルは作品を跨いで観客を惹きつける。警察署長のクリフ・ロバートソンには『ゴーストバスターズ』シリーズのビル・マーレイが、巡査のロニー・ピーターソン役にはジャームッシュの前作『パターソン』でも主演を務めたアダム・ドライバーが抜擢された。

洋画| 今 Amazonプライムビデオで観たいおすすめの《ミュージカル映画》【心と耳に残る♪】
次のページ : 現代社会を映し出す多種多様なゾンビが登場! ジャームッシュがゾンビに込める想い

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  6枚

Writer info

Nana Numoto

ライター/プロップスタイリスト 映画やファッションライターとしていくつかの媒体で...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/8/3 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ ランキング 洋画 ジョーカー(2019) インターステラー 最強のふたり 編集部選(おすすめ映画特集) 50回目のファースト・キス(2004) フォレスト・ガンプ 一期一会 セクシー

Pick Upピックアップ