映画board

Birthday!

オ・ジョンセ

Netflixドキュメンタリー『サーカス・オブ・ブックス』から見る、ゲイポルノと社会

「サーカス・オブ・ブックス」から見たゲイカルチャーの歴史とは?

https://pmcvariety.files.wordpress.com/2020/04/circus-of-books-netflix.jpg?w=681&h=383&crop=1

『サーカス・オブ・ブックス』で印象的だったのは、政府が「ポルノは家族と社会を壊す」と宣言していた点です。
ポルノや同性愛を悪とみなす政府ですが、メイソン夫婦はポルノグッズを商売にしつつも、ゲイカルチャーとゲイを守り、彼らを支えていたことに間違いありません。

ゲイであるがゆえに、家族から見放された従業員の最後を看取る。そして家族を養うために真面目にお店を営む姿勢で営んできた夫婦が、家庭や社会を壊しているようにはとても見えないでしょう。

しかし、夫婦にはゲイカルチャーに関わることへ、一切の迷いがなかったわけではありません。カレンはユダヤ教徒の家庭で育ったこともあり、従業員がゲイであることは気にしなくても、自分の家族にゲイがいることはまた別問題でした。しかし、その問題と向き合わなければならないときがカレンに訪れます。

「サーカス・オブ・ブックス」は、インターネットの普及により商品が売れず、ゲイたちもアプリで出会うようになったため、客足は遠のいていきました。

しかし80年代にゲイカルチャーを支えた夫婦の努力もあって、今では同性婚を認める州が出るなど、少しずつですが良い方向に変化してきています。

ビジネスという名目があるとはいえ、同情するばかりではなく行動でLGBTQを支え続けたメイソン夫婦は、なんの変哲もないけれど人として偉大な存在と言えるかもしれません。

「いないいないばあっ!」歴代おねえさんまとめ|初代から現在(7代目)まで

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  5枚

Writer info

ヤマダ マイ

映画をメインにライター活動をしています。記事を読んで映画に興味を持ってもらえたら...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/2/22 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 おすすめ映画まとめ ラブロマンス ホラー ミステリー・サスペンス かっこいい かわいい ファッション あの人は今 邦画

Pick Upピックアップ