映画board
人気

それでもあなたはファストフードを食べますか?『スーパーサイズ・ミー』シリーズ感想、ネタバレあり

『スーパーサイズ・ミー』でモーガン・スパーロックが教えてくれたこと

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/S/sgp-catalog-images/region_JP/qwc2l-GYGWTCQM324-Full-Image_GalleryCover-en-US-1573204708106._UY500_UX667_RI_VUxd0C9Op4h47BJ5uXvj5XAZ9pvdpvz9_TTW_.jpg

『スーパーサイズ・ミー』は、モーガン・スパーロックの実験と同時進行で、ファストフード業界に潜む闇も暴いていきます。

ファストフード業界は利益を追求するあまり、国民の健康を無視するような経営戦略を展開。スパーロックがお店に出向いて、「商品の成分表を見せてほしい」と頼むと、ほとんどの店舗は成分表がどこにあるか分からない状態でした。

また、玩具をおまけで付けたり、お店と一緒に遊具を設置したりと、子どももターゲットに取り込んだことで、肥満や糖尿病になってしまう可能性も高まってしまいました。

なかでもショッキングだったのが、学校の給食にさえファストフード業界が進出していたこと。

日本では給食によって、栄養に気をつけた食事がある程度約束されています。しかしアメリカではバイキング形式となっており、生徒の多くはファストフードをチョイスしていました。牛乳とフライドポテトだけ取って「カルシウムと野菜でしょ?」と半ギレで答える生徒も…。

一方で、不登校など問題を抱える生徒が通う学校では、低脂肪・低糖質など体に良い食事を提供するように。その結果、問題を起こすどころか、授業にも積極的になるなど、あらゆる面で良い結果が出ていたことが分かりました。ファストフード業界が利益を追求するほど、国民の健康は失われ、子どもたちの未来も危ぶまれるという負の循環が完成してしまうのです。

ドキュメンタリーのラストではマクドナルドが(申し訳程度に)健康志向になり始め、今の日本のマックも産地を明確にしたりしています。
しかしこのドキュメンタリーが公開されたのは2004年。果たして今のファストフード界はどうなったのでしょうか?その答えを知るために、再びスパーロックがとんでもない企画を考えます。

【観て損なし!】出会ってよかったと満足できるおすすめアニメ50選 (2021年版)
次のページ : 『スーパーサイズ・ミー』に続編が登場!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  6枚

Writer info

ヤマダ マイ

映画をメインにライター活動をしています。記事を読んで映画に興味を持ってもらえたら...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Koutarou Kurimoto

2021/10/04 19:19

試写会行きました!

5

「神在月のこども」

ひろぴ

2021/09/15 14:56

日本人は先祖の国籍

4

「GO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/10/11 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 おすすめ映画まとめ 邦画 アクション ドラマ ミステリー・サスペンス スパイダーマン:ホームカミング ホラー ゴジラ キング・オブ・モンスターズ コメディ

Pick Upピックアップ