映画board

自粛明けに絶対観たい!公開が待ち遠しい作品16選

自粛明けに観たい映画 No.1『デッド・ドント・ダイ』4月3日→6月5日(金)

鬼才ジム・ジャームッシュがビル・マーレイとアダム・ドライバーを主演にメガホンをとったゾンビコメディ。アメリカの田舎町センターヴィルにある警察署に勤務するロバートソン署長とピーターソン巡査、モリソン巡査は、他愛のない住人のトラブルの対応に日々追われていた。しかし、ダイナーで起こった変死事件から事態は一変。墓場から死者が次々とよみがえり、ゾンビが町にあふれかえってしまう。3人は日本刀を片手に救世主のごとく現れた葬儀屋のゼルダとともにゾンビたちと対峙していくが……。ジャームッシュ作品常連のマーレイ、「パターソン」に続きジャームッシュ組参加となるドライバーのほか、ティルダ・スウィントン、クロエ・セビニー、スティーブ・ブシェーミ、トム・ウェイツ、セレーナ・ゴメス、ダニー・クローバー、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、イギー・ポップらが顔をそろえる。2019年・第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品。

出典元:https://eiga.com/movie/91128/

デッド・ドント・ダイ

デッド・ドント・ダイ

2019年/アメリカ/104分

作品情報 / レビューはこちら

ジム・ジャームッシュ監督がまさかのゾンビ映画を作ったと話題になった本作。刀を振るうティルダ・スウィントンやコーヒー・ゾンビなど、『ゴースト・ドッグ』(99)、『コーヒー&シガレッツ』(03)など、ジャームッシュ監督の過去作にちなんだ演出も垣間見えます。いい意味で緊張感のないゾンビたちに、溜まった自粛ストレスも浄化してくれそう。

自粛明けに観たい映画 No.2『フェアウェル』4月10日→近日公開

中国で生まれアメリカで育ったルル・ワン監督が自身の体験に基づき描いた物語で、祖国を離れて海外で暮らしていた親戚一同が、余命わずかな祖母のために帰郷し、それぞれが祖母のためを思い、時にぶつかり、励まし合うながら過ごす日々を描いたハートウォーミングドラマ。ニューヨークに暮らすビリーは、中国にいる祖母が末期がんで余命数週間と知らされる。この事態に、アメリカや日本など世界各国で暮らしていた家族が帰郷し、親戚一同が久しぶりに顔をそろえる。アメリカ育ちのビリーは、大好きなおばあちゃんが残り少ない人生を後悔なく過ごせるよう、病状を本人に打ち明けるべきだと主張するが、中国に住む大叔母がビリーの意見に反対する。中国では助からない病は本人に告げないという伝統があり、ほかの親戚も大叔母に賛同。ビリーと意見が分かれてしまうが……。「オーシャンズ8」「クレイジー・リッチ!」のオークワフィナが祖母思いの孫娘ビリーを演じる。

出典元:https://eiga.com/movie/91618/

フェアウェル

フェアウェル

2019年/アメリカ/100分

作品情報 / レビューはこちら

今最も注目を浴びている製作会社「A24」が送る、中国を舞台に描いたファミリードラマ。主人公ビリーには、『オーシャンズ8』(18)にも出演するオークフィナが抜擢されました。国によって異なる命の価値観の描き方にも注目が集まります。

自粛明けに観たい映画 No.3『WAVES/ウェイブス』4月10日→7月10日(金)

「イット・カムズ・アット・ナイト」のトレイ・エドワード・シュルツが監督・脚本を手がけた青春ドラマ。ある夜を境に幸せな日常を失った兄妹の姿を通し、青春の挫折、恋愛、親子問題、家族の絆といった普遍的なテーマを描く。フロリダで暮らす高校生タイラーは、成績優秀でレスリング部のスター選手、さらに美しい恋人もいる。厳格な父との間に距離を感じながらも、何不自由のない毎日を送っていた。しかし肩の負傷により大切な試合への出場を禁じられ、そこへ追い打ちをかけるように恋人の妊娠が判明。人生の歯車が狂い始めた彼は自分を見失い、やがて決定的な悲劇が起こる。1年後、心を閉ざした妹エミリーの前に、すべての事情を知りながらも彼女に好意を寄せるルークが現れる。主人公タイラーを「イット・カムズ・アット・ナイト」のケルビン・ハリソン・Jr.、ルークを「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のルーカス・ヘッジズがそれぞれ演じる。

出典元:https://eiga.com/movie/92257/

WAVES ウェイブス

WAVES ウェイブス

2019年/アメリカ/135分

作品情報 / レビューはこちら

ミュージカル映画を超えた"プレイリスト・ムービー"というだけあり、公式サイトでは本編に先行して、作中で流れる楽曲を聴くことができるようになっています。グザヴィエ・ドラン監督の『Mommy マミー』(14)をより鮮やかにしたようなビジュアルも印象的。監督の過去作が人間不信になること必至の『イット・カムズ・アット・ナイト』(17)というギャップにもシビレます。

自粛明けに観たい映画 No.4『超擬態人間』4月24日→10月30日(金)

「狂覗」の藤井秀剛監督が、赤子を抱える男の幽霊を描いた伊藤晴雨による幽霊画「怪談乳房榎図」に着想を得て、幼児虐待をテーマに描いたホラー。いつものように朝を迎え、目を覚ました風摩と蓮の親子は、いつもと違う異変にすぐに気が付いた。2人が目を覚ました場所、それは深い森の中だった。一方その頃、結婚式を控えたカップルと新婦の父親を乗せた車がなれない山道で方向を見失い、山中で車が故障してしまう。やがて結びつく2つの話。それが意味するのは世界崩壊の始まりだった。

出典元:https://eiga.com/movie/91829/

超擬態人間

超擬態人間

2018年/日本/80分

作品情報 / レビューはこちら

幼児虐待とスプラッターホラーというジャンルを混ぜてしまった、凶暴かつ過激な本作。ホラー映画ならではの演出はもちろん、細かい設定や伏線の回収なども多数。極めつけはどんな生活をしたらそんなゴア描写を思いつくのか?と言いたくなるほどのグロシーン。自粛明けは、あえて過激な映画を見てストレス発散するのもいいかも知れません。

自粛明けに観たい映画 No.5『水曜日が消えた』5月15日→6月19日(金)

中村倫也が、で曜日ごとに入れ替わる7つの人格を持った男を演じた主演作。幼い頃の交通事故により、曜日ごとに性格も個性も異なる7人が入れ替わる「僕」。彼らは各曜日の名前で呼び合っているが、中でも「火曜日」は一番地味で退屈な存在で、他の曜日から家の掃除など面倒なことを押し付けられる損な役回りだった。しかし、ある時、1日を終えてベッドに入った「火曜日」が、水曜日に目を覚ます。僕の中の「水曜日」が消え、「火曜日」は水曜日を謳歌するが、その日常は徐々に恐怖へと変わっていく。中村が7つの人格を持つ主人公を演じるほか、石橋菜津美、元「乃木坂46」の深川麻衣、きたろう、中島歩、「ゲスの極み乙女。」の休日課長などが顔をそろえる。MVやCM、短編作などで注目される吉野耕平の初の長編監督作。

出典元:https://eiga.com/movie/91955/

水曜日が消えた

水曜日が消えた

2020年/日本/104分

作品情報 / レビューはこちら

自身を「ミミックオクトパス俳優」と称する中村倫也が1人7役に挑戦。多重人格をテーマにした作品は、サイコスリラーやホラーと言ったおどろおどろしいものになりがちですが、本作は幻想的なドラマ映画に仕上がっています。多重人格モノの概念を変える、革新的な作品かもしれません。

自粛明けに観たい映画 No.6『その手に触れるまで』5月22日→6月12日(金)

「ある子供」「ロルナの祈り」「少年と自転車」などカンヌ国際映画祭で受賞を重ねてきたベルギーのダルデンヌ兄弟が、過激な宗教思想にのめりこみ教師を殺害しようと試みた少年の姿を描き、2019年の同映画祭で監督賞を受賞した人間ドラマ。13歳のアメッドはどこにでもいるゲーム好きな普通の少年だったが、尊敬するイスラム指導者に感化され、次第に過激な思想にのめりこんでいく。やがて学校の先生をイスラムの敵だと考えはじめたアメッドは、先生を抹殺しようと企むが……。これまでにカンヌ国際映画祭で2度のパルムドール(「ロゼッタ」「ある子供」)と脚本賞(「ロルナの祈り」)、グランプリ(「少年と自転車」)を受賞してきたダルデンヌ兄弟にとって、初のカンヌ監督賞受賞作となった。

出典元:https://eiga.com/movie/91132/

その手に触れるまで

その手に触れるまで

2019年/ベルギー=フランス/84分

作品情報 / レビューはこちら

雇用問題を捉えた『サンドラの週末』(14)や、少女を見殺しにし、その罪の意識に苛まれる医者を描いた『午後8時の訪問者』(16)のダルデンヌ兄弟が、またしてもシリアスなテーマを題材に描いた本作。色んなことに感化されやすい少年の心境を、緊張感溢れる演出で描いていることに期待したいです。

自粛明けに観たい映画 No.7『鵞鳥湖の夜』5月29日→近日公開

「薄氷の殺人」で第64回ベルリン国際映画祭金熊賞を受賞した中国の気鋭ディアオ・イーナン監督が、中国社会の底辺で生きる人間たちの現実を鮮烈な映像で描いたノワールサスペンス。2012年、中国南部。再開発から取り残された鵞鳥湖(がちょうこ)周辺の地区で、ギャングたちの縄張り争いが激化していた。刑務所を出て古巣のバイク窃盗団に戻った男チョウは、対立組織との争いに巻き込まれ、逃走中に誤って警官を射殺してしまう。全国に指名手配された彼は、自身にかけられた報奨金30万元を妻子に残すべく画策。そんな彼の前に、見知らぬ女アイアイが妻の代理としてやって来る。鵞鳥湖の水辺で娼婦として生きる彼女と行動をともにするチョウだったが、警察や報奨金強奪を狙う窃盗団に追われ、後戻りのできない袋小路へと追い詰められていく。「1911」のフー・ゴーが主演を務め、「薄氷の殺人」のグイ・ルンメイ、リャオ・ファンが共演。2019年・第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品。

出典元:https://eiga.com/movie/91134/

鵞鳥湖の夜

鵞鳥湖の夜

2019年/中国=フランス/111分

作品情報 / レビューはこちら

『薄氷の殺人』(14)を手掛けたディアオ・イーナン監督による待望の新作。前作を超えるバイオレンス描写に、鮮やかなネオンが印象的なノワール作品となっています。特にアクションシーンは独特のカット割りやスピード感があり、独特の雰囲気を感じさせる良作です。

【あの人は今】竹内涼真主演『仮面ライダードライブ』キャストの当時と現在の活躍に迫る!
次のページ : 6月公開予定の期待作をまとめました!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  2枚

Writer info

ヤマダ マイ

映画をメインにライター活動をしています。記事を読んで映画に興味を持ってもらえたら...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/4/19 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Popular Tags人気のタグ

あの人は今 洋画 ホラー おすすめ映画まとめ ミステリー・サスペンス アクション セクシー アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 邦画 アメコミ

Pick Upピックアップ