映画board

【人気ホラー映画シリーズ・ガイド】File1:『エクソシスト』全5作

<『エクソシスト2』(1977)>

http://2.bp.blogspot.com/-GE3XZ3umQKc/UbqY-y2v6MI/AAAAAAAAf4c/tSBT3H35E3g/s1600/Exorcist+II+poster+2.jpg

 世界的な社会現象となった名作『エクソシスト』の待望の続編でありながら、批評的・興行的にも歴史的な惨敗を喫してしまった作品。当時は「史上最もバカバカしいメジャー映画」「この映画に関わった人々は未来永劫そのことを恥じるべきだ」などと評論家からコテンパンに酷評され、前作のウィリアム・フリードキン監督からも「今まで見たことのないようなクソ映画」とこき下ろされてしまう始末。前作でブレイクして以来これといったヒットに恵まれなかったリンダ・ブレアは、久々にリーガン役を演じる本作に起死回生を賭けていましたが、残念ながら失敗に終わったことでキャリアが迷走することになります。しかし、それから40年以上を経るうちにだんだんとその真価が認められ、今では熱心なホラー映画マニアから隠れた名作とも呼ばれるように。実際、独特のユニークな世界観と味わいのある作品で、決して劇場公開時にバッシングされたような駄作ではないと思います。

 あの悪魔憑き事件から4年。ニューヨークで舞台女優を目指しているリーガン(リンダ・ブレア)は、その傍らで主治医の精神療法士タスキン博士(ルイーズ・フレッチャー)からセラピー治療を受けています。そこへ現れたのが、カトリック教会の枢機卿(ポール・ヘンリード)から、亡き恩師メリン神父(マックス・フォン・シドー)の行った悪魔祓いの調査を依頼されたラモント神父(リチャード・バートン)。タスキン博士の開発した同調催眠装置でリーガンの記憶を調べたところ、同席したラモント神父は彼女の内部にまだ悪魔パズズが潜んでいることに気付きます。博士の反対を押し切ってリーガンの記憶を探ったラモント神父は、かつてメリン神父がアフリカで出会った少年コクモに悪魔パズズと対抗する不思議な力があることを知り、大人になったコクモ(ジェームズ・アール・ジョーンズ)と会うためアフリカへ向かいます…。

 監督はアドベンチャー映画『脱出』(’72)でアカデミー賞の作品賞・監督賞にノミネートされた名匠ジョン・ブアマン。本作では人類および宗教のルーツであるアフリカ大陸にまで信仰心の根源を遡りつつ、大いなる善はそれゆえに悪を惹きつけるのではないか?という疑問が投げかけられます。世の中には様々な悪意が満ち溢れており、それは常に善人を堕落させようと近寄ってくる。つまり、リーガンのような善人は生まれ持って悪意と対峙し克服することを宿命づけられているという仮定のもと、揺るぎない信仰心の悪魔に対する勝利が描かれているわけです。そういう意味で、前作『エクソシスト』よりもさらに宗教色が強く、それゆえにブアマン監督はあえてフリードキン監督とは全く異なるアプローチを取っています。その語り口はどことなく抒情的でビジュアルの世界観も多分に幻想的。大御所リチャード・バートンやオスカー女優ルイーズ・フレッチャー、『カサブランカ』(’42)のポール・ヘンリードなど、ハリウッドのビッグネームを配したキャスティングも前作とは対照的。ショッキングな描写も陰を潜めており、それゆえに「期待外れだ」と感じた観客が多かったのかもしれません。巨匠エンニオ・モリコーネによる音楽スコアも素晴らしい!

PR | Paravi独占配信オリジナルドラマ『東京、愛だの、恋だの』大人女子へ贈る恋愛の“処方箋”【ネタバレあり】
次のページ : <『エクソシスト3』(1990)>

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

杉山すぴ豊

2020/04/19 23:56

すぴ豊です。
TV放映は岸田森さんの吹き替えでしたよね?
あの「3」の大きなハサミが本当に怖かった。
あとバッタの大群のニュースきくたびに「2」思い出します。

1いいね

違反申告

なかざわ ひでゆき

2020/04/20 03:46

どうも!ご無沙汰してます!
岸田森さん、カラス神父ですよね!中西妙子さんも懐かしいです。
『エクソシスト3』、そうなんですよ!
自分はあの真夜中の静まり返った病院の廊下で、これでもかと焦らしに焦らしまくった挙句の、巨大なハサミを持った白衣の人がドーン!という、本当にあの一瞬に賭けた溜めの恐怖演出に痺れました。
「エクソシスト2」はバッタの大群も然ることながら、狭い崖の隙間を登っていくシーンで、足を踏み外した山岳ガイドが下へ落ちて絶命するまでを克明にカメラで追ったシーンに、ブアマンの意地悪さを感じて戦慄しました(笑)。

0いいね

違反申告


この記事の画像  6枚

Writer info

なかざわ ひでゆき

'21年でキャリア30年目を迎える映画&海外ドラマ・ライター。旧ソ連モスクワ育ち。日...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Koutarou Kurimoto

2021/10/04 19:19

試写会行きました!

5

「神在月のこども」

ひろぴ

2021/09/15 14:56

日本人は先祖の国籍

4

「GO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/10/18 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 おすすめ映画まとめ アクション 邦画 ドラマ ミステリー・サスペンス ホラー スパイダーマン:ホームカミング ゴジラ キング・オブ・モンスターズ コメディ

Pick Upピックアップ