映画board
人気

【2021年】Amazonプライムビデオで観るおすすめ邦画ランキングTOP35

Amazonプライムビデオで観るおすすめ邦画ランキング

Amazonプライムビデオで配信中の日本映画をランキング!
邦画ばかりを集めた作品のランキングを作成しました。
本作にてランキングの指標に参照したのは、キネマ旬報が運営するKINENOTE。
日本映画を紹介するなら日本の映画サイトを!、と思い本ランキングの指標に採用しました。
KINENOTEの特徴としては、9万作品&33万人を収録した日本最大級の映画データベースとなるのが大きな特徴です。
この指標を参照に膨大な量がある、Amazonプライムビデオで配信中の邦画を順位付け。
本当に面白い日本映画は、果たしてどの作品?

No.35:シグナル100

シグナル100

シグナル100

2020年/日本/88分

作品情報 / レビューはこちら

★KINENOTE:53.3

2020年1月に公開した、サイコホラー『シグナル100』。
橋本環奈主演の、いわゆるジュブナイルホラーをベースにしたサイコサスペンス的作品。
宮月新原作、近藤しぐれ作画で『ヤングアニマル』にて連載されていた、漫画が原作となる。
教師に自己催眠をかけられ、複数のシグナル(特定の動作または所作、行動)をきっかけに死に至らしめると言う不可避な状況下で、生き延びるためにもがいて行く高校生たちを描いていく。
橋本環奈ほか、注目の若手俳優が多数出演していて、青田買いチェックには最適。
新型コロナウィルスの影響で中止になってしまいましたが、海外の映画祭に招待されていた注目作品です。

No.34:ブラック会社に勤めてるんだが、俺はもう限界かもしれない

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

2009年/日本/104分

作品情報 / レビューはこちら

★KINENOTE:62.4

電車男と同様に、インターネット情にある電子掲示板”2ちゃんねる”のスレッドで語られていたことがそのまま書籍化し、映画となった作品。
『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』は、その名の如くブラック会社に勤める主人公、マ男の物語で、ブラック会社の勤務形態がどれだけブラックなのか…
ではなく、マ男がなぜこの会社に勤め、限界に至ったのか…
その経過を追う物語。
マ男を小池徹平、その他、品川祐、田辺誠一などが魅力あふれるブラック会社に勤める会社員を演じる。
ヒロインは、マイコ。
2009年公開の、戦うサラリーマンに贈りたい作品。

No.33:となりの怪物くん

となりの怪物くん

となりの怪物くん

2018年/日本/105分

作品情報 / レビューはこちら

★KINENOTE:63.5

菅田将暉×土屋太鳳の青春恋愛映画、『となりの怪物くん』。
2008年から『デザート』で連載されていた漫画作品を原作とする映画で、ぶっきら棒で乱暴者の吉田 春を菅田将暉が、真面目で目標に突き進みたい水谷雫を土屋太鳳が演じます。
その他にも、池田エライザや速水もこみち、山田裕貴、浜辺美波など注目の俳優が出演。
乱暴者の春が雫との出会いで大きく変わり、それにより雫の人生にも影響を及ぼしていく、キラキラの学園生活を舞台に2人の関係性を描いた青春映画です。

No.32:屍人荘の殺人

屍人荘の殺人

屍人荘の殺人

2019年/日本/119分

作品情報 / レビューはこちら

★KINENOTE:64.2

2019年公開のミステリー作品『屍人荘の殺人』。
今、この時代に典型的なミステリーは描かないだろう…
という期待を見事に答えている作品で、トリックや話の展開は従来の王道ミステリーとも言えるもの。
しかしこの作品が従来のものと大きく異なるのが、まさかのゾンビ・パニックを絡めている点。
ゾンビ・パニックが起きている中で展開していくミステリーというのが、とても新しくスリリングに楽しめるのが新感覚です。
主演は、神木隆之介と浜辺美波。
原作は、作家・今村昌弘のデビュー作品となる。
小説らしさが光る、凝ったトリックなどは必見となるミステリー好きには堪らない物語です!

No.31:ぼくらの七日間戦争

ぼくらの七日間戦争(1988)

ぼくらの七日間戦争(1988)

1988年/日本/94分

作品情報 / レビューはこちら

★KINENOTE:65.4

宮沢りえの女優デビュー作となる、1988年公開の映画『ぼくらの七日間戦争』。
2019年には、30年後が舞台となるアニメ映画が公開されたことでも記憶に新しい作品。
その原作は、1985年に発表された小説で、作者は宗田理。
大人が決めたルールに反抗する少年たちを描いた青春映画で、フレッシュな宮沢りえの魅力が今見ると逆に新鮮に感じます。
その他、佐野史郎や賀来千香子なども30年前の若い姿を拝めます。
音楽には小室哲哉も参加しており、80年代の青春映画の傑作のひとつです!

No.30:太陽は動かない

太陽は動かない

太陽は動かない

2020年/日本/110分

作品情報 / レビューはこちら

★KINENOTE:66.1

日本映画の中では、とても珍しいハリウッド級のスパイ・アクション映画『太陽は動かない』。
ハリウッド映画並みの海外ロケを敢行し、世界を飛び回るスパイらしさが光る作品。
主演は藤原竜也で、佐藤浩一に竹内涼真、市原隼人など豪華な出演陣も話題に。
この企画は、原作は小説ながらWOWOWのドラマ企画で、映画の後に前日譚となる作品が放映されています。
物語は、AN通信という表向きはニュース配信を行う会社、その実態は産業スパイで様々な諜報活動をし、その情報を企業に売ることを目的とした組織。
そのAN通信の諜報員の1人、鷹野一彦を主人公に彼がなぜスパイになったのか、若かりし頃を振り返りながら、壮絶なスパイ活動を描く。
日本映画らしからぬ、ハリウッドクラスの本格スパイ・アクション映画は、邦画ファンならずともチェックしておきたい作品です。

No.29:orange -オレンジ-

orange オレンジ

orange オレンジ

2015年/日本/139分

作品情報 / レビューはこちら

★KINENOTE:67.8

一見、作品のイメージからただの青春ラブストーリーと思いきや、まさかのSF展開から、熱く涙無しでは観られない感動の作品として評価の高い『orange -オレンジ-』。
原作の舞台である、長野県松本市で全編ロケを行い撮影された本作は、土屋太鳳と山崎賢人が主演となる。
原作は、『別冊マーガレット』で連載された後、出版社を変えても連載がされ、世界でも翻訳版が出るなど、非常に人気の高い漫画作品。
主演の他には、『モンスターハンター』でハリウッドデビューを飾った山崎紘菜や、桜田通、真野恵里菜など人気俳優が多数出演する、熱い青春モノ。
未来の自分からの手紙によって、主人公の高宮 菜穂が大切な人を救うべく奮闘する姿を描く。

No.28:家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

2018年/日本/115分

作品情報 / レビューはこちら

★KINENOTE:68.8

TEAM NACKSの安田顕と榮倉奈々が夫婦役を演じる作品、『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』。
この作品は、今までになかった背景を切り取ったもので、2ちゃんねるでもなく漫画でも小説でもないヤフー知恵袋でされた質問から話題になった出来事を題材にした映画です。
ヤフー知恵袋でされた質問から、多くの人から注目され、その後ブログで経緯を説明したもの。
それが話題になり、この出来事を曲にしたりなど、大きな話題へと発展していきました。
この映画は、そんな実際にあった質問から着想を得て製作され、映画の中のエピソードは本当の出来事も多く盛り込んでいるのが特徴です。
頭に矢が刺さったまま料理をしているなどは、実際にあった出来事なのだとか…
こんな夫婦が本当にいるなんて‥想像もつかないけど、なんとも微笑ましい作品です。

No.27:世界から猫が消えたなら

世界から猫が消えたなら

世界から猫が消えたなら

2016年/日本/103分

作品情報 / レビューはこちら

★KINENOTE:69.9

佐藤健主演の、感動のファンタジー作品『世界から猫が消えたなら』。
原作は、川村元気の同名小説。
佐藤健と宮崎あおいが出演。
主人公の男性の人生を、何かを無くすことでそれにまつわる過去をベースに描いていく感動のストーリー。
あらすじは以下にて。

映画が好きで電話だとよく喋る、郵便局員の男が主人公。
しかしある時、自分の命の時間が残り少ないことを知る。
家に帰ると現れたのは、姿形が全く自分と同じ悪魔と名乗る男性。
命の時間を1日伸ばす代わりに、何かを無くすという。
先ずは電話。
彼は、最後に電話をしたい人に会いにいくことにする…

No.26:イニシエーション・ラブ

https://www.toho.co.jp/movie/initiationlove_thumb_sashikae2.jpg

イニシエーション・ラブ

イニシエーション・ラブ

2015年/日本/110分

作品情報 / レビューはこちら

★KINENOTE:70.2

2015年に公開した話題作、『イニシエーション・ラブ』。
小説だからそ、仕掛けられるトリックを映像でどう表現するのかに注目が詰まっていました。
基本は、ひとりの女性の恋愛模様を描いた作品ですが、そのトリックからミステリーとしても、高い評価を獲得している名作です。
監督は堤幸彦、主演は松田翔太ではありますが、物語の中心は相手役となる前田敦子の恋愛模様を中心に描いていきます。
原作小説と同じように、この作品はSide-A、Side-Bからなる2部構成。
前田敦子演じるマユの、2つの恋愛を描いていきます。
原作では文字だけで語られていくため、これが2つの恋愛であったというのが最大のトリックとなっていましたが、映画では2部とも違う俳優が演じているので、それが違和感に…
とても巧妙にできた映画でしたが、原作ファンからは賛否両論となった名作恋愛ミステリーです。

No.25:いぬやしき

いぬやしき

いぬやしき

2018年/日本/127分

作品情報 / レビューはこちら

★KINENOTE:70.4

日本のコミック原作のアクショねいがでは、もはやお馴染みとも言える佐藤信介監督の作品『いぬやしき』。
『GANTZ』でもコンビだった奥浩哉原作の漫画の実写映画化となる。
主演は、木梨憲武と佐藤健。
冴えない定年間近の男性犬屋敷壱郎を、木梨憲武が見事なまでに再現しています。。
この犬屋敷が、隕石の衝突で突如としてサイボーになってしまうというSFアクション映画です。
CGで壮大なアクションを再現した、日本映画らしからぬスペクタクル作品。

No.24:コーヒーが冷めないうちに

コーヒーが冷めないうちに

コーヒーが冷めないうちに

2018年/日本/117分

作品情報 / レビューはこちら

★KINENOTE:70.4

舞台として製作された人気の演目を小説にした作品の、実写映画化となる『コーヒーが冷めないうちに』。
監督は塚原あゆ子が務め、有村架純主演。
吉田羊、伊藤健太郎、石田ゆり子らが出演。
とある喫茶店フニクリフニクラでは、まことしやかにささやかれている都市伝説がありました。
その都市伝説をめぐる群像劇となるのが、本作の大筋のストーリー。
その都市伝説とは、この喫茶店フニクリフニクラでは、過去に行けるという噂。
その真意は…
この喫茶店の中でならば、過去にも未来にも行けるというもの。
いくつかのルールのもと、過去に戻りたい人々はその都市伝説を信じて訪れていました。
過去に行けるからと言って、起きてしまった事実は変えられません。
それでも過去に行って、自分の気持ちに整理を付けたい様々な人々を描いた心を揺さぶる人情深い作品です。

No.23:惡の華

惡の華

惡の華

2019年/日本/127分

作品情報 / レビューはこちら

★KINENOTE:70.8

思春期の穿った感情をまざまざと描き、厨二病を拗らせた青春映画となる『惡の華』。
伊藤健太郎と玉城ティナがW主演。
その他には、秋田汐梨、飯豊まりえなど注目の若手女優もラインナップ!
『別冊少年マガジン』で、押見修造作で連載されていた漫画の実写映画化作品。
若い頃特有の鬱憤とした、漠然な想いを見事に映像化し繊細な思春期を大胆に、時にエロティックにも描く衝撃作品!

No.22:旅猫リポート

旅猫リポート

旅猫リポート

2018年/日本/118分

作品情報 / レビューはこちら

★KINENOTE:71.0

福士蒼汰主演の、猫との絆を描いた感動の物語『旅猫リポート』。
猫のナナの声を、高畑充希がコミカルに可愛く表現しているのも、必見ならぬ必聴の作品。
物語は、とある事情から猫のナナを手放すことになってしまった優しき猫好きの青年サトル。
ナナの里親の打診をかつての友人たちに掛け合い、彼らの元を尋ねていくサトルとナナのふたり旅を描く。
ある意味でのロード・ムービー的作品でもある本作は、サトルとナナの絆の深さを描いた感動を呼ぶ心温まる映画です。

No.21:サバイバルファミリー

サバイバルファミリー(2017)

サバイバルファミリー(2017)

2017年/日本/117分

作品情報 / レビューはこちら

★KINENOTE:71.2

小日向文世×深津絵里で贈る、異色のロード・ムービー『サバイバルファミリー』。
団地に住み、至って普通の家庭を築く、娘と息子合わせて4人の鈴木一家。
突如として謎の大停電に見舞われ、西日本は電気が通っているという噂を信じ、東京脱出する様を描いた日本ではとても珍しいロードムービー。
しかしながら、監督は『スウィングガールズ』などを手がけた矢口史靖が務める。
この監督がただのロードムービーを撮るわけもなく、痛快で笑えるサバイバル映画になっています。

【ランキングboard】あなたが選ぶナンバーワンは?
次のページ : 20位〜11位

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  2枚

Writer info

ユキムラユキオ

映画好きです。とにかく映画が好きなんです。1日1映画鑑賞をモットーに生きてます。

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Koutarou Kurimoto

2021/10/04 19:19

試写会行きました!

5

「神在月のこども」

ひろぴ

2021/09/15 14:56

日本人は先祖の国籍

4

「GO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/10/11 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 おすすめ映画まとめ 邦画 アクション ドラマ ミステリー・サスペンス スパイダーマン:ホームカミング ホラー ゴジラ キング・オブ・モンスターズ コメディ

Pick Upピックアップ