映画board

Birthday!

秋吉久美子

【ピース又吉原作】夢と現実の狭間で揺れ動く男女の不器用で儚い純愛『劇場』

思い描いた夢との向き合い方

夢を追うことは素晴らしいことだと人は言う。そういった風潮がいつの頃からか当たり前のように存在している。でも、それは夢を叶えられた人達だけが発せられる言葉なのではないだろうか。はじめから夢など抱かなければ、辛い思いもせずに済む。高望みすることなく身の丈に合った生き方を選ぶことができれば、大切な人に余計な心配や迷惑をかけることも少なくなる。しかし、その道理が分かっていながらも、人は夢を追わずにはいられない。一度思い描いてしまった夢を、そう簡単には手放せない。

©2020「劇場」製作委員会

若い内は、夢に向かって駆け出し始めた頃は、根拠のない自信が、将来への期待が、自身に宿る可能性の片鱗が、全てに勝る。けれど、年齢を重ねれば重ねる程に、自身の才能の無さに気が付く度に、何も成せていない自分を自覚する度に、他者から慰められたり励まされたりする度に、惨めにもなっていく。己の器の大きさや限界を目の当たりにすれば、足踏みだってしてしまう。そこで踏ん切りをつけたり軌道修正できる人ならまだ良いが、それすら叶わず、何の当ても策も持たないまま漠然と夢にしがみ続けてしまう人も中にはいる。どこで諦めるのか、どこで高望みを捨てるのか、どこで身の丈に合った生き方を選ぶのか。終了の笛は誰も鳴らしてはくれない。自分の人生に責任を持てるのは自分だけ。確かな努力や行動なくして道は切り拓かれないのも重々承知の上だが、長い人生、一発逆転が起きないとも言い切れない。そんな限りなく0に近い可能性に期待を抱き、夢がもたらす呪縛に囚われもしてしまう。一度夢を思い描いたが最後、叶えば天国だが、叶わない時間が延々と続いていけば地獄にだってなっていく。

©2020「劇場」製作委員会

どんな選択をするにせよ、最終的には自己責任。自分のケツを自分でふけるのであれば、何の問題もない。ただ、他力本願で生きていたのだとしたら、誰かの支えがあることで夢に縋っていられるのだとしたら話は別。頼りにしている誰かが音を上げてしまえば、己の意思とは関係なく、そこで何もかもが終了してしまう。永田の場合、その対象は沙希であり、その事実から目を逸らし続けてばかりいた。そんな彼の姿を愚かだと思うのか、他人事では済ませられないと思うのかは人それぞれなのだが、あなたの場合は一体どちらだろう。「いつまでもつだろうか」、一度でもこの言葉を背負っていたことがある人ならば、少なからず彼の心に寄り添うことはできるはず。それが正しいことだとも思わないが、夢追い人ならば、身に覚えのあることなのではないだろうか。

【続きが気になっても安心!】最後まで一気に読める完結漫画おすすめランキングTOP30
次のページ : 後悔と共に生きていく

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

高桑 ムツ子

2020/04/06 11:36

又吉さんの処女作は余り好みでなかったが、本は読んでいませんが映画に興味があります

1いいね

違反申告


この記事の画像  10枚

Writer info

ミヤザキタケル

1986年、長野県生まれ。 2015年より「映画アドバイザー」として活動を始める。 WOWOW...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/7/26 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 おすすめ映画まとめ 邦画 アクション ミステリー・サスペンス ファンタジー ドラマ スパイダーマン:ホームカミング かわいい アメコミ

Pick Upピックアップ