映画board

人気

【ネタバレ】『ミッドサマー』の秘密を知りたいか? 〜 陽光の下で紡がれる計算された狂気 〜

製作陣の狡猾なやり口

A24

 『ミッドサマー』で語られる物語は決して魅力的とは言えない。不自然なまでの陽光の中、対比されるが如く描かれる陰鬱とした物語は、確かに一度観たら忘れがたいものだ。だが、多くの鑑賞者が行き付くところは「これは映画は癒やしである」というもの。なぜなら、これも多くの批評家が論じているように、家族の喪失と失恋の苦痛を乗り越えていく様を非常に端的に描いているからだ。はっきり言ってしまえば、よくある人間ドラマなのである。だから監督のアリ・アスターが「これはホラー映画ではない」というのもうなずける。だが、『ミッドサマー』の面白さは物語ではなく、それを紡ぐ手法にある。その手法が紛れもなくホラーであり、恐ろしいものなのだ。そのやり口は『ヘレディタリー/継承』と殆ど同じものだが、プロデューサーのパトリック・アンダーソンが作り出したホルガ村という特殊な舞台を得たことによりブーストされ、より狡猾になっている。
 観客は鑑賞中、不安で鬱々とした気分に苛まれる。その“鬱”具合は、老人の自決場面で一気に跳ね上がり、主人公ダニとそのボーイフレンド、クリスチャンの2人が一言も会話することなく、関係を“精算”する最終局面まで続く。
 ところがラストシーンのダニの笑顔を観た瞬間、全ての感情が反転する。彼女は彼女を縛っていた全てのシガラミから解放され、とびきりの笑顔を見せるのだ。この笑顔に観客たちの不安で鬱々とした感情は一気に幸福へと昇華。異様なまでの高揚感に我を忘れる事になる
。この高揚感には、ちょっとした秘密がある。『ミッドサマー』は、観客の気づかぬ所に様々な仕掛けがしてあるのだ。この仕掛けが『ミッドサマー』の魅力なのである。

※筆者は海外版でしか観賞しておらず、日本版の観賞、加えてパンフレット等は読んでいない。内容が被っていたらご容赦願いたく……。

洋画| 今 Amazonプライムビデオで観たいおすすめの《ミュージカル映画》【心と耳に残る♪】
次のページ : ミッドサマーの独特な表現手法

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  5枚

Writer info

氏家 譲寿(ナマニク)

ホラーブログ「ナマニクさんの暇潰し」管理人、ZINE「Filthy」発行人、ライター。映画...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/6/29 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ 洋画 インターステラー セクシー ランキング アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー ボヘミアン・ラプソディ ライフ・イズ・ビューティフル スター・ウォーズ 帝国の逆襲 アクション

Pick Upピックアップ