映画board

アカデミー賞4冠『パラサイト』ポン・ジュノ監督を支えた3人の女性とは?

パラサイト 半地下の家族

パラサイト 半地下の家族

SCORE

74%

more

試写で観てとてつもない面白さにレビューを2本書き、賞レースの行方に注目していたのですが、見事ゴールデングローブ賞で外国語映画賞、監督賞、脚本賞を獲得。アカデミー賞も国際長編映画賞は受賞確実と予想していましたが、まさか作品賞を含め4冠とは…。韓国のエンタメを長年追いかけてきた自分にとって胸アツなサプライズでした。

半地下に住む1家4人が全員無職の家族が、豪邸に住むリッチな家族に寄生していく…。格差社会をブラックコメディとホラーを交えて描く衝撃作は最後まで息もつけない展開。

アカデミー賞で『パラサイト』は、作品賞、監督賞、脚本賞、編集賞、美術賞、国際長編映画賞(旧 外国語映画賞)の全6部門でノミネートされ、脚本賞、国際長編映画賞、監督賞、そして作品賞の4部門で受賞という栄冠に輝きました。

HOLLYWOOD, CALIFORNIA - FEBRUARY 09: Director Bong Joon-ho, winner of the Original Screenplay, International Feature Film, Directing, and Best Picture awards for “Parasite,” poses in the press room during the 92nd Annual Academy Awards at Hollywood and Highland on February 09, 2020 in Hollywood, California. (Photo by Amy Sussman/Getty Images)

無名時代の監督を支えた妻

監督を支えた女性の一人めは、妻で脚本家のチョン・ソンヨンさん。

監督は「いつも多くのインスピレーションを与えてくれる私の妻にも感謝している」と受賞式でもコメントしました。

大学の映画サークルで監督は映画ファンのソンヨンさんと知り合い1995年に結婚。監督の短編映画の編集スタッフとしても参加したこともあるそうですが、現在は脚本家。
「彼女は私の脚本を最初に読む。脚本を完成させて、彼女に見せるたびとても怖いなと思います」と米誌『ヴァニティ・フェア』のインタビューで語っています。

2月10日に韓国MBC局で再放送された「MBCスペシャル特集『寄生虫アカデミー受賞記念監督ポン・ジュノ』」では、2人は映画『殺人の追憶』(2003年)で監督が韓国のアカデミー賞と言われる大鐘賞で監督賞と作品賞を受賞しブレイクするまでは収入が少なく、大学時代の友人が米を持ってきてくれたこともあったと回想しました。

 結婚式場の撮影のアルバイトなどをしながら映画の道を模索していた監督は「妻に1年分の生活費をためたので時間をくれ。この1年に賭けたい…と言ったのです。すると、妻は食べていけなくてもいいからGO!と惜しみなく支えてくれた」と当時を振り返り感謝を語りました。
そのおかげで初監督作品『ほえる犬は噛まない』(2000年)を制作することができ、この処女作から独自の視点とコミカルさが話題を集め注目されたのです。生活のために映画を諦めて…と、ソンヨンさんが言っていたらオスカー受賞はなかったわけで、極上の良縁を得たといえそうです。

HOLLYWOOD, CALIFORNIA - FEBRUARY 09: In this handout photo provided by A.M.P.A.S. Best Picture Award winners for "Parasite" pose onstage during the 92nd Annual Academy Awards at the Dolby Theatre on February 09, 2020 in Hollywood, California. (Photo by Matt Petit - Handout/A.M.P.A.S. via Getty Images)

映画ファミリー出身の女性プロデューサーがサポート

監督を支えた二人めの女性は『パラサイト』のプロデューサーであるBarunson E&A代表のクァク・シネさん。なんと92年のアカデミー賞の歴史のなかで、作品賞を受賞した最初の非白人女性となりました。

受賞スピーチで、「もう言葉が見つかりません。こんなことは全く想像していませんでした。とても嬉しいです。今、この瞬間に何か意味のある歴史が刻まれていると感じています。この決断を下したアカデミーの方々に最も深い感謝と敬意を表します」と喜びを語りました。

HOLLYWOOD, CALIFORNIA - FEBRUARY 09: Director Bong Joon-ho and producer Kwak Sin-ae, winners of the Original Screenplay, International Feature Film, Directing, and Best Picture awards for “Parasite,” pose in the press room during the 92nd Annual Academy Awards at Hollywood and Highland on February 09, 2020 in Hollywood, California. (Photo by Amy Sussman/Getty Images)

シネさんは元映画雑誌の記者で、兄はクァク・キョンテク監督。あのチャン・ドンゴン主演の名作『友へ チング 』(2001年)や『愛 サラン』(2007年)を世に送り出した巨匠です。さらに、夫は人気女優チョン・ドヨンが大胆なラブシーンに挑んだラブサスペンス『ハッピーエンド』(1999年)などを手掛けたチョン・ジウ監督という映画ファミリー。そんなバックボーンを持つ映画の目利きだったからこそ、『パラサイト』を高く評価しプロデュースしたに違いありません。

Barunson E&Aは、オンラインゲームやVRゲームなども手掛けるエンタメ企業ですが、元々、映画部門では韓国の怪談をベースに姉妹と継母との確執、崩壊していく家族を描いたホラーサスペンス作『簞笥』(2003年)など話題作を送り出しています。

エンタメ界のゴッドマザーも尽力!

監督を支えた三人めの女性は、イ・ミギョンさん(英語名ミッキー・リー )アカデミー賞受賞式であの作品賞受賞後に最後のスピーチをした貫禄のある女性は『パラサイト』の制作会社CJ エンターテイメントの大元、韓国の財閥企業CJグループの副会長なのです。

HOLLYWOOD, CALIFORNIA - FEBRUARY 09: (L-R) Executive producers Min Heoi Heo and Miky Lee, producer Kwak Sin-ae, and So-dam Park accept the Best Picture award for "Parasite" during the 92nd Annual Academy Awards at Dolby Theatre on February 09, 2020 in Hollywood, California. (Photo by Kevin Winter/Getty Images)

CJグループは、1953年にサムスングループ初の製造業として設立され、食品工業では韓国でもトップクラス。1993年にサムスングループから独立し、米国の映画会社ドリームワークスへの出資をきっかけにエンタテイメント事業にも進出。映画製作、映画館経営、ケーブルテレビ放送向け番組制作および配給、インターネットサービスなども手がける
一大企業。

ミギョンさんはこれまでK-POPや映画など韓国のエンタメを世界に広める支援を続けてきたそう。

アカデミー候補作選定の投票権を持っており、ハリウッドにも幅広い人脈を持つ映画界のゴッドマザーなのです。

そんなミギョンさんが抜群の英語力でハリウッドのネットワークを駆使して『パラサイト』を積極的にPRしたとか。

今回のゴールデングローブ賞やアカデミー賞受賞は、ミギョンさん主導で米国で緻密なマーケティングとキャンペーンを行ってきた成果だといわれています。普段は表に出ないミギョンさん自ら受賞スピーチをしたのをみても本作への惚れこみようがわかるというものです。

もちろん作品自体も素晴らしい『パラサイト』ですが、アカデミー賞4冠という輝かしいタイトルは3人の女性の支援があってこそ成し遂げられたといえそうです。

HOLLYWOOD, CALIFORNIA - FEBRUARY 09: Cast and crew of 'Parasite' including editor Yang Jin-mo, writer Jin Won Han, producer Kwak Sin-ae, production designer Ha-jun Lee, Yang-kwon Moon, Kang-ho Song, Yeo-jeong Jo, Sun-kyun Lee, and filmmaker Bong Joon Ho attend the 92nd Annual Academy Awards at Hollywood and Highland on February 09, 2020 in Hollywood, California. (Photo by Amy Sussman/Getty Images)

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  6枚

Writer info

村上淳子 Atsuko Murakami

海外ドラマ&映画ライター。欧米からアジアまで人気ドラマをウオッチング。主演スター...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/2/17 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ 洋画 セクシー インターステラー パラサイト 半地下の家族 グリーンマイル ランキング 最強のふたり あの人は今 羊たちの沈黙

Pick Upピックアップ