映画board

Birthday!

ローラ

家族の確執と絆を描いたおすすめ作品5選【グザヴィエ・ドラン 監督最新作公開記念】

美しき天才・グザヴィエ・ドラン監督

LILLE, FRANCE - OCTOBER 07: DIrector Xavier Dolan attends the "Matthias Et Maxime" premiere on October 07, 2019 at Kinepolis in Lille, France. (Photo by Sylvain Lefevre/Getty Images)

デビュー直後から世界に鮮烈な印象を与え続けてきた、美しき天才グザヴィエ・ドラン監督。19歳の若さで撮った初監督作品『マイ・マザー』から、『わたしはロランス』、『Mommy/マミー』と作品ごとに映画界に革新を起こし続けてきました。2017年の『たかが世界の終わり』は、カンヌ国際映画祭でグランプリも受賞しています。

そんな監督は、長年「家族の確執や絆」をテーマに作品を作り上げてきました。3月に公開の迫る最新作『ジョン・F・ドノヴァン死と生』でも2組の家族の姿が描かれており、監督自身「これまで僕が描いてきたテーマの集大成だと思っている」と語るほどの傑作となっています。

ということで今回は、「家族の確執や絆」を描いている映画5作品をまとめてご紹介。
クザヴィエ・ドラン監督の新作を観るにあたって注目してみてはいかがでしょうか。

①父の失踪により再会した家族の秘密『8月の家族たち』

オクラホマの片田舎に住む母親バイオレット(メリル・ストリープ)と、父親がこつぜんと姿を消したことで集まった3姉妹。一癖ある母バイオレットは病を患い、長女のバーバラ(ジュリア・ロバーツ)は夫(ユアン・マクレガー)の浮気と娘(アビゲイル・ブレスリン)の反抗期に悩んでいた。

一方、次女アイヴィー(ジュリアンヌ・ニコルソン)はひそかな恋に胸を躍らせており、三女カレン(ジュリエット・ルイス)は家族の危機に婚約者を伴い帰宅する…。

コメディと言いつつ、かなりヘビーな内容となっています。
家族だからこそ言えない秘密や葛藤がリアルで、様々な人間模様を見ることができます。

監督:ジョン・ウェルズ
出演:メリル・ストリープ、ジュリア・ロバーツ、ユアン・マクレガー、
   ベネディクト・カンバーバッチ、アビゲイル・ブレスリン

②自転車と共に走る少年の心情『少年と自転車』

児童相談所に預けられたまま12歳になろうとしていた少年シリル(トマス・ドレ)は、いつか父親を見つけて一緒に暮らしたいと願っていた。ある日、彼は美容院を営むサマンサ(セシル・ドゥ・フランス)と出会い、ごく自然に彼女と共に週末を過ごすようになる。二人は自転車に乗って街を走り回り、ようやくシリルの父親(ジェレミー・レニエ)を捜し出すが……。

主人公の少年・シリルを演じた、トマス・ドレくんの演技が光ります。
タイトルからもわかるように、本作で重要なのは自転車。
「自転車を漕ぐ」という行為だけで、少年と少女の感情が手に取るようにわかります。
ラストシーンも素晴らしい映画です。

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ
出演:セシル・ドゥ・フランス、トマ・ドレ、 ジェレミー・レニエ

次のページ : ③『ジュリエッタ』

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  2枚

Writer info

映画board編集部

今日見る映画が見つかる。 映画boardは映画に関連するニュースや作品情報、レビュー...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/3/23 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ 洋画 ランキング セクシー 編集部選(おすすめ映画特集) 羊たちの沈黙 アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 最強のふたり ユージュアル・サスペクツ インターステラー

Pick Upピックアップ