映画board

アカデミー賞ノミネート作『ジョジョ・ラビット』見どころ紹介、本作が伝えたい事とは⁉

『ジョジョ・ラビット』

第二次世界大戦時、ドイツのナチス党の指導者アドルフ・ヒトラーは、歴史上で最も悪名高い独裁者として有名です。
この映画に登場するヒトラーは、あくまでも10歳の男の子の知識と妄想で作られた偶像です。
“ヒトラー・ユーゲント”の訓練を経て、兵士を目指す青年たちのサイドから描いている奇想天外なヒューマン・ドラマです。

『ジョジョ・ラビット』

(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation and TSG Entertainment Finance LLC

タイカ・ワイティティ

本作で、製作・脚本・監督を務め、アドルフ・ヒトラー役を演じました。
本年度のアカデミー賞では、作品賞、助演女優賞、編集賞、美術賞、衣装デザイン賞6部門がノミネートされています。

BEVERLY HILLS, CALIFORNIA - JANUARY 05: Taika Waititi attends the 77th Annual Golden Globe Awards at The Beverly Hilton Hotel on January 05, 2020 in Beverly Hills, California. (Photo by Frazer Harrison/Getty Images)

タイカ・ワイティティは、コメディアン・俳優としての活躍に留まらず、脚本・監督作『Two Cars, One Night(原題)』が第77回アカデミー賞短編映画賞にノミネ―トされ、近年では、『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』共同監督・脚本&出演、『マイティ・ソー バトルロイヤル(2017)』では監督&出演を務め、好評を得ています。

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア

SCORE

集計中...

more
マイティ・ソー バトルロイヤル

マイティ・ソー バトルロイヤル

SCORE

集計中...

more

本作が伝えたいことは?

第二次世界大戦を題材にした本作について、タイカ・ワイティティはインタビューで「ヘイトではなく、“愛と寛容”」とコメントしています。
父親はニュージーランドの先住民族・マオリ、母親はロシア系ユダヤ人の間で生まれたタイワ・ワイティティ。
ナチスの思想を植え付けられたジョジョが、いかに愛を知り、どのように成長していくかが一番の見どころとなっています。
また、戦争が持つイメージとは異なる、色彩豊かで温もりのある映像演出もこの映画の素晴らしいところです!

『ジョジョ・ラビット/原題:JOJO RABBIT』
2020年1月17日(金)全国ロードショー!
【スタッフ】監督/脚本/製作/出演:タイカ・ワイティティ 
【キャスト】ローマン・グリフィン・デイビス、トーマシン・マッケンジー、レベル・ウィルソン、スティーブン・マーチャント、アルフィー・アレン、サム・ロックウェル、スカーレット・ヨハンソン

次のページ : 愛らしいジョジョに世界が注目!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  9枚

Writer info

itoimiki

海外ドラマboardでもライターをしています。 映画、ドラマ、舞台の企画プロデューサ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/2/17 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ セクシー 洋画 ジャンゴ 繋がれざる者 インターステラー 邦画 ランキング 編集部選(おすすめ映画特集) ファッション かわいい

Pick Upピックアップ