映画board

サム・メンデス監督最新作『1917』がアカデミー賞10部門ノミネート!!

本作は、サム・メンデス監督が、若き兵士たちが困難なミッションに立ち向かう姿を臨場感たっぷりに、さらに観る人たちを物語への究極の没入感へ導き、登場人物たちの行動や心情を体感してもらうために”ワンカット映像”という画期的な撮影方法を全編に採用した。
全編を途切れることなくひとつながりの映像で見せる【ワンシーン ワンカット】は、登場人物の感情や臨場感を表現する<長回し>として多くの監督がその手法を取り入れてきた。監督によると「完璧に途切れなく物語を描くために、全てにおいて秒単位まで計算されるなど緻密な調整をした。特にリハーサルについては、今までの過去のどの作品よりも時間を費やした。自身のキャリアにおいて、最もエキサイティングな仕事だった」と語っている。

現地時間1月10日(金)からは全米拡大公開し興行収入ランキング1位で登場、映画批評サイトの「Rotten Tomatoes」の一般観客(AUDIENCE SCORE)指数では“90%フレッシュ”の高評価を獲得している。現時点で、アカデミー賞ノミネートを含めて総計で、45の賞、152部門で受賞&ノミネートを記録しており、この勢いに乗って、アカデミー賞での受賞も期待されている。
(※すべて日本時間1月13日(月)現在情報)

アカデミー賞の詳しいノミネート内容は以下のとおり。

作品賞
監督賞
脚本賞
撮影賞
美術賞
作曲賞
音響編集賞
録音賞
視覚効果賞
メイクアップ&ヘアスタイリング賞

アカデミー賞、ゴールデングローブ賞以外にも、第73回英国アカデミー賞や第25回クリティクス・チョイス・アワードなど各国の錚々たる賞で高く評価されている。文字通り賞レースを席巻している話題作。授賞式は現地時間2月9日。結果と公開が楽しみだ。

『1917 命をかけた伝令』2 月 14 日(金)、全国ロードショー
配給:東宝東和
(c)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  1枚

Writer info

KanaKo

映画・海外ドラマライター 時にインタビューや記者会見といったイベントの取材も...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/1/20 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ ホラー ランキング ミステリー・サスペンス アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー インターステラー 最強のふたり かわいい 洋画 アクション

Pick Upピックアップ