映画board

【出演作が目白押しの新進俳優 単独インタビュー】『花と雨』主演・笠松将

 

■主演作『花と雨』が1月17日より公開

 

『花と雨』
2020年1月17日(金)、ヒューマントラストシネマ渋谷 他、全国公開
© 2019「花と雨」製作委員会
出演:笠松将 大西礼芳 岡本智礼 中村織央 光根恭平 花沢将人 MAX サンディー海 木村圭作 紗羅マリー 西原誠吾 飯田基祐 つみきみほ 松尾貴史 高岡蒼佑
監督:土屋貴史
原案:SEEDA・吉田理美
脚本:堀江貴大・土屋貴史
音楽プロデューサー:SEEDA・CALUMECS
製作:藤田晋・中祖眞一郎
制作プロダクション:P.I.C.S.
配給:ファントム・フィルム
 
 

 
 

 
 
概要:
注目の新進俳優、笠松将 主演。
ミュージック・クリップやCMで数々の受賞歴を持ち、「Perfume」や「水曜日のカンパネラ」「ゆず」「Björk」など多くのアーティストのMVを手掛ける映像ディレクター、土屋貴史による長編映画初監督作。
原案は、2000年代から今日に至るまで、独自の感性でその最先端を走り続けてきたアーティスト・SEEDAが2006年に発表した伝説的アルバム「花と雨」。
SEEDAの自伝的なエピソードも交え、“何者かになりたい”一人の青年が葛藤しながら成長する姿を描く。
第32回 東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門 出品作品。

幼少期をロンドンで過ごした吉田(笠松将)は、閉塞的な日本の空気に馴染めないまま、満たされない思いを抱えながら、高校生活を送っていた。
そんな中、HIP HOPと出合った吉田は、HIP HOPだけが唯一の拠り所となる。
海外での活躍を目指す姉・麻里(大西礼芳)に励まされ、アーティストとして独り立ちするべく、練習や活動に没頭する吉田。
だが、やっと自分の居場所を見つけたと思ったのもつかの間、チャンスを掴みかけては裏切られ、現実の厳しさに翻弄され、次第に自分を見失っていく。
そして、そんな吉田に追い打ちをかけるように、ある悲劇が訪れる。
吉田はラッパーとして、一人の人間として、現実を乗り越えられるのか…。
 
 

 
 

次のページ : 笠松将さんインタビュー…

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

cahcahcah

2020/01/20 23:36

笠松将さん、最近よくおみかけします。
全身全霊で演じられたのが伝わる作品でした。

1いいね

違反申告

清水久美子 Kumiko Shimizu

2020/01/21 23:53

cahcahcahさん、コメントをありがとうございます。
笠松さんが喜んでくださると思います。

0いいね

違反申告


この記事の画像  11枚

Writer info

清水久美子 Kumiko Shimizu

メーカーOL、洋楽誌アシスタント、パソコン誌編集を経て、1996年にフリーライターに。...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/2/17 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ セクシー 洋画 ジャンゴ 繋がれざる者 インターステラー 邦画 ランキング 編集部選(おすすめ映画特集) ファッション かわいい

Pick Upピックアップ