映画board

『パラサイト 半地下の家族』公開迫る!韓国を代表する巨匠にして鬼才ポン・ジュノの過去監督作のまとめ

パラサイト 半地下の家族

パラサイト 半地下の家族

2019年/韓国/132分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
日の光も電波も弱い、半地下住宅で暮らすキム一家。父のキム・ギテク(ソン・ガンホ)はこれまでに度々事業に失敗しており、計画性も仕事もないが楽天的。元ハンマー投げ選手の母チュンスク(チャン・ヘジン)は、そんな不甲斐ない夫に強く当たっている。息子のギウ(チェ・ウシク)は大学受験に落ち続け、娘のギジョン(パク・ソダム)は美大を目指すが上手くいかず、予備校に通うお金もない。しがない内職で日々を食いつないでいる貧しい彼らは、皆、普通の暮らしがしたいと願っていた。ある日、ギウを訪ねて、受験を勝ち抜き今や名門大学生となった友人ミニョクがやってきて、留学する間、彼に代わって家庭教師をしないかと持ち掛ける。受験経験は豊富だが学歴のないギウが向かったのは、IT企業の社長パク・ドンイク(イ・ソンギュン)の自宅である、高台に佇むモダンな建築の大豪邸だった。偽造した大学在学証明書にさほど目を通す様子もなく、若く美しい妻ヨンギョ(チョ・ヨジョン)に娘ダへの部屋へと案内されるギウ。受験のプロのギウは少し授業をしただけで母と娘の心をすっかり掴んでしまう。帰り際、落ち着きのないパク家の末っ子ダソンは、紹介したい家庭教師がいると提案。後日、ギウは妹のギジョンを連れて豪邸を訪れ、ギジョンはダソンの美術家庭教師となる。どの家庭教師も1か月も続かなかったというダソンを恐るべき速さで手なずけ、二人はあっという間に一家の信用を得ていった。そして、ギジョンは次にある仕掛けをし……。

出典元:https://eiga-board.com/movies/92460

ポン・ジュノ

BEVERLY HILLS, CALIFORNIA - NOVEMBER 03: Bong Joon-ho attends the 23rd Annual Hollywood Film Awards at The Beverly Hilton Hotel on November 03, 2019 in Beverly Hills, California. (Photo by Amy Sussman/FilmMagic)

韓国映画界を代表する巨匠だが2000年の監督デビュー以来、『パラサイト 半地下の家族』も含めて監督作はわずか7本という寡作な作家。

韓国映画アカデミー出身のエリートであり、在学中に短編『支離滅裂』と『フレームの中の記憶』を監督して早くもバンクーバー国際映画祭と香港国際映画祭で上映されるなど初期から注目を集めていた。

その後も監督作7本は高い評価を受け、国内外の数々の賞を受賞、興行的にも成功を収める。

その長編監督作のうち、『パラサイト』を抜いた6本を紹介します。

【観て損なし!】出会ってよかったと満足できるおすすめアニメ50選 (2021年版)
次のページ : 『ほえる犬は噛まない』

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  18枚

Writer info

whitestonetaichi

映画大好き会社員。副業でいくつか媒体に記事書いてます。 2018年ベストはアンダーザ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

甲斐琴乃

2021/12/05 06:39

懐かしい

3

「超少女REIKO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2022/1/11 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ アクション ミステリー・サスペンス ドラマ かわいい イラスト ラブロマンス ホラー

Pick Upピックアップ