映画board

Birthday!

ミンホ

【深読み映画レビュー】 『失くした体』 空想と現実の狭間を描いた摩訶不思議なフレンチ・アニメ

Netflixにて独占配信中

 ‘19年5月に開催された第72回カンヌ国際映画祭にて、アニメーション映画としては史上初の批評家週間グランプリ(ネスプレッソ大賞)を受賞するという快挙を成し遂げたジェレミー・クラヴァン監督の長編アニメ『失くした体』。さらに、世界で最も古いアニメ専門の映画祭として権威のあるアヌシー国際アニメーション映画祭でも長編映画賞と観客賞を、シッチェス・カタロニアン国際映画祭でも最優秀音楽賞を獲得するなど、世界中の映画祭で高い評価を得ています。そんな話題作が、世間で注目を集める『アイリッシュマン』の陰に隠れるようにして、11月29日よりNetflixでの独占配信が始まりました。

 クラヴァン監督は’90年代より短編アニメの世界で注目されていましたが、しかし長編を手掛けるのは今回が初めて。その才能を以前から高く買っていた、フレンチ・アニメ界の大物製作者マルク・デュ・ポンタスから、「大人向けの長編アニメを撮ってみないか?」とオファーを受けて引き受けたのだそうです。原作はあの名作映画『アメリ』(’01)の脚本家として有名なギョーム・ロランの書いた小説。しかし、ロラン自身がクラヴァン監督に自由な脚色を任せてくれたため、基本的な設定以外は原作とだいぶ異なる内容になったようです。そこでまずは、クラヴァン監督が「空想と現実の間に存在する世界を描いた」という本作のストーリーをご紹介しましょう。

次のページ : あらすじ

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  5枚

Writer info

なかざわ ひでゆき

キャリア25年以上の映画&海外ドラマ・ライター。旧ソ連モスクワ育ち。日大芸術学部映...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2019/12/2 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

ファッション おすすめ映画まとめ かわいい 洋画 マーベル インターステラー 編集部選(おすすめ映画特集) セクシー アベンジャーズ/エンドゲーム きれい

Pick Upピックアップ