映画board

【日本公開40周年!】『ゾンビ』のバージョン違いをまとめてチェック!

https://houseofgeekery.files.wordpress.com/2016/11/dawn-of-the-dead-original.png

 ゾンビ映画史上の金字塔と呼ばれ、世界中で空前のブームを巻き起こしたジョージ・A・ロメロ監督作『ゾンビ』。同監督の『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』(’68)が、いわゆる“モダン・ゾンビ”(生きた人間を食らう、病気のように感染する、脳を破壊しないと倒せない)の原点であることは有名ですが、このゾンビというモンスターをホラー映画のメインストリームへ押し上げたのが本作『ゾンビ』でした。実は、この作品には日本初公開版を含めて大まかに4バージョンが存在します。ここでは、その違いを比較検証しようと思うのですが、その大前提として本作の製作された経緯と基本的な内容からご紹介しましょう。

<『ゾンビ』が作られるまで>

 世界中でカルト的な人気を博した『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』の完成から6年後の’74年、地元ピッツバーグの巨大ショッピングモールを訪れたロメロ監督は、そこを舞台にしたゾンビ映画第2弾の製作を思いつきます。しかし、なかなか出資者が見つからないため、企画は宙ぶらりんのまま何年も過ぎてしまうことに。そんな事情を知ったのが、『サスペリア』(’77)でお馴染みのイタリアン・ホラーの巨匠ダリオ・アルジェント監督でした。『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』の大ファンでもあった彼が、英語圏以外の国際マーケットにおける配給権を自分が得ることを条件に製作費の出資を申し出たことから、ようやく本作の企画にゴーサインが出たわけです。

<『ゾンビ』とは?>

 4種類のバージョンが存在する『ゾンビ』ですが、基本的なストーリーの流れはどれも一緒です。全米でゾンビの大量発生と感染拡大のパニックが起きる中、安全な場所を探すためヘリコプターに乗って都市部から避難した4人の男女。その途中で見つけた巨大ショッピングモールに立て籠もった彼らは、施設内を行き交うゾンビの群れを一掃して安全を確保し、しばし仮初の平和な日常を取り戻すものの、そこへ暴徒と化した略奪集団が武器を手に乱入し、人間VS人間の醜い争いが繰り広げられることとなります。そこでまずは、世界的に有名な3種類のバージョンを比較したうえで、日本初公開版の内容を検証したいと思います。

次のページ : 各バージョンの比較

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  4枚

Writer info

なかざわ ひでゆき

キャリア25年以上の映画&海外ドラマ・ライター。旧ソ連モスクワ育ち。日大芸術学部映...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2019/12/9 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ 洋画 編集部選(おすすめ映画特集) アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー かわいい インターステラー インセプション セクシー ゴシップ ランキング

Pick Upピックアップ