映画board

人気

USJに行く前に絶対観ておきたい映画のおススメ28選♡いよいよ夏休みに必見!【2019年7月26日更新】

2019年USJは、新時代の本命の5大アトラクションが続々オープン!

https://www.usj.co.jp/universal-cool-japan2019/lupin/img/img_kv.jpg?ver=20181114

2019年、時代は昭和から平成へ、平成から令和へと移り変わりましたね。
大型連休であるGW(ゴールデンウイーク)で10日間という長いお休みを取られた方も今年は多かったのでは?そして、お子様がいらっしゃる方々は長い夏休みに入りましたね。来月にはお盆休みも控えております。続けて休日が取れる地方の方は、USJを訪れる方も多いかと思われます。

UNIVERSAL STUDIOS, JAPAN - FEBRUARY: ***EXCLUSIVE*** Spiderman Saves the Day is displayed in February 2011 at Universal Studios, Japan. This stereoscopic image of the famous Marvel comic character saves the guests from falling into the imaginary depth of a 3D pavement composition using Colorcode 3D glasses. A stunning new book takes readers into the world of master street artist Kurt Wenner. Bringing pavements around the world to life, Kurt, 52, uses a clever technique in his street drawings that make them look perfectly 3D. When viewed from the correct angle, street-goers standing on top of them look like they are floating in thin air and solid concrete appear as gaping chasms in a colourful illusion. Pioneer Kurt, from the USA, has been perfecting his unique art since 1982 when he began sketching on the streets of Rome. His wizardry with the world's streets has now been brought together in new book Asphalt Renaissance, by Sterling Innovation publishers, available now through Amazon. (Photo by Kurt Wenner/Barcroft Media/Getty Images)

ただ、楽しそうだからな♡と下調べなしにUSJへ行くのはとっても損!!
USJには海外映画にまつわるアトラクションなどが沢山あります。「あ・・この映画観てくればよかった」と思わないように、ぜひUSJへ足をお運びになる前に知っておいてほしい。というよりも、ぜひぜひご覧になってから訪れて欲しい映画などをご紹介していきます。(2019年7月26日更新)

海外映画をあまり観ないという方でもユニバーサル・スタジオ・ジャパンは十分楽しめるとは思うのですが・・・その多くのアトラクションやレストランが映画などにもとずいて作られており・・・ユニバーサル・スタジオ・ジャパンをこれから訪れるのであれば、今からご紹介する映画をチェックしていくとUSJが数倍、いえ週十倍も楽しくなるはずですよ。

ぜひ行く前にこれからご紹介する映画をご覧になられてみてはいかがでしょう。実は2019年春からUSJは、新時代の本命の5大アトラクションが続々オープン!さらに、超人気テーマエリア「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター」が開業5周年を迎えるなど、パークは祝祭感たっぷりです。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51UKvmYfwTL.jpg

2019年春には、全ての人の中にある輝ける部分を見いだすことをテーマにして、動物たちが歌唱コンテストで奮闘する姿を数々のヒットソングに乗せて描くミュージカルアニメ「SING /シング」の“新!スーパー・リアル・ミュージカル・アトラクション”も登場し大ヒット好評開催中!!

そして、期間限定で『ワンピース・ウォーターバトル』、『ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター™ 5周年記念』『サンジの海賊レストラン』、『ワンピース・プレミア・サマー』、『進撃の巨人・ザ・リアル』、『ゴジラ対エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D』など楽しそうなイベントがいっぱいです。詳しくは、下記公式HPにてご確認くださいませ。

https://www.usj.co.jp/area/jurassicpark/assets/images/mainimg.jpg

https://www.usj.co.jp/the-wizarding-world-of-harry-potter/2019/src/images/kv.png

そして、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン パーク開業以来初の“スプリング・サポーター”に「世界で最も美しい顔100人」ランキングで6年連続ランクインを果たしている石原さとみさんが就任しています。

『ユニバーサル・ナイト・パレード』が期間限定でパワーアップ!

https://www.usj.co.jp/ticket/show/images/cip-night-parade_main.jpg

新時代のパークを担う5大アトラクションが続々オープンする中で、これまでに発表された4つの最新エンターテイメントに加え、2018年5月にオープンした大人気の『ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレード ~ベスト・オブ・ハリウッド~』が期間限定で驚きのパワーアップを遂げます。パレードにもこれからご紹介する映画のキャラクターなどが沢山登場します。ぜひ下記公式HPにてチェックしてみてくださいね。

USJに行く前に絶対観ておきたい映画のおススメ16選♡

Movie review word cloud

今年ユニバーサル・スタジオ・ジャパンを訪れる予定のある方は、ぜひこちらもチェックしておくと新アトラクションがもっともっともっと楽しめますよ。では、ぜひチェックしておいていただきたい作品をご紹介します。それぞれの映画の最後にUSJのそのアトラクションのHPがありますので、詳しいことをお知りになりたい方はそちらもどうぞ。

1「ハリー・ポッター」シリーズ

https://m.media-amazon.com

現在日本公開3週連続でランキング1位の座をキープし続けている大ヒット作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』と同じシリーズであるこの超人気ファンタジー映画である『ハリー・ポッター』シリーズ。
おそらく誰もが知っている作品であるとは思いますが・・・
全8作品すべてをご覧にならずとも、『ハリー・ポッター』の世界観を知ってから行かれたほうがより楽しめるはずです。

USJには、ハリー・ポッター専用のエリアがあり、『ハリー・ポッター』のファンタジーに満ち溢れたあの魔法ワールドの世界に入り込むことができますよ。
お時間のある方は、全編8作品以外にも、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』と『ハリー・ポッター』シリーズが繋がっていることもお分かりになるはずですので、ぜひ現在絶賛上映中の『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』もチェックしていかれるとより楽しめるはず。

https://www.usj.co.jp/the-wizarding-world-of-harry-potter/2019/src/images/img02_mhc_gd.jpg

https://www.usj.co.jp/the-wizarding-world-of-harry-potter/2019/src/images/img02_mhc_rc.jpg

2「スパイダーマン」シリーズ

https://m.media-amazon.com

2017年に公開された『スパイダーマン:ホームカミング』からもお分かりになるように、蜘蛛の特殊能力を得た青年が大活躍するアメリカンコミック(アメコミ)の映画シリーズです。
全世界で大きなヒットとなり、シリーズによって様々な映画が制作されており、大人も子供も楽しめる映画になっています。

https://m.media-amazon.com

「スパイダーマン」(2002年)
「スパイダーマン2」(2004年)
「スパイダーマン3」(2007年)
「アメイジング・スパイダーマン」(2012年)
「アメイジング・スパイダーマン2」(2014年)
「スパイダーマン:ホームカミング」(2017年)の全6作品が実写版として制作され、サム・ライミ監督版、マーク・ウェブ監督版、ジョン・ワッツ監督版として作られており・・・どれもそれぞれに面白いストーリーになっています。

「スパイダーマン」のアトラクションの形式は、4-Dのライド型アトラクションになっていて、スパイダーマンと一緒にアメコミの世界へ入り込めますよ。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMGZlNTY1ZWUtYTMzNC00ZjUyLWE0MjQtMTMxN2E3ODYxMWVmXkEyXkFqcGdeQXVyMDM2NDM2MQ@@._V1_SY1000_CR0,0,674,1000_AL_.jpg

現在上映中の「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」をご覧になられてからUSJへ足をお運びになるのもいいでしょう。

3「ジュラシック・パーク&ワールド」シリーズ

https://m.media-amazon.com

1990年に出版されたマイケル・クライトンによる小説を原作として1993年に製作された映画シリーズです。
恐竜を遺伝子操作により現代に蘇らせるという夢のようなストーリー。ご存知の方も多いのでは?

2018年7月には最新作となる「ジュラシック・ワールド/炎の王国」も公開され現在5作品が公開されております。リアルな恐竜が本当に生きているかのような迫力と臨場感が魅力の作品です。

https://m.media-amazon.com

「ジュラシック・パーク」(1993年)
「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」(1997年)
「ジュラシック・パークIII」(2001年)
「ジュラシック・ワールド」(2015年)
「ジュラシック・ワールド/炎の王国」(2018年)

USJ内のアトラクションは、シリーズ1作目である「ジュラシック・パーク」をモチーフとしていますが、最先端のCGを駆使して描かれたリアルな恐竜たちは、迫力満点!ぜひ恐竜の世界で楽しんでください。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMTk2NzU3MjM1MV5BMl5BanBnXkFtZTgwMjcyOTIwMjE@._V1_SY1000_CR0,0,1477,1000_AL_.jpg

ちなみに・・・ジュラシック・パークシリーズは、前後3作品で「旧三部作」と「新三部作」に分かれてます。「旧三部作」の1作目として公開された『ジュラシック・パーク』は、大ヒットを記録し社会現象にまで発展し大ブームになりました。どうやらこの先にも『ジュラシック・ワールド3(仮)』が制作されるようですから楽しみですね。

4「ジョーズ」

https://m.media-amazon.com

スティーブン・スピルバーグ監督作品である『ジョーズ』ですが、平和なビーチを襲う巨大人食い鮫(ホオジロザメ)の恐怖と、それに立ち向う人々を描いたパニック映画のクラシックとして公開から30年経った今もなお多くの人に愛されている傑作ですよね。あのお馴染みのサメが登場する音楽は誰もがお聞きになったことがあるのではないでしょうか?

https://m.media-amazon.com

現在までに4作品制作されている『ジョーズ』ですが・・・
実は勘違いされている方も多いと思われますが、『ジョーズ』(jaws)という言葉の意味は本来、英語で「顎」を意味する単語なんですよ。ただし、本作の大ヒットと衝撃度から「鮫」と同義語として使われるようになったそう。

『ジョーズ/Jaws』(1975年)
『ジョーズ2』(1978年)
『ジョーズ3』(1983年)
『ジョーズ’87 復讐篇』(1987年)完結編

USJ内のアトラクションでは、ボートに乗って臨場感溢れる演出によりサメの恐怖を体感。本当に襲われそうになるくらいの近さまでサメが近づいてくる演出や爆破するシーンなどの再現は圧巻ですよ。

5「ターミネーター」

https://m.media-amazon.com

『ターミネーター』シリーズはジェームズ・キャメロンが手がけた映画シリーズ。シュワルツェネッガー扮するターミネーター・T-800が「I’ll be back」と話す言葉は、おそらく誰もが1度は聞いたことのある伝説の名台詞。
彼が溶解炉に沈むクライマックスシーンでの親指を挙げてさよならをするシーンの「サムズアップ」も語り継がれる伝説的なシーンですよね。

人工知能・スカイネットと人類間の核戦争「審判の日」を巡って、未来から過去に送り込まれたターミネーターとサラ・コナーら人類の間での激しい攻防を描いたこのストーリーですが、『ターミネーター2』では、全米で2億484万ドルを記録した大人気映画となっています。

https://m.media-amazon.com

「ターミネーター」(1984年)
「ターミネーター2」(1991年)
「ターミネーター3」(2003年)
「ターミネーター4」(2009)
「ターミネーター:新起動/ジェニシス」(2015年)リーブート作品
「ターミネーター」(2019年3月29日公開予定)

来春には、「ターミネーター(仮)」の最新作が公開されることになっている本作。
USJでは、4-D体感型のシネマアトラクションで、「ターミネーター」作品の世界観に浸ることができます。訪れる前には、シリーズ1作目と2作目をぜひチェックしてみてくださいね。

6「バックドラフト」

https://m.media-amazon.com

『バックドラフト』(Backdraft)は、1991年公開のロン・ハワード監督作品です。
火災現場の視覚効果はILM(インダストリアル・ライト&マジック/Industrial Light & Magicというルーカスフィルムに所有されて特殊効果及びVFXの制作会社)が担っており、迫力満点の映像となっています。

https://m.media-amazon.com

消防士が主人公として作られてる本作は、消防士の活躍をメインにストーリーが進んでいきます。タイトルの「バックドラフト」とは、室内など密閉された空間で火災が生じ不完全燃焼によって火の勢いが衰え、一酸化炭素ガスが溜まった状態の時に窓やドアを開くと熱された一酸化炭素に急速に酸素が取り込まれて、二酸化炭素への化学反応が急激に進み爆発を引き起こす様子のことなのですが・・・。

https://m.media-amazon.com

まさに映画の中は火災現場にいるように感じられ、消防士たちの活躍が見られる感動作品です。

USAでは、映画「バックドラフト」の世界が目の前に広がり、火災現場の凄まじい様子を爆発するドラム缶、ほとばしる火柱、壁となって迫る炎、そして身を包みこむ熱風などを間近で感じることにより、とてつもない大火災の恐怖で驚くこと間違えありません。

7「ウォーターワールド」

https://m.media-amazon.com

『ウォーターワールド』(Waterworld)は、1995年にケビン・コスナーとケヴィン・レイノルズの共同出資で製作され、レイノルズが監督を務めたSF映画。未来の地球が温暖化の進行によって北極・南極の氷が溶けて海面が上昇した結果、陸地がほとんど海底に沈んでしまい海だけが広がる海洋惑星となってしまいます。

https://m.media-amazon.com

それから数世紀後、かつて地球と呼ばれたこの惑星にはわずかな人間だけが残されており、文明と共に漂流を余儀なくされた彼らが海中から探し出したものによって巨大な人工の浮遊都市を築いていた……。というストーリーです。

USJでは、「ウォーターワールド」の世界を舞台にして、ストーリーのキャラクターたちが登場し圧巻のショーを見ることが出来ます。舞台を見ているだけで、「ウォーターワールド」の映画の中をリアルに覗き込めたような気持になります。演出もかなりリアルに再現されており、映画さながらの迫力満点のこの舞台をぜひ。

次のページ : USJに行く前に絶対観ておきたい映画続き・・・

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  67枚

Writer info

アリア

海外映画、海外ドラマ、洋楽、そして海外旅行も大好き♡年甲斐もなくキラキラしたもの...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2019/12/9 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ 洋画 編集部選(おすすめ映画特集) アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー かわいい インターステラー インセプション セクシー ゴシップ ランキング

Pick Upピックアップ