映画board

Nerflix映画『アイリッシュマン』でマーティン・スコセッシ監督がアイルランド系の物語に込めた想いとは?

■形式美の映画

Netflixオリジナル映画「アイリッシュマン」

マーティン・スコセッシ監督の作品はいつもいかにもという始まり方をする。老人施設の廊下をステディカムで捉えていく冒頭の印象的な長回し。本作の主人公であるロバート・デ・ニーロ扮する年老いたフランク・シーランによるナレーションがそこに加わり、その映画世界へ手際よく観客を導いていく。しかしこれまで数々の代表作でタッグを組み、スコセッシ監督の栄光とともに3度のアカデミー編集賞を受賞しているセルマ・スクーンメイカーのカッティングはやや弛緩ぎみで冗長さを感じさせないでもない。デ・ニーロ他、アル・パチーノ、ジョー・ペシの錚々たる名優たちによる演技合戦もそれを助長する。これは往年の演出力に衰えをみせた監督自身の老いによるものなのか。

はっきり言って3時間30分という長さの本編には見せ場という見せ場がない。スコセッシ監督の演出が冴えるのは、フランクが殺し屋として暗躍する一連の殺害場面においてくらいだ。ターゲットを一瞥したかと思うとうむとも言わせぬ間に相手を射殺する。暴力は衝動的に炸裂する。その時画面は必ず静まり返っており、後には鈍い銃声が響くのみだ。このショッキングな唐突さは『ディパーテッド』(2006)のマット・デイモンから始まったスコセッシ流アクションの方法であり、さすがの演出力を感じさせる。スコセッシ監督に深い敬意を寄せるクエンティン・タランティーノ監督は明らかにその発明の影響を受けている作家の一人だ。とにかく全編がスマートであり、静謐な雰囲気が常に張りつめている。これはひとりの巨匠監督が長年の試行錯誤の末に辿り着いた映画の“枯淡の美”である。

【観て損なし!】出会ってよかったと満足できるおすすめアニメ50選 (2021年版)
次のページ : 移民たちの物語

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  6枚

Writer info

加賀谷健

プロデュース業、時々映画ライター。BANGER!!!、リアルサウンド映画部、FILMAGA、他メ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

shym-o

2021/10/24 09:54

見終わって

3

「空白」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/11/22 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ ミステリー・サスペンス アクション スパイダーマン:ホームカミング ドラマ ゴジラ キング・オブ・モンスターズ イラスト アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

Pick Upピックアップ