映画board

【レビュー】ドキュメンタリー映画『ドリーミング村上春樹』で“並行世界”を旅しよう

改めて感じる、母国語が日本語であるありがたさ

https://eiga.k-img.com/images/movie/91265/photo/53bc8af5ecf56b27/640.jpg?1567994619

翻訳家を目指す筆者の妻に『ドリーミング村上春樹』の感想を聞くと、改めて「母国語が日本語でよかった」といっていました。
文字数だけで見るなら、英語はアルファベット26文字ですが、日本語はひらがなで“50音”なんて言っているくらいです。
そこに漢字が加わり、「音読み」「訓読み」でさらに意味が変わってくる・・・など、その違いは途方もなく、日本語も改めて見直すと非常に複雑であることに気付きます。

そんな複雑で読む角度によっては意味を変える日本語を、作者の世界観を正しく伝えるために翻訳することは並大抵のことではありません。
このドキュメンタリーは、冒頭でも書いた“完璧な文章などこの世に存在しない”での“完璧な文章”をメッテ・ホルムなりに追い求める作品でもあります。(完璧な文章を見つけることができたかは、ぜひ本編で確認してください)
その難しさを追い求める行為こそ、翻訳家冥利に尽きるのではないかとも言っていました。

翻訳家を目指す人なら、きっと彼女のように色々なことを考え、色々な世界を見ながら言葉を当てはめてみたいと思うようです。

そんな村上春樹ファンから観ても、翻訳家を志す人から観ても興味深い本作。
ぜひ、ドキュメンタリーという枠にとらわれず『ドリーミング村上春樹』の世界に飛び込んでみてはいかがでしょうか。

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

峯丸ともか

2019/11/28 23:01

素敵なレビューを見て映画を見たいと思ったのですが、東京では、もう上映されていないようです。気になっていた映画だったので公開直後に観に行くべきでした。残念(××)。かつて、翻訳家を目指したことがあるのですが、あまりにも難しくて挫折しました。その頃の気持ちを思い出して懐かしくなりました。ありがとうございます。

0いいね

違反申告

ヤマダ マイ

2019/11/29 12:53

コメントありがとうございます!私自身都内に住んでいないので、単館系の作品はどうしてもレビューが遅れてしまうのが、改めて悔やまれます…汗
翻訳家の仕事がなんたるかを、素敵な世界観になぞらえて教えてくるので、きっと映画を見ても当時のことを思い出してもらえると思います。ぜひDVDがでたら見てみてください!

1いいね

違反申告


この記事の画像  7枚

Writer info

ヤマダ マイ

派遣社員としてSEOライター(謎)をしつつ、個人で映画ライターをやっています。「映...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/1/20 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ 洋画 ランキング グリーンマイル カッコーの巣の上で スパイダーマン:スパイダーバース 僕のワンダフル・ライフ インターステラー ジャンゴ 繋がれざる者 最強のふたり

Pick Upピックアップ