映画board

『ターミネーター:ニュー・フェイト』で製作にカムバック!ジェームズ・キャメロン伝説

https://www.imdb.com/title/tt0088247/mediaviewer/rm774208512?ref_=tt_ov_i

『ターミネーター』(1984)

公開:1984年
製作国:アメリカ
監督:ジェームズ・キャメロン
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー/マイケル・ビーン/リンダ・ハミルトン/ポール・ウィンフィールド/ランス・ヘンリクセン/アール・ボーエン ほか

「審判の日」と呼ばれる近未来に起きるスカイネット=マシーンの反乱により、未来で人類はマシーンに太刀打ちで着ない状態だった。
そんな中、救世主となった男がいた。ジョン・コナーだ。
ジョン・コナーの登場により苦戦を強いられるようになったスカイネットは、ジョンが生まれる以前の時代へと殺人サイボーグのターミネーター(アーノルド・シュワルツェネッガー)を送り込み、母親であるサラ・コナー(リンダ・ハミルトン)を抹殺しようとする。
彼女を助けるために未来のジョン・コナーは、カイル・リース(マイケル・ビーン)という青年戦士を送り込み、人類の未来を守るための決死の攻防戦が展開される。

監督を務めたジェームズ・キャメロンが、『殺人魚フライングキラー』に向けられた酷評のストレスから高熱を出してしまい、寝込んでいた際に「炎の中からロボットが現れて、自分を殺しに来る」と言う悪夢を見たことから着想を得て製作されたのが、『ターミネーター』だ。
当時は、まだまだ駆け出しだったジェームズ・キャメロンが自ら監督を務めることを条件に売り込んだ本作は、B級映画なみの予算で製作。
これが世界的に大ヒットを記録し、一大ムーブメントを巻き起こしたのだ。
また、当初はランス・ヘンリクセンをターミネーター役に起用しようとしていたが、より一層体の大きいアーノルド・シュワルツェネッガーを起用することをキャメロンが決断。
最初に撮影したカットを観た時には、「これはすごいぞ!」と感じたという。

次のページ : 莫大な製作費をつぎ込んで製作された『ターミネーター2』

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

リュックマン

2019/11/20 08:50

(「エイリアン2」未見のひとはネタバレがあるので読まないでください:良い映画なのでぜひご鑑賞ください)

「エイリアン2」でも前作では悪役だったアンドロイドを「善い者」にしていますね
アンドロイドであることがバレて、リプリーに疑われまくりのビショップ
一人だけ逃げたかと思いきや、「ビショップの裏切り者!」とリプリーが叫んだ瞬間、脱出艇で姿を現し、本船と衝突しないように少し離れて踏みとどまっていたことがわかる
その後、エイリアンに身体を真っ二つにされても、手を伸ばしてニュートを救うド根性を見せる
こういう展開、好きです
何度も見たのですが、また見たくなりました

0いいね

違反申告


この記事の画像  4枚

Writer info

かげろうお銀

その昔、女優として幾つかの舞台に立ち、ニューヨークで演技講師をしていました。現在...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2019/12/2 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

プライベート・ライアン おすすめ映画まとめ ALWAYS 三丁目の夕日 アルキメデスの大戦 戦場のピアニスト 洋画 ネタバレ かわいい セクシー アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

Pick Upピックアップ