映画board

【裏話満載!来日インタビュー】ジェームズ・ガン製作ホラー『ブライトバーン/恐怖の拡散者』

■ジェームズ・ガンと親しいデヴィッド・ヤロヴェスキーが監督を務める最新作


『ブライトバーン/恐怖の拡散者』
11月15日より公開中
© The H Collective
製作:ジェームズ・ガン
監督:デヴィッド・ヤロヴェスキー
出演:エリザベス・バンクス、デヴィッド・デンマン、ジャクソン・A・ダン ほか
2019年/アメリカ映画/スコープサイズ/DCP 5.1ch/90分
配給:Rakuten Distribution 東宝東和/宣伝協力:マンハッタンピープル
 
 

 
 
概要:
ジェームズ・ガンがプロデューサーを務める全く新しい“ジャンルミックス・ムービー”。
田舎町の農場に“墜ちてきた贈り物”である男の子には超人的なパワーが…。
アメコミ界のスーパーヒーロー、スーパーマンを彷彿とさせる物語の起点だが、もし彼が正義のヒーローではなく、邪悪な存在だったら…?

主題歌は、全世界で注目を集めるアーティスト、ビリー・アイリッシュの「bad guy」。
日本での映画事業に参入した楽天の配給作品第一弾。

なかなか子供ができないトーリ(エリザベス・バンクス)は、母になる日を夢見ていたが、謎めいた赤ん坊の到来でその夢が実現する。
聡明で才能にあふれ、好奇心旺盛な男児ブランドンは、トーリと夫のカイル(デヴィッド・デンマン)にとってかけがえのない存在に。
だが、12歳になったブランドン(ジャクソン・A・ダン)の中に強烈な闇が生じ始め、やがて異常な力を発揮。
ブランドンは、カンザス州・ブライトバーンをとてつもない恐怖へと陥れていく…。
 
 

 
 
本作の監督デヴィッド・ヤロヴェスキーは、『インバージョン 転移』で長編映画監督デビューし、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』のDVD/ブルーレイに収録されているミュージックビデオ『Guardians of the Galaxy: Inferno』の監督も務めました。

主人公・ブランドンを演じる、2003年生まれのジャクソン・A・ダンと、ヤロヴェスキー監督の妻で、『ブライトバーン~』の衣装デザイナーであるオータム・スティードが監督と一緒に来日し、映画boardの単独インタビューに応じてくれました。
 
 

次のページ : 3人のインタビュー

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  14枚

Writer info

清水久美子 Kumiko Shimizu

メーカーOL、洋楽誌アシスタント、パソコン誌編集を経て、1996年にフリーライターに。...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2019/12/9 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ 洋画 編集部選(おすすめ映画特集) アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー かわいい インターステラー インセプション セクシー ゴシップ ランキング

Pick Upピックアップ