映画board

映画愛に溢れた2作をレポート!第32回東京国際映画祭で体感した映画の力【2019】

グランプリは『わたしの叔父さん』第32回東京国際映画祭

2019年10月28日~11月5日まで、9日間に渡り開催された第32回東京国際映画祭。
筆者が、期間内に鑑賞できた映画は、13本。
コンペティション部門のグランプリを獲得した『わたしの叔父さん』と、観客賞を獲得した『動物だけが知っている』も鑑賞した。両方とも大好きな雰囲気を持つ映画で、筆者としては賞を獲得するのは大納得だ。
この2作は、エンターティメント性もあるので、今後日本で公開されるかもしれない。

上記とは別に、13本の中でも、閉幕から一週間が過ぎてもなお感動が忘れられない映画が2つある。
レポートとして、この2作について語っておきたいと思った。
映画自体の面白さだけではなく、今までにない映画体験をさせてくれた映画だったのだ。

東京グランプリを獲得した『わたしの叔父さん』

©2019 TIFF

第32回東京国際映画祭コンペティション部門結果

東京グランプリ/東京都知事賞『わたしの叔父さん」
審査委員特別賞『アトランティス』
最優秀監督賞サイード・ルスタイ『ジャスト 6.5』
最優秀女優賞ナディア・テレスツィエンキーヴィッツ『動物だけが知っている』
最優秀男優賞ナヴィド・モハマドザデー『ジャスト 6.5』
最優秀芸術貢献賞『チャクトゥとサルラ』
最優秀脚本賞『喜劇 愛妻物語』
観客賞『動物だけが知っている』

次のページ : こんなに特別な映画体験ができるとは思わなかった作品

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  7枚

Writer info

峯丸ともか

映画&海外ドラマライター。女子映画ウォッチャー。週2、3本は新作映画を鑑賞中。毎...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/1/20 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ ランキング インターステラー インセプション LION ライオン 25年目のただいま カッコーの巣の上で きっと、うまくいく ジャンゴ 繋がれざる者 僕のワンダフル・ライフ 百円の恋

Pick Upピックアップ