映画board

リバー・フェニックスの幻の遺作『ダーク・ブラッド』を徹底解明!20年の時を経て完成した最後の主演作!

『ダーク・ブラッド』について

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BZjU4NDIyOTUtNmM4MC00NWU0LTgzYTgtNjNkZjJjYzI0YzFiXkEyXkFqcGdeQXVyMjM2Mzk0MDk@._V1_SX1414_CR0,0,1414,999_AL_.jpg

『ダーク・ブラッド』はジャンルで言えば、サイコ・スリラー。
しかしダークな雰囲気は一切なく、アメリカの広大な大地を背景に物語が展開します。
広大なアメリカの大地、広がる砂漠などの自然が見どころのひとつです。
出演は、リバー・フェニックスが謎の青年、ボーイを演じます。
そのボーイの元に助けを求めに訪れる熟年夫婦のバフィーとハリーをジュディ・デイヴィスとジョナサン・プライスが演じます。

この映画の冒頭に監督の言葉で語られていますが、とても見事な例えをされています。
この映画は、4脚の椅子の2脚を残して完成してたもの、と。
そんな中途半端な状態で止まっていた未完の映画『ダーク・ブラッド』。
2007年に、監督のジョルジュ・シュルイツァーが大病を患ったことで、完成させる意志を貫いた魂の作品です。
そしてこの映画を完成させ、劇場公開を見届けた2014年に監督のジョルジュ・シュルイツァーも帰らぬ人となったのでした。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BZDliMDkxNDQtMzg3NC00ZjM1LThmZmMtOWMyNjEyZTYyMjYzXkEyXkFqcGdeQXVyNjYyMTYxMzk@._V1_.jpg

この映画は、完成させたと言っても、追加撮影をしたりなどは一切していません。
足りない映像を代役の俳優を建てて補ったりとかは、行っていませんでした。
この映画は、7割ほどの撮影が終了しており大まかな概要は現存する映像で賄えていましたが、肝心要の部分の映像がない状態だったのです。
しかし『ダーク・ブラッド』はその足りない映像は、監督の語りをナレーションにして映像を補っています。
普段小説などを読んでいる方などはすんなり観ることができると思いますが、そうでないと少し違和感を感じるかも知れません。
大まかに説明するのであれば、起承転結の承と転、クライマックス、と1番重要な部分の映像が抜け落ちています。
そこは監督の語りで構成されており、物語の概要は理解できるのですが、背景などがわからないため少し残念な構成になっています。
それは当然仕方のないことではありますが、やはりその部分がリバー・フェニックス最大の見せ場ということもありう、見れば見るほどに、この部分のリバーフェニックスの演技を観たかった…と強く感じてしまうことでしょう。
それだけ、リバー・フェニックスの不思議な魅力をしっかり出せているこの映画は、90年代らしい静かでありながらも狂気に満ちた不思議な作品となっています。

絶対に泣ける『ドラえもん映画』おすすめランキングTOP15【親子で感動】
次のページ : 作品情報とあらすじの紹介

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  8枚

Writer info

ユキムラユキオ

映画好きです。とにかく映画が好きなんです。1日1映画鑑賞をモットーに生きてます。

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

かにこ

2020/07/15 22:08

ラストに驚き。

3

「横須賀綺譚」

ソクラテス横山

2020/07/15 01:12

大好きな映画

5

「シャイニング」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/7/13 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ 洋画 ランキング アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー DC セクシー 最強のふたり アメコミ かわいい オールド・ボーイ(2003)

Pick Upピックアップ