映画board

【深読み映画レビュー】『ジェミニマン』 これは3Dの大画面で体感すべし!

(C) 2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

 『バッド・ボーイズ』(’95)シリーズや『メン・イン・ブラック』(’97)シリーズでハリウッドの頂点を極め、つい最近でも実写版『アラジン』(’19)のジーニー役が話題となったウィル・スミス。その押しも押されぬトップ・スターが、『ブロークバック・マウンテン』(’05)と『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』(’12)で2度のアカデミー監督賞に輝く名匠アン・リーと組んだ最新作『ジェミニマン』。しかも、プロデュースはウィルの出世作『バッド・ボーイズ』シリーズを手掛けたジェリー・ブラッカイマーというのですから、映画ファンであればおのずと期待も高まろうというものです。

 今回ウィルが演じるのは、体力に衰えを感じ始めたベテランの凄腕スナイパー、ヘンリーと、その遺伝子から作られた23歳の若きクローン、ジュニアの2役。政府の秘密組織ジェミニの陰謀に気付いてしまったヘンリーが、敵の差し向けた刺客ジュニアに命を狙われることになります。最新のデジタル技術を駆使した驚異の3D映像と臨場感溢れるアクションが最大の見どころ。『ハルク』(’03)や『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』でデジタル技術を大胆に取り入れ、『グリーン・デスティニー』(’00)では華麗なカンフー・アクションを表現したアン・リー監督の、ある意味で集大成的な一本とも言えるでしょう。

 もともと、本作の企画は20年以上前に立ち上がりましたが、撮影技術の問題などもあって長いこと進展しませんでした。その間にトニー・スコットやカーティス・ハンソンなど何人もの監督が登板し、ハリソン・フォードやメル・ギブソン、トム・クルーズ、ブラッド・ピットなど大勢の俳優の名前が主演候補に挙がってきました。また、脚本も幾度となく書き直されています。ようやく、テクノロジーが作品の内容に追いついたのでしょう。機は熟したというわけです。そこでまずは、ストーリーのあらすじから紹介していきたいと思います。

次のページ : あらすじ

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  7枚

Writer info

なかざわ ひでゆき

キャリア25年以上の映画&海外ドラマ・ライター。旧ソ連モスクワ育ち。日大芸術学部映...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2019/12/2 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

プライベート・ライアン おすすめ映画まとめ ALWAYS 三丁目の夕日 アルキメデスの大戦 戦場のピアニスト 洋画 ネタバレ かわいい セクシー アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

Pick Upピックアップ