映画board

【20代・40代・60代の憧れの女優が共演】さらに進化した続編『マレフィセント2』

『マレフィセント2』
10月18日(金) 全国ロードショー
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
出演:アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング、ミシェル・ファイファー ほか
監督:ヨアヒム・ローニング 製作:アンジェリーナ・ジョリー
原題:Maleficent: Mistress of Evil
© 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
 
 

 
 
概要:
アンジェリーナ・ジョリーを再び主演に迎え、『美女と野獣』のディズニーが「眠れる森の美女」の新たなる伝説を実写映画化。

永遠の眠りから目覚めたオーロラ姫が、フィリップ王子のプロポーズを受け入れた時、妖精界を滅ぼそうとする恐るべき罠が動き出す…。

結婚式の日、オーロラ姫に危機が迫る。
愛するオーロラ姫を救うため、美しきヴィラン、マレフィセントの“究極の愛”が今、試される。
 
 
※以下、前作『マレフィセント』の結末等に触れていますので、『マレフィセント』を観ていない方はご注意ください(『マレフィセント2』のネタバレはありません)。

 
 

 
 
悲しい過去を持つマレフィセントは、オーロラ姫に呪いをかけたものの、彼女への情が芽生え、母のような気持ちを抱くようになりました。

“真実の愛のキス”だけが呪いを解き、オーロラを永遠の眠りから目覚めさせることができるのですが、フィリップ王子のキスではオーロラは目覚めず、マレフィセントのキスが彼女を目覚めさせました。

私は、この展開がとても好きで、マレフィセントとオーロラの母娘のような絆も素晴らしいと思っていたので、続編ではどういう風に描かれていくのか非常に楽しみでした。
 
 

次のページ : 『マレフィセント2』では…

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

わかさ

2019/10/15 23:47

マレフィセントとアンジーが重なる部分があるというのは面白かったです。マレフィセント2前作を超えた作品になっているなと記事を読んで感じました。

1いいね

違反申告

清水久美子 Kumiko Shimizu

2019/10/15 23:56

わかささん、いつも記事を読んでいただき、ありがとうございます!
マレフィセントと重なるアンジーだからこそ、彼女にしか演じられない役なんですよね。
2作目もぜひオススメです。

0いいね

違反申告


この記事の画像  22枚

Writer info

清水久美子 Kumiko Shimizu

メーカーOL、洋楽誌アシスタント、パソコン誌編集を経て、1996年にフリーライターに。...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2019/11/12 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 STAND BY ME ドラえもん おすすめ映画まとめ 最強のふたり ホラー ミステリー・サスペンス セクシー ドラマ パッドマン 5億人の女性を救った男 ライフ・イズ・ビューティフル

Pick Upピックアップ