映画board

【本格派女優・蒼井優】広い守備範囲のおすすめ出演映画10選

演技への強い情熱で歩み続けた20年 蒼井優の女優生活を振り返る

VENICE, ITALY - SEPTEMBER 07: Yu Aoi walks the red carpet ahead of the "Killing (Zan)" screening during the 75th Venice Film Festival at Sala Grande on September 7, 2018 in Venice, Italy. (Photo by Stefania D'Alessandro/WireImage)

蒼井は1985年福岡県生まれ。1999年に舞台ミュージカル『アニー』の脇役でデビュー。その後はモデルとして活動する一方、テレビのCMやバラエティ番組に出演。この頃に、ビデオで見た数々の映画によって女優を目指すようになる(Cinema Factory 2015年9月9日)。オーディションは落選続きだったが、『リリイ・シュシュのすべて』でようやく合格して映画デビューを果たす。その後も女優としてのキャリアを着実に積み、小規模の作品から『男たちの大和/YAMATO』(2005年)といった大手映画会社の大作までさまざまな作品に出演。また、『鉄コン筋クリート』(2006年)などアニメ作品で声優も務める。他にも舞台への出演やナレーターなど、活躍の場はとても広い。代表作の一本である『フラガール』(2006年)で共演し仲良くなった山崎静代の相方である南海キャンディーズの山里亮太と2019年に結婚した。女優としての仕事が結んだ縁かも知れない。

蒼井優のおすすめ映画(1)

リリイ・シュシュのすべて(2001年)

蒼井の初出演映画は、岩井俊二が実験的な手法で作り上げたインターネット小説を自ら映画化したもの。
とある地方都市を舞台に、女性歌手リリイ・シュシュ(Salyu)の大ファンである男子中学生(市原隼人)が、周囲のいじめや犯罪などに巻き込まれながらも自分を見失わずに生きようとする姿を描いている。蒼井は主人公のクラスメイトで、弱みを握られた同級生(忍成修吾)から援助交際を強要される女子の役。本格的な女優デビュー作としてはなかなかハードな役だが、蒼井が真剣に女優を目指すきっかけになった映画の中に岩井の『PiCNiC』(1996年)も含まれているので、彼女としては嬉しかっただろう。
市原や忍成の他にも、少年時代の高橋一生や勝地涼が、中学生役で出演している。
余談だが、クライマックス近くで流れるBGM『回復する傷』は、クエンティン・タランティーノの『キル・ビル(Vol.1)』(2003年)に使用されている。

花とアリス(2004年)

『リリイ・シュシュのすべて』に続いて岩井が再び蒼井を起用した作品。鈴木杏とのWではあるが、初の主演作品である。ネット配信された4部構成の短編映画を基にした長編映画だ。
幼なじみ同士の二人の女子高生が、一人の先輩をめぐっておかしな三角関係に陥っていく。蒼井はもちろんその片方、天真爛漫な性格ゆえに親友を振り回してしまうという役。雰囲気がピッタリということもあり、蒼井はこの手の役が結構多い。
2015年には、本作の前日譚をアニメで描いた『花とアリス殺人事件』が公開された。主演の二人をはじめ、本作の主要キャラを演じた俳優たちがほとんどそのまま、同じ役で声の出演を果たしている。

次のページ : 蒼井優のおすすめ映画(2)

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  4枚

Writer info

上妻 祥浩

熊本県出身・在住。地元の新聞・雑誌・テレビ・ラジオ等で新作映画の解説の仕事を行な...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2019/11/12 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

ALWAYS 三丁目の夕日 洋画 おすすめ映画まとめ アベンジャーズ/エンドゲーム インターステラー ホラー アメコミ アカデミー賞 バック・トゥ・ザ・フューチャー かわいい

Pick Upピックアップ