映画board

子供の頃読んだおとぎ話と違う!新解釈がおもしろいメルヘン&ファンタジー映画10選

ダーク・ポップ・現代風…大胆アレンジが斬新な作品

スノーホワイト

(あらすじ)王をだまして王妃の座を手に入れ、王国を乗っ取った邪悪な魔女・ラヴェンナ。始末した王の一人娘スノーは生かしておいたが、数年後、美しく成長した彼女には自分を滅ぼす力があること、しかしスノーの心臓を手に入れれば永遠の美と魔力が約束されることを知る。城から逃亡したスノーは、ラヴェンナの刺客エリックを味方につけ、幼馴染のウィリアムとも再会。しかし、スノー一行の身に着々とラヴェンナの魔の手が忍び寄り…。

『白雪姫』をダークファンタジー風にアレンジした作品。「戦う白雪姫」スノーを『トワイライト』シリーズのクリステン・スチュワート、邪悪な女王ラヴェンナをシャーリーズ・セロンが演じます。
ストーリーの改変自体は特に目新しさはないものの、中世ヨーロッパのゴシックな世界観が素敵。

スノーホワイト(2012)

スノーホワイト(2012)

2012年/アメリカ/127分

作品情報 / レビューはこちら

赤ずきん

(あらすじ)主人公ヴァレリーが暮らす村には「満月の夜は狼が出るから、決して出歩いてはならない」という掟があった。そんな村で成長したヴァレリーが年頃を迎えたある日、裕福な家のヘンリーとの縁談が持ち上がる。しかしヴァレリーには将来を誓い合った幼馴染ピーターがいた。2人が駆け落ちを決意した矢先、ヴァレリーの姉が狼の餌食となってしまった。狼退治にやって来た神父は「人間に化けた狼が村人にまじっている」と衝撃の一言を告げ…。

『トワイライト』キャサリン・ハードウィック監督がメガホンを取った「赤ずきん」。タイトルはそのまんま、モチーフも赤いコート・狼・木こりと一応踏襲しているものの、正直「赤ずきん」要素は薄めです。
サスペンス色が強いダークな少女漫画といった感じ。『トワイライト』好きは見て損はないと思います。

赤ずきん(2011)

赤ずきん(2011)

2011年/アメリカ カナダ/120分

作品情報 / レビューはこちら

アリス

(あらすじ)人形で「不思議の国のアリス」ごっこを始めた少女アリス。遊びを続けていると、突然ガラスケースの中のウサギが動き出す。海中時計を持って走り出すウサギの後を追ってアリスがたどり着いたのは「不思議の国」だった…。

個人的に「アリス」はアレンジしやすい人気モチーフだと思うのですが、なかでも異彩を放っているのがこの
チェコの奇才ヤン・シュヴァンクマイエル監督作品。アリス以外は人形ばかりの世界で繰り広げられる不思議な冒険はなんとも不気味。安易な気持ちで見るとトラウマになるかも…?

ピーターラビット

(あらすじ)イギリスの湖水地方に暮らすウサギのピーター一家。美しい土地で毎日楽しく暮らしていたピーターだが、ある日宿敵・マグレガーさんの甥っ子トーマスが村にやって来る。さっそくピーターたちとひと悶着あったトーマスは、よりにもよってピーターが母のように慕っているビアと親交を深めていく。かくして、ピーターとトーマスの仁義なき戦いが幕を開ける…。

ビアトリクス・ポターの児童書シリーズを初の実写化。筆者も小さな絵本をボロボロになるまで読んでいたものですが、あののどかで可愛らしい雰囲気からは想像もつかない、ポップなコメディに仕上がっています。ロップイヤーなベンジャミン、ジマイマ、ピグリン、ティギーおばさん、ジェレミー・フィッシャーどんなどおなじみのキャラクターも登場! 可愛いヤクザ映画と言ってもいいかもしれない。個人的には、カトンテールのヤバさをぜひご覧いただきたいです。

ピーターラビット

ピーターラビット

2018年/オーストラリア=アメリカ=イギリス/95分

作品情報 / レビューはこちら

魔法にかけられて

(あらすじ)悪い魔女のせいで、おとぎ話の世界から現実世界のニューヨークへ飛ばされてしまったジゼル姫。彼女を保護してくれたのは、バツイチの弁護士ロバートとその娘モーガン。互いの価値観に戸惑いつつも、3人は次第に家族のようになっていく。しかし、そこにジゼルの婚約者エドワード王子、その継母である魔女までやってきて…。

明確な原作は存在しないものの、「白雪姫」「シンデレラ」「美女と野獣」「リトル・マーメイド」といったディズニー往年の名作アニメのセルフ・パロディがてんこ盛り! いわば豪華な現代版おとぎ話です。ディズニーなのに、すぐ歌い出すジゼルを「歌はいいから!」とロバートが制止するシーンは何だかシュール。ディズニーファンはもちろん、「ディズニーやファンタジーはちょっと…」と敬遠しがちな人も楽しめる良作です!

魔法にかけられて

魔法にかけられて

2007年/アメリカ/108分

作品情報 / レビューはこちら
【全28作品】映画クレヨンしんちゃんの歴代興行収入ランキング
次のページ : 「めでたしめでたし」のその後を描いた作品

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  1枚

Writer info

市松明

左手でうさぎをなでながら、右手で記事を書いています。

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

株式会社doroguba(ドログバ)

2021/05/14 22:32

おもしろかったです

5

「名探偵コナン 緋色の弾丸」

Kenta Koyama

2021/04/30 20:09

5

「ノマドランド」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/5/10 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 おすすめ映画まとめ 邦画 ドラマ アクション ゴジラ キング・オブ・モンスターズ かわいい ミステリー・サスペンス ホラー アメコミ

Pick Upピックアップ