映画board

【音楽好き必見!】ジェニファー・ハドソンのもうひとつの顔、シンガーとしての魅力を掘り下げてみた。

ジェニファー・ハドソンのもうひとつの顔

ドリームガールズ(2006)

ドリームガールズ(2006)

SCORE

集計中...

原題:Dreamgirls
2007年2月17日より公開
2006年/アメリカ/130分

more

ジェニファー・ハドソンのデビューのきっかけとなったのは、アメリカのオーディション番組である『アメリカンアイドル』。
番組内での順位はまずまずの結果に終わるも、審査員などを務めた大物アーティストなどからは絶賛を受ける高評価を獲得。
そしてその評価は、すぐに結果として結びつきます。
それが『ドリームガールズ』です。
ジェニファー・ハドソンは800人弱いたオーデション参加者から、満場一致で合格に至り、エフィー・ホワイト役を勝ち取ることになり一気に駆け上がります。
アカデミー賞助演女優賞を獲得し、主演のビヨンセを喰ったとまで言われ大絶賛となる高評価を獲得しています。
その後、女優としてだけではなくシンガーとしても本格的にデビューを果たすなど、ジェニファー・ハドソンの魅力を遺憾なく発揮し現在でも歌と演技を披露し続け活躍しています。

しかし多くは語りませんが、2008年には悲劇が起きてしまいます。
ジェニファー・ハドソンの家族、母と兄が殺害されてしまうという最悪の事件が起きてしまうのです。
しかしながら、そんな困難を乗り越え2009年のスーパーボウルで国歌斉唱を力強く披露し、復帰をアピールしています。
見た目だけではなく、精神的にもとても強い女性として凛とする姿を魅せ称賛を受けていました。

女優としてのジェニファー・ハドソン

ジェニファー・ハドソンは、シンガーとしても類稀なる才能を発揮してはいますが、彼女の真骨頂はやはり演技です。
音楽からくるヴァイブスを、彼女らしい解釈で構築し演技に落とし込むのです。
ほとんどがその歌唱力を活かした役で、ミュージカル映画などに出演しているジェニファー・ハドソンですが、演技力を生かした出演では、2008年公開の大人気ドラマの映画化『セックス・アンド・ザ・シティ』などで、垣間見ることができます。

そんなジェニファー・ハドソンの最新作は2020年の年明けに公開が予定されている名作ミュージカルの演目、『キャッツ』の映画化作品です。
すでに撮影は完了しており、予告編も公開となり、その素晴らしい歌声も聞くことができます。

キャッツ

キャッツ

SCORE

58%

原題:CATS
2020年1月24日より公開
2019年/イギリス=アメリカ/109分

more
子どもと一緒に楽しめるパパ&ママがハマッてたアニメ7選
次のページ : 歌手としてのジェニファー・ハドソン

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  2枚

Writer info

ユキムラユキオ

映画好きです。とにかく映画が好きなんです。1日1映画鑑賞をモットーに生きてます。

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

ナツキ

2020/09/16 17:59

最高の組み合わせ

5

「糸」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/9/23 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

あの人は今 洋画 おすすめ映画まとめ セクシー ランキング インターステラー アクション インセプション かわいい マーベル

Pick Upピックアップ