映画board

Birthday!

是枝裕和

日本を代表する映画女優・吉永小百合 おすすめ出演映画10選

子役から青春スター、そして演技派女優へ 大女優の輝かしい軌跡

TOKYO - FEBRUARY 25: Japanese Actress Sayuri Yoshinaga wears a three-stone diamond February 25, 2003 in Tokyo, Japan. Yoshinaga has been selected as the 20th Diamond Trading Company's, the rough diamond sales and marketing arm of the DeBeers group, diamond personality. (Photo by Junko Kimura/Getty Images)

吉永は1945年、東京都生まれ。小学6年生の時にラジオドラマでデビュー、中学3年生で映画初出演。1960年に高校に入学すると同時に日活に入社。浜田光夫とのコンビ作を中心に数々の青春映画に出演し国民的スターに。多くの著名人も含め多くの「サユリスト」を生んだ。一方で、橋幸夫とのデュエット曲『いつでも夢を』をはじめ多くのレコードを発表して歌手としても活躍。そんな多忙の中で早稲田大学に入学し、正規の4年間で第二文学部西洋史学専修を次席で卒業。ちなみにこの頃、サユリストの一人として有名なタモリもやはり早大生で、学内で本人を目撃した体験をテレビなどでたびたび語っている。
日本映画が衰退して過激な映画が多くなりそれまで彼女が演じてきた清純派キャラが成り立ちにくくなってきたこと、さらに1973年にフジテレビのディレクターだった岡田太郎(後に共同テレビ社長などを歴任)と28歳で結婚したこともあり、かつてのイメージを覆すような大胆な演技も披露するようになり、脱清純派から演技派女優への道を歩み始める。テレビドラマへの出演も増え、特にNHKの『夢千代日記』は彼女の代表作の一つとなった。また、同作の主人公のキャラ設定などがきっかけになり(後述)、反戦・反核運動にも熱心に取り組んでいる。
現在も第一線で活躍しているが、テレビ出演はほとんどCMのみ、舞台にも出演経験は無し。「映画女優」としての立場を貫いているようだ。

吉永小百合のおすすめ映画(1)

キューポラのある街(1962年)

日活入社後、当時の同社のメインプログラムだったアクション映画の脇役から、次第に青春映画への出演が増加。彼女の人気によって同社も青春映画に力を入れるようになった。そんんあ中で製作されたこの作品は映画自体も高い評価を得て、彼女の人気を不動のものにした。
鋳物の街・埼玉県川口市。キューポラ(鉄の溶解炉)が立ち並ぶこの街で暮らす中学生のジュン(吉永)の学生生活は、鋳物職人の父(東野英治郎)の解雇をきっかけに波乱に見舞われる。それぞれに問題を抱える周囲の人々との交流を通して、彼女は高校進学に関して重大な決断をする…。
今村昌平らの助監督を務めていた浦山桐郎の監督デビュー作であり、早船ちよの小説を浦山と今村が脚本家。青春映画の要素だけでなく、家族、貧困、民族などさまざまな問題を盛り込んだ、社会派作品としての側面も持つ映画。
吉永は、青春映画で培った演技に加え、今村から浦山へと伝えられた人間ドラマ演出にも見事に応え、初々しさの中にも毅然としたところを持つヒロインを好演、ブルーリボン主演女優賞を獲得している。まさに「映画女優・吉永小百合」の基礎となった作品だ。

伊豆の踊子(1963年)

一躍人気スターとなった吉永は、『青い山脈』、『泥だらけの純情』、『潮騒』などの文学作品を原作とする青春映画にも数多く主演することになった。川端康成の代表作の一つを映画化した本作もその一本である(これらの作品の多くは、後に山口百恵の主演でリメイクされることになる)。
大学教授の川崎(宇野重吉)は、ある男子学生(浜田光夫)から結婚の相談を持ちかけられる。相手がダンサー(吉永)だと聞いた川崎は、学生時代の彼が体験した淡い恋を思い出す。鬱屈した心情に耐えられず伊豆へ一人旅に出た彼(高橋英樹)は、道連れになった旅芸人一座の踊り子の少女(吉永・二役)の純真な心に、次第に癒されていく…。
現代の部分は原作にはない要素だが、そこだけ白黒だったり、当時はまだ珍しかった学生結婚が題材になっていたりと、さまざまな工夫が施されている。名コンビである浜田は現代部分での相手役というゲスト的扱いで、今回の相手役は当時は青春スターだった高橋。浜田とはまた違った雰囲気で吉永との恋を表現する。
実は原作者の川端も吉永のファンだったと言われていて、山奥だったにも関わらず本作のロケ撮影現場を見学に訪れたという。

子どもにおすすめの海外映画212選!楽しみながら親子で見識を広げるために観たい人必見!【2020年版】
次のページ : 吉永小百合のおすすめ映画(2)

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  2枚

Writer info

上妻 祥浩

熊本県出身・在住。地元の新聞・雑誌・テレビ・ラジオ等で新作映画の解説の仕事を行な...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/6/1 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ 洋画 邦画 セクシー ランキング 最強のふたり パラサイト 半地下の家族 編集部選(おすすめ映画特集) インセプション オールド・ボーイ(2003)

Pick Upピックアップ